バンコクナイツの作品情報・感想・評価

バンコクナイツ2016年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:182分

3.7

あらすじ

タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店、「人魚」でNO.1 のラックは、イサーン(東北地方)からバンコクへ出稼ぎに出て5年が経った。日本人のヒモ、ビンを連れまわし高級マンションでダイヤの首輪の犬と暮らす一方、ラックの支える大家族は、遥かラオスとの国境を流れる雄大なメコン川のほとり、ノンカーイ県に暮らしていた。ラックは種違いの弟を溺愛している。確執が絶えない実母と、今は亡きアメ…

タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店、「人魚」でNO.1 のラックは、イサーン(東北地方)からバンコクへ出稼ぎに出て5年が経った。日本人のヒモ、ビンを連れまわし高級マンションでダイヤの首輪の犬と暮らす一方、ラックの支える大家族は、遥かラオスとの国境を流れる雄大なメコン川のほとり、ノンカーイ県に暮らしていた。ラックは種違いの弟を溺愛している。確執が絶えない実母と、今は亡きアメリカ軍人だった2番目の父との息子、ジミー。ある晩、謎の裏パーティーで、ラックは昔の恋人オザワと5年ぶりに再会する。ノンカーイから出て来たてだったラックの初めての恋人がオザワだった。元自衛隊員のオザワは、日本を捨てバンコクで根無し草のように暮らしていた。戸惑うふたり。今のオザワはネトゲ(・・・)で小銭を稼ぐ沈没組。だがラックに会うには金がいる。そんな折、オザワはかつての上官、現在バンコクで店を営む富岡に、ラオスでの不動産調査を依頼される―。 かくして、いくつもの想いを胸に秘めたラックとオザワは、バンコクを逃れるように、国境へと、ノンカーイへと向かうことになったが…。

「バンコクナイツ」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
「サウダーヂ」も観る予定があるので、それ見終わってから感想書きたい

「サウダーヂ」鑑賞後

どちらの作品でも、登場人物が過ごす生活は、彼らが自分たちの努力だけ(あるいは怠惰)で手に入れられたものではなくて、いかんともしがたいシステムや歴史によって、規定されてしまった部分があるということが描かれていると感じました。
kandar

kandarの感想・評価

4.0
私の何が悪い?
先にサントラを買ってから観に行きました。
内容は何回も見ないとわからないと思うけど、なんせ音楽がカッコいいから理屈抜きで好きな映画認定!
所謂レベルミュージックでは片付けられない奥深さです。
タイ語の字幕が甲州弁で愛を感じました。タイに行きタイ
くろえ

くろえの感想・評価

4.0
シネマテークで鑑賞。
お客さんは9割9分9厘おじちゃん。

エゴとエゴで殴り合う恋愛と
戦争の爪痕のこる東南アジアでの
ロードムービー要素。

すき。
ranooo

ranoooの感想・評価

2.5
ところどころハッとする画があるにはあったが、どうも覇気がない印象。
前作『サウダーヂ』があれだけヒリヒリしていただけに、どうしても比較してしまう。
特にエンドロールに流れる撮影時のメイキング映像のようなものは完全に蛇足だったと思う。
映画館を出た後、なんだか大森の商店街がバンコクに見えた。
Tsubaki

Tsubakiの感想・評価

3.5
映画としての出来はともかく、バンコクのある一面の真実であり幻想であり。何度か出張で行ったあの辺り、あの料理。思い出すとタイへ行ってフラフラ歩きたい衝動に駆られる。女だけどw
Tokuda

Tokudaの感想・評価

3.2
人間は総じて品がない
>|