あゝ、荒野 前篇の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

あゝ、荒野 前篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:157分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 前篇」に投稿された感想・評価

てぃだ

てぃだの感想・評価

3.5
 U-NEXT(無料体験中)の完全版なので映画というよりも連ドラマかな。今が旬の菅田くんとヤン・イクチュン目当てだったのに二人よりもユースケ・サンタマリアとでんでんさんがとってもよい。菅田くんは途中から何だかくどさが増してきた。ぎゃーぎゃー叫びすぎてうぜー笑。まー今最もノリに乗ってるスターらしさは感じるけど昔ほどは魅力を感じなくなってきた。(『海月姫』と『ウシジマくん2』のときすごくよかったのに)。どう見ても怪しい宗教組織にしか見えない自殺防止団体の大学生の話がなかなか二人の話に絡んでこないのもややフラストレーション。菅田くんとメイクラブするヒロインがやたら脱ぎまくるサービスんだけどあんまり好みの女優さんではなくどちらかというと大学生の方が好み(聞いてない)。
Takeshi

Takeshiの感想・評価

3.8
ただのボクシング映画ではありません!
いろいろな社会的な部分も切り取っています。虐待や売春、被災、障害など...登場人物の個性が強くて良き。
作品自体は長いけど、それを感じさせないくらい入り込めました。次はいよいよ後編。こちらも長いのでしっかり観ます。笑


と、とても良いと感じたんですが、自殺フェスのとこは特にいらなかったかな。観ていてとても嫌悪感がわきました。

菅田くんは尖ってる役の方があってるな。
ネモ

ネモの感想・評価

3.8
菅田将暉ってすごい
ボクシング映画好きだな〜でもこの映画ってボクシング映画かって言われるとそれは微妙かも

結構イライラするシーン多かった、みんな自分が一番可愛くて可愛くて、可哀想でしょうがないんだね、それが普通なんだろうけどさ、ここまで前面に出されるとうぜぇな笑
自分が可哀想なのに新宿で生きる意味も分からん!

よしこみたいな子ってああいう風になりがち

ボクシング以外の要素が重すぎて純粋に戦ってるところだけやってほしくなった笑
とりあえずアニキ以外は好きじゃない

自殺防止サークル?みたいなの、ほんと胸糞悪かったー、他人の考えを他人が変えようなんてしょーもないことよくできるわ

でもそれって現代において普通の話か、しょーもな
S

Sの感想・評価

4.5
菅田将暉目的で見たのに、ヤンイクチュンも負けじと魅力的
10年前の作品「息もできない」の主演だったのがわかり納得。心惹かれる演技
ショー

ショーの感想・評価

4.0
前編後編通して鑑賞。役者さん達良かった。内容はきっと色々なメッセージがあるのでしょう。熱い映画でした。
2018.2.26
一気見なので境目が分からず、感想は後篇にまとめて。
あゆみ

あゆみの感想・評価

3.9
ボクシング映画かと思いきや、いろんな社会問題が描かれてて意外とよかった
エグチ

エグチの感想・評価

3.8
菅田将暉は尖った役の方が輝いて見える。身体は急いで作った感じが出てしまっていて、逆に最後の対戦相手のガチ感が伝わった。ユースケサンタマリアの存在感も凄く良い。
息もできない以来のヤンイクチュンだったが、印象がガラッと変わってて驚いた。とてもいい演技をしていた。
やまち

やまちの感想・評価

4.2
素晴らしい。こうやって21世紀にこの作品を焼き直したのか!と感動。