アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男の作品情報・感想・評価

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男2015年製作の映画)

Der Staat gegen Fritz Bauer/The People vs. Fritz Bauer

上映日:2017年01月07日

製作国:

上映時間:105分

3.5

あらすじ

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イ…

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。検事長フリッツ・バウアーはナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やしていたが、未だ大勢の元ナチス党員が政治の中枢に残りあらゆる捜査は遅々として進まなかった。そんなある日、バウアーのもとに数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにした親衛隊中佐アドルフ・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツで裁くため、ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドにコンタクトをとりアイヒマンを追い詰めていく。しかしその頃、フランクフルトではバウアーの敵対勢力が、彼の失脚を狙って狡猾な謀略を巡らせていた…。『顔のないヒトラーたち』前日談的エピソード。

「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」に投稿された感想・評価

shamoji

shamojiの感想・評価

3.3
邦題とのギャップ。
煙草。葉巻。
男娼の歌唱力。
検事長の部屋がお洒落。
zawaoshi

zawaoshiの感想・評価

4.1
個人的な部分と歴史の交錯具合にギャップがありすぎるのではないか。その演出は意図的なのであろう。
戦争は終わっても残党だらけで混み入り過ぎているのは確かにリアルか。国家や民族を踏まえる個人は少ないのかもしれないが、突出する粘着が歴史を動かすのも妙に納得させられる。
みんと

みんとの感想・評価

4.2
2018.4.6WOWOW録画
犬

犬の感想・評価

3.6
写真

1950年代末期のドイツ・フランクフルト
ナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やす検事長フリッツ・バウアーのもとに、アドルフ・アイヒマンの潜伏先に関する情報が寄せられる
その後、イスラエルの諜報機関モサドと接触したバウアーは、アイヒマンを追い詰めていくが....

第2次世界大戦後、海外へと逃亡したナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの捕獲作戦を実現へと導いたドイツ人の検事長フリッツ・バウアーにスポットを当て、バウアーがいかにしてアイヒマンを発見し、追い詰めていったのかを描いた実録ドラマ

アイヒマンはどこにいる⁉︎

情報戦
攻防が見応えあった

メッセージ性もあり
ドイツは学ばなければなりません

知らないことが多くて勉強になった
ナチスは奥が深いですね

イスラエルっていうのがなんとも

ブルクハルト・クラウスナーの演技がスゴい
雰囲気も良かったです
Animo

Animoの感想・評価

4.2
権力を恐れず、長いものに巻かれず、信念を貫き通す勇気。
megさん

megさんの感想・評価

2.7
バウアー検事長の執念の実話で、全体が地味な色調に葉巻の煙ばかりで、ハラハラもせず進むストーリー。 でも おもしろいとは思う。
最後 ドイツで裁けないことを知らされた直後の車内のバウアーがよかった。
男の映画。

ホモセクシャルについてもこの映画では結構描かれていて、そこには文化の違いを感じる。 ドイツは遠いなぁ。
第二次大戦が終結し、経済復興と共に重要な戦犯はニュルンベルク裁判で裁かれたじゃないか……という世相があるなか、未だ蔓延るナチズムを一掃するためにもアドルフ・アイヒマンを挙げる!と意気込む検事長氏の物語。
過去を切り捨てて新たな時代に生きようとする国民の能天気にすら見えたり、実はソレがナチスの残党によってゆっくりと侵食されている結果だと気付かされるあたりに愕然とさせられたり。そんな静かな巨悪に立ち向かうのがユダヤ人であり、同性愛者でもある検事長氏で、その理解者もまた……というのは一体どういう偶然なのか。
それにしても、ナイトクラブの歌手の歌唱力に疑問を呈したくなるのはワタシだけですかどうですか。
>|