あゝ、荒野 前篇の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

あゝ、荒野 前篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:157分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 前篇」に投稿された感想・評価

SUDA木木

SUDA木木の感想・評価

5.0
拝見しました!素晴らしさは言えないほど!人生は探りながら見つかるものだと感じた!そして菅田くんのボックシングはすごかった!皆さん是非見てください!
後篇次第ですが、今年ベスト級。
未来の話の設定だが、リアリティがあり生きづらさ、孤独、憎しみなどが肉体的、精神的に常にこちらに攻めてきて映画というものに心が殴られているような157分だった。
もう1つのSF的というかそんな感じのエピソードと主演2人との関わりがあまり感じなかったのでその辺の話がどう関わっていくのか後篇が楽しみです。
俳優陣も素晴らしい。
ユースケさんが良い。少し芝居臭いところもあるけど作品に少しの安らぎというかそういうのを与えてくれていて、主演を引き立てていた演技がよかった。
主演の2人とユースケさんだけでもお腹いっぱいなのに途中からでんでんさんが出てきて素晴らしい演技をするのでもうたまったもんじゃないって感じでした。
そして何と言っても菅田将暉とヤン・イクチュン。
菅田将暉の繊細なんだけどどこか狂気じみた心の底から煮えたぎっているような演技とヤン・イクチュンの繊細で心の奥底に何かを秘めていてそれを爆発させるのではなく少しずつ滲み出している演技の競演というか融合が直に伝わってきて凄かった。
見たところ驚きました!ボックシングをやっていた菅田くんを見て感動して仕方なかったです!まるでプロのように!頑張っていたスタッフさんも完璧でした!素晴らしかったです!見る価値は確かにあります!皆さんお疲れ様でした!
吴悦

吴悦の感想・評価

5.0
菅田くんは魅力があります 特に 菅田将暉 愛してる 映画は素敵でした
みー

みーの感想・評価

-
とにかく血がさわぐ!何だろう?生きることを探しているような彷徨うかんじ、最高
あやか

あやかの感想・評価

4.5
ボクシング見るの苦手だし長いし、家でなんとなく見ようかなーっておもって借りて来たんだけど、30分経った頃にはすっかり見入って、あっという間の2時間半。菅田将暉の圧倒的な演技力なんなんだろう… 表情がすごい。なんていうか、強いんだけど脆いみたいな…


菅田将暉さんあっての映画化と言えそうだが
やはり彼の代表作は"共喰い"だなぁって
つくづく思うな٩(ˊᗜˋ*)و
同作は、木下美咲さんの
素ン晴らしい表情も観られるし
これだけの物語を102分に収めているし
言うことないですね\(^o^)/

しかしながら
本作、"あゝ、荒野"は、
人間的ドラマとボクシングのスポ根部分の調和が見事でストレスを感じない。
新次と健二の対照的表示が「キッズ・リターン」のソレっぽいんだけど
二人の背景はちょっと薄め。
157分なワケだし
特に片目や馬場、宮本をもっと知りたい感じがする。
馬場なんて、あのナリで超礼儀正しいよね。
’`,、(’∀`) ’`,、
気になるキャラNo1です
やたら上映時間長いなと思ったけど
意外とサクッと観れてしまうライトな感覚は
ザックリ決めて肉付けしたという原作からなのか
スナック感が強かった。
たいして美味しくもないが
何となく手がのびてしまうような袋菓子的な
’`,、(’∀`) ’`,、
HAL

HALの感想・評価

3.0
菅田くんとヤンイクチュンが一緒に出てるので気になってましたが、面白かったです!菅田くんはほんとなんでもこなすなーと感心したしヤンイクチュンもあまり見たことない役だったので新鮮でよかったです。見る前は長いと思いましたがあっという間でした。後編はまだ見てませんが楽しみです 
U-NEXTで1時間刻みで鑑賞したから集中が持ったものの、元々の一本の映画として観たとしたらだらける部分は多かったと思う。話の展開も結局は後半に繋がるからあくまで前編は本当に序章って感じ。冒頭のシーンとかオリンピック後の新宿を舞台にし中途半端な未来感に違和感を覚える。ヤン・イクチュン、『息もできない』の人とは思えない可愛さ。そして菅田将暉、圧巻。
詳しい感想は明日か明後日には見るつもりの後篇を見てから。しかしこれは物凄い傑作たり得る強い熱量を感じる。あしたのジョーもはじめの一歩も過去にする新しい瞬間に立ち会っているのかも。