バンコクナイツ(2016年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:
  • タイ
  • フランス
  • ラオス
  • 日本
  • / 上映時間:182分
    監督
    富田克也
    脚本
    相澤虎之助
    富田克也
    キャスト
    スベンジャ・ポンコン
    スナン・プーウィセット
    チュティパー・ポンピアン
    タンヤラッ ト・コンプー
    サリンヤー・ヨンサワット
    伊藤仁
    川瀬陽太
    あらすじ
    タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店、「人魚」でNO.1 のラックは、イサーン(東北地方)からバンコクへ出稼ぎに出て5年が経った。日本人のヒモ、ビンを連れまわし高級マンションでダイヤの首輪の犬と暮らす一方、ラックの支える大家族は、遥かラオスとの国境を流れる雄大なメコン川のほとり、ノンカーイ県に暮らしていた。ラックは種違いの弟を溺愛している。確執が絶えない実母と、今は亡きアメリカ軍人だった2番目の父との息子、ジミー。ある晩、謎の裏パーティーで、ラックは昔の恋人オザワと5年ぶりに再会する。ノンカーイから出て来たてだったラックの初めての恋人がオザワだった。元自衛隊員のオザワは、日本を捨てバンコクで根無し草のように暮らしていた。戸惑うふたり。今のオザワはネトゲ(・・・)で小銭を稼ぐ沈没組。だがラックに会うには金がいる。そんな折、オザワはかつての上官、現在バンコクで店を営む富岡に、ラオスでの不動産調査を依頼される―。 かくして、いくつもの想いを胸に秘めたラックとオザワは、バンコクを逃れるように、国境へと、ノンカーイへと向かうことになったが…。

    「バンコクナイツ」に投稿された感想・レビュー

    ngsm
    ngsmの感想・レビュー
    2017/03/02
    -
    「サウダーヂ」も観る予定があるので、それ見終わってから感想書きたい

    「サウダーヂ」鑑賞後

    どちらの作品でも、登場人物が過ごす生活は、彼らが自分たちの努力だけ(あるいは怠惰)で手に入れられたものではなくて、いかんともしがたいシステムや歴史によって、規定されてしまった部分があるということが描かれていると感じました。
    Sios
    Siosの感想・レビュー
    16時間
    3.6
    バンコクの歓楽街の猥雑さと、なんとなく落ち着く美しい夜景に包まれる。
    そこに紛れている興味深い人間模様。

    人気店のNo.1嬢ラックと、元恋人で負け組日本人オザワ。
    ぎらぎらしたバンコク~のどかな田舎町や川~さらにラオスまで。ところどころ東南アジアの歴史的な背景が滲む。

    下品な日本人事情も。気持ち悪い男ばかりの中、なんでも屋とオザワの自衛隊時代の上官が特に変。
    オタクも増えているらしいです。
    モリーニョ
    モリーニョの感想・レビュー
    16時間
    3.8
    [監督トークショー付き]
    空族作品で観たことがあるのが直前の空族サーガで観たバビロンシリーズ(それしか観れなかった)。また元自衛官のオザワが出てくるし、テーマも繋がるところがあり、ブラッシュアップされた続編のような印象だった。
    使われているタイの音楽が軽快で良い!のだけど、歌詞が売られていく女性の歌とかドラッグの歌とかもあってびっくり。(タイでどのくらいの知名度の曲なのだろう?)
    出てくる女性たちは全て現役のタニヤ嬢たちらしく、よく聞き取れない日本語もあったのは仕方ないか。映画同様に家族の生活を支えたりしてるのかなと思うと切ない。
    ポトス
    ポトスの感想・レビュー
    1日
    3.8
    3時間はやっぱり長い。でもずっと観ていられる気もした。
    Harry
    Harryの感想・レビュー
    1日
    2.0
    ダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラダラ…。

