バンコクナイツ(2016年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:
  • 日本
  • フランス
  • タイ
  • ラオス
  • / 上映時間:182分
    監督
    富田克也
    脚本
    相澤虎之助
    富田克也
    キャスト
    スベンジャ・ポンコン
    スナン・プーウィセット
    チュティパー・ポンピアン
    タンヤラッ ト・コンプー
    サリンヤー・ヨンサワット
    伊藤仁
    川瀬陽太
    あらすじ
    タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店、「人魚」でNO.1 のラックは、イサーン(東北地方)からバンコクへ出稼ぎに出て5年が経った。日本人のヒモ、ビンを連れまわし高級マンションでダイヤの首輪の犬と暮らす一方、ラックの支える大家族は、遥かラオスとの国境を流れる雄大なメコン川のほとり、ノンカーイ県に暮らしていた。ラックは種違いの弟を溺愛している。確執が絶えない実母と、今は亡きアメリカ軍人だった2番目の父との息子、ジミー。ある晩、謎の裏パーティーで、ラックは昔の恋人オザワと5年ぶりに再会する。ノンカーイから出て来たてだったラックの初めての恋人がオザワだった。元自衛隊員のオザワは、日本を捨てバンコクで根無し草のように暮らしていた。戸惑うふたり。今のオザワはネトゲ(・・・)で小銭を稼ぐ沈没組。だがラックに会うには金がいる。そんな折、オザワはかつての上官、現在バンコクで店を営む富岡に、ラオスでの不動産調査を依頼される―。 かくして、いくつもの想いを胸に秘めたラックとオザワは、バンコクを逃れるように、国境へと、ノンカーイへと向かうことになったが…。

    「バンコクナイツ」に投稿された感想・評価

    「サウダーヂ」も観る予定があるので、それ見終わってから感想書きたい

    「サウダーヂ」鑑賞後

    どちらの作品でも、登場人物が過ごす生活は、彼らが自分たちの努力だけ(あるいは怠惰)で手に入れられたものではなくて、いかんともしがたいシステムや歴史によって、規定されてしまった部分があるということが描かれていると感じました。
    富田克哉監督は初見だったんだけど、非常にノスタルジックで良かった。タイ人が作ったのかと思うほど、スクリーンの向こうの国への愛情が垣間見れた。音楽がどれもこれも良い。シリアスなシーンで笑いが起きること、ゆるそうに見えて本当は片時も目を離してはいけないドラマ性なんかは、昨今の映画の一つのモデルな気がする。好き
    出来の悪い観光映画。
    田舎の風景ショットが綺麗とか既存曲(特に日本の歌謡曲)の使い方が相変わらず良いといった美点がないわけではないが、なんらうねりを生まない展開がダラダラと続き体力と気力が奪われる苦痛の3時間。
    駄作『サウダーヂ』は演出が酷いだけで脚本はまだましのように感じられたのだが、今回は演出も一向に上達が見受けられないばかりか(冒頭シーンの手探り感)、脚本すら駄目になっているとは呆れる。
    労作ではあろうが、(薄い)札束をひっぱたいて行われた文化的搾取とすら言いたくなる。
    なぜ評価が高いのか理解に苦しむ。
    もうよほどのことがないかぎり空族の新作映画を観ることはないだろう。
    アタマ悪いんでよくわかんないですけど、今までの人生ワーストの退屈さでした。
    オープニング「おっ、なんか面白そうやん!」
    30分「うーん... 話は分かるが退屈だぞ...?まあこれから話が進むんやろ...」
    1時間「まだ1時間か...」
    2時間「すっげー退屈...だけど話は展開し始めたか...」
    2時間半「さっきからまだ30分しか経ってねえ...」
    エンドロール「まごうことなき人生ワーストの映画体験だったわ...。俺の3時間...。

    とにかくですね、オープニングから2時間基本的な流れとしては「バンコクとかタイとかの風景の画→ノロノロとした会話やらのストーリー→バイクとかでの移動の画もしくは音楽か歌→風景」の繰り返しなんですよ。このブツ切りなんか意味あるんですかね。辛いんですけど。
    とにかく話運びが鈍重。
    そして話のテンポは置いておいて、異常に映画のつくりが拙い。まず一番ノイズなのは音声。バイクとかツクツクとか繁華街とかで会話するシーンがあるんだけど、周囲のザワザワ感に対して会話のトーンが異常に低い。アテレコ入れたみたいなってる。要は実在感が全然ない。んで、皆さんご指摘のようにタイでクズな生活をしている日本人たちの演技が全然活きてない、セリフが棒読み。
    100歩譲って演出だの敢えてだの言われたとしても、タイにいる日本人たちに実在感がなくなるような演出ってマイナス面しかないと思うんですよね。あるいは予算がないから機材的に足りねーとかなら会話劇を静かなところでやりゃいいんじゃないんですかね?
    んで登場人物1人1人を観て、映画を読み解こうと普通は観客はやると思うんですけど、序盤の2時間に関してはとにかくカメラが遠い。クローズアップにカメラマンの親は殺されたんだろうかと思うくらいには遠い。遠景のショットばかり。普通の映画文法における適切な距離感では全然ない。酷いシーンだと誰が話してるのかとかすらも分からない。結果として1人1人が見えないので群像劇としての魅力はゼロ。
    ラスト1時間でようやくカメラが適正な距離感になってくるんだけど、もうその頃には鈍重なテンポと拙い音声と画作りに「もう勝手にやってくれ」っていう感じになってるので乗れないよね。
    「日本人で良かったですね」っていうシーンだけはこの映画で唯一と言っていいほど普通に面白いシーンだったんですが、やっぱり?マークも多い映画。この映画に性描写かアレだけってどう考えてもおかしくないですか?そういうのが高尚なんですかね。僕にはさっぱりです。
    別にこの映画が「内容がない」とか「話がつまらん」とか言うわけではなくて。いやこの経済格差とかさ、日本人がクズなのにも理由があってさとか、東南アジアの歴史風味とかさ。ちゃんと掘り起こせば話とかテーマはより明確に深く浮かんでくるんだろうけど、それを拒む突き放した「演出」「描写」(俺に言わせれば単に拙いとしか言いようがないが)は到底容認出来ないし、ノイズでしかなかったですね私には。そういう突き放した「演出」とか空族の映像製作とか公開のスタイルがスノビッシュで本当に嫌悪感を抱きました。本当に何が面白いんだよこの映画。なんでちょっと評判良さげな感じなんだよ。俺が足りない部分は無論あるだろうけもつまらないものはつまらないよ....。どう考えてももっと面白くて親切な短い映画とれるでしょ。おかしいよ。
    どんなクソな映画だって「おいおいそのご都合主義展開はねーだろ〜w」とかって逆に楽しめる要素あるじゃないですか。それもないんだよ。退屈
    長いけど観てるうちに慣れてきます。
    終わる頃にはそろそろ終わりか…と名残惜しく感じるまでに。
    カタコト具合が友達のお母さんそっくりで複雑な気持ちになった
    自分がよく好んで見るものとは一線を画す作品。
    中盤は物語的な、映画的なものがあったから少しは見やすい。

    タイ、ラオス。東南アジアの価値観やリズムがわかるかも。
    「楽園」のイメージ。桃源郷を夢見たのは中国人と日本人。
    「楽園」だからエロもあるし金もあるしファンタジー。

    所詮、数時間黙って座って眺めてるだけじゃ何もわからない。

    筋道とか結末とか、どう感じるかとか、完結しなければいけないのが映画だから、現実はそうじゃなくて続いてきて続いていくわけで、みたいなことを思った。


    楽園。地獄。
    演者で台詞が棒読みの方が目について、その辺作品としてどうなのかなと思った。普段カメラがなかなか入らないであろうところをバンバン映像化したという点で非常に貴重。
    素晴らしい。男と女、日本とタイ、金を持つものと持たないもの、都会と田舎、様々な対立するものが描かれている。この映画は随所で整理されたものを提示してわかりやすくしているが、整理されていない感性の部分や映像を提示することで奥深さを感じさせる。タイの音楽やヒップホップを多く用いる姿勢も良かった。また、幽霊がでてくるシーンはアピチャッポンの世界でも語られるタイならではの世界観、死生観を描いていて興味深かったです。
    >|