バンコクナイツの作品情報・感想・評価

バンコクナイツ2016年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:182分

3.7

あらすじ

タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店、「人魚」でNO.1 のラックは、イサーン(東北地方)からバンコクへ出稼ぎに出て5年が経った。日本人のヒモ、ビンを連れまわし高級マンションでダイヤの首輪の犬と暮らす一方、ラックの支える大家族は、遥かラオスとの国境を流れる雄大なメコン川のほとり、ノンカーイ県に暮らしていた。ラックは種違いの弟を溺愛している。確執が絶えない実母と、今は亡きアメ…

タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店、「人魚」でNO.1 のラックは、イサーン(東北地方)からバンコクへ出稼ぎに出て5年が経った。日本人のヒモ、ビンを連れまわし高級マンションでダイヤの首輪の犬と暮らす一方、ラックