あゝ、荒野 前篇の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

あゝ、荒野 前篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:157分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 前篇」に投稿された感想・評価

菅田将暉のギラギラした感じがヤバいです。「絶対殺してやるからな~!!」なんて、あんな演技できるの若手じゃ菅田将暉ぐらいですよ。内容は生と死の対比が多くて面白かったです。
一

一の感想・評価

-
東日本大震災から10年
東京五輪が終わった日本が舞台

高齢化が進み、自殺者が増え、テロが多発している東京の荒廃していっている演出が効いてる

周りの雰囲気が悪いせいで、
ストーリーの予測がつかない

前後編に分かれている今までの邦画はストーリーが収めきれないからだったと思うんだけど、この「あゝ、荒野」のシンジとケンジは頑張れば二時間強で収められそうなのがある種面白い

ひたすら人物を掘りまくってるので、そこまで映像で説明するかね?と思ってしまう

そのせいでテンポ感が皆無で、起が起きると回想にいって結みたいな展開が続く

大きな流れが一本あるので飽きないけど

あと登場人物がみんな都合の良い様に近くに集まりすぎてるなーと感じる

菅田くんとヤンイクチュン超好みでグッと来てしまう

脇を固めるでんでん、ユースケ・サンタマリア、高橋和也もいい

ボクシングシーンも格好良い

後編の続きで止まってるので早くみたい
yumiko

yumikoの感想・評価

3.4
良かったけどサ…前後編を3時間にまとめられないものか。
ユースケはいつの間にこんなに上手い映画俳優になったのかと、自然な演技に目を見張った。
劇場公開を見逃していたが、日本映画専門chで早くも、それも完全版として放送してくれたので、録画して観賞しました!

まずは前編。聞いていた通りにとても満足しました。新宿のボクシングジムの新次と健二を物語の中心に、その周りの人達のサイドストーリーもあるため、出演者も多く、時間も長いが全く飽きる事も無く、一気に見てしまった。

まさにこんな菅田将暉が観たかったと言うキャラクターが良い。その生い立ちや環境から、終始苛立ちを隠せず、それでいて時に優しく周りの人達を思う新次がとても愛おしくなる。

それにしてもFUCKシーンが多いなぁ。まぁ好きなんで嬉しいですけど!www
後編を見る前に書いてます。

長尺である事を感じさせない話運び。キャラ立ち。俳優。とっても良かった。
ただ難点は登場人物が繋がりすぎ。
「息もできない」のヤン・イクチュンとはまた違った芝居をしていた。彼の幅広さに驚いた。
個人的に菅田将暉の濡れ場は好きだった。
「新宿に吠える。」

劇場公開して1ヶ月も立たないウチにDVD等が出たという意欲的な作品。前後編と2部構成だが、前編だけでも約2時間50分、後編合わせて5時間超えという「愛のむきだし」もビックリの大長編。主演は今年も映画出まくり菅田将暉と「息もできない」の韓国俳優ヤン・イクチュン。

あくまで前編のみ見た時点での感想だが、長尺を感じさせない熱がこもったデキで面白かった。新宿でくすぶる2人が出会ったキッカケがボクシング。性格も全く違う2人がどのような成長を見せるのか。色々な人間関係が交差して、復讐、憎しみ、愛などが絡み合う。長さを感じさせない演出と空気感で視聴者を一気に惹き付ける。

不満を挙げるなら、セックスシーンがやたら多いコトか。無駄とまでは言わないが、何回もあるし尺も結構ガッツリなのでこんなに必要なのかと。美人とかカワイイって感じでもないヒロインなんで興奮もあまりせず。あと、自殺防止サークルとかいうパートもちょくちょく挟んでくるが、後編で絡んで来るんだろうか。今のところ間接的にしかつながりないし、ラストで置いてけぼりな展開があるし、なんかカラーが違うように感じた。

後編の予告ではまあそうなるかという王道のカットもあったので熱そうだ。楽しみ。
前半は寺山修司作品 らしい劇画タッチな青春の飢餓感と菅田将暉、ヤンイクチュンの演技が絡み合ってのめり込んだ。特に菅田将暉は徐々にボクサーになっていくし、クソみたいな世界を生きることへのエネルギーが充満していた。
が、後半の展開が妙にぐだぐだ。なにより肝心の健二との闘いがあり得ないボクシング展開で冷める。クソみたいな世界を生きるために、ただ愛されるために闘う2人の男ってテーマはよかったけどなあ。よくわからない社会運動も意味不明だし、時代がかったところが後半は裏目に出た感じ
舞台挨拶はノーマルで。映画はR15で激しく。そんな感じ。
オープニングから瞬きする間なく怒濤の二時間半。
またもや菅田くんにノックアウト。

しかし今回は脇を支えるベテラン勢がたまらない。
ユースケさん、でんでんさん、そして「そこのみにて光輝く」でも最高に最低で素敵下衆な(?)高橋和也さん。
どこから味わっても喉が渇くほどコテコテに濃いが、何とまぁクセになることか。

そしてあの咆哮のラスト。
あゝ、早く後編を。