    ただ尺を長くした映画が良い映画か否か?を教えてくれる作品。

    コレに3時間もかける必要があったのか?作り手は必然性があったのだろうが見せられる方はたまったものではない…。

    最近は『サイレンス・沈黙』『お嬢さん』と長尺モノを鑑賞したが、これらの作品はあっという間に時間がすぎたが、本作のように上映中に何度も時計を見たのは初めてだった。

    オマケに一般の料金が2000円。TCGメンバーズデーでも1500円。
    僕にはボッタクリという感想だなぁ。作品にはコストパフォーマンスという物差しもあると考えるからだ。

    映像がキレイだった点は評価に値すると思うのでこのスコアをつけさせてもらいました。

    あー、鑑賞して無用な疲労感を感じたのは久しぶり…。

    テアトル新宿にて(TCGメンバーズデー利用)
    竹内アラン
    竹内アランの感想・レビュー
    1日
    -
    構成に見られる地獄の黙示録のオマージュがまるで共に旅をしてるように感じさせた。

    今週短編映画見過ぎて麻痺してる

    短編はきっちり無駄が無いからか、やはり長く感じるなぁ

    編集もそれぞれのドラマに寄り添って無い気がしてる、
    群像劇用の編集
    Ryoko
    Ryokoの感想・レビュー
    3日
    4.0
    初・空族。
    バンコクパートからノンカーイパートへと移ったとき、オザワ同様、自分もテンションあがって超気持ちよかった。劇中の音楽も刺さりまくりでめちゃくちゃかっこよかった。ラオスパートの爆音で始まるシーンも圧巻だった。音あっての映画ですね。

    タイは学生時代からバックパッカーで何度となく旅してる大好きな国。deepな経験もたくさんタイでしたから、ここで描かれてるものはとてもリアルだったし、懐かしいとまでは言わないけれど、見ていてすっと自分に入ってきた。オザワみたいな沈没組の人とか本当にいるし。

    森の亡霊はアピチャッポンを感じたし、ラオスは地獄の黙示録を感じたし、オザワが銃を手にするくだりとかはちょっとタクシードライバー感じたし。色々詰め込まれてて、伝えたい・見せたい・感じてほしいってものはすごくわかるんだけど、もう一歩深いところまで見せてほしかったかなぁ。

    でもとりあえず、タイへの愛を感じたし、タイ料理食べたくなるし、ぶりぶりになりたくなるし、また暑い国を旅したい欲を刺激するいい映画だった。
    buccimane
    buccimaneの感想・レビュー
    3日
    4.0
    タニヤ通りのシーンも生々しいけどイーサーンに場面が移って音楽に字幕についた瞬間の一気にドラマも大河に変わるダイナミックさが凄かった。
    監督自ら主演張るの目つき怖いからキツいかもと心配だったけど見てみたら自然だったしタイのこと全く知らない自分からすると3Hの尺も必要に思えた。
    山梨弁?の字幕も日本でも同じ構図があるってことを表してるしその後の田我竜らの登場に繋がってて良かった。
    トゥクトゥク結構無防備っぽく見えるから2人で乗ったら吊り橋理論で愛が深まりそう。
    敢えてナシかと思ったらセックスシーンあったり終盤よく分からないとこがちょいちょいあったけど。
    サウダージあんまノレなかったけどこれは好き。
    何十年かしたら日本にも買う側だった時代があったんやでって感じで振り返られたりしてな。
    Hilts
    Hiltsの感想・レビュー
    3日
    2.5
    「サウダーヂ」が大大好きだったから期待してたけど
    長尺の映画を褒める時に「長さを感じなかった」とよく言われるが
    感じたよ
    すごいシーンもたくさんあるのに
    この勿体ない感じ
    あと素人俳優が出ると雰囲気壊れちゃう
    中山
    中山の感想・レビュー
    3日
    3.0
    異文化、お金、人間関係
    娼婦、楽園、植民地
    様々なテーマが組み合わさった3時間の旅

    ここまで題材に対してとことん追い求めてるのが凄い

    ところどころ退屈な部分もあるけどハッとさせられるシーンもあったりでした。
    >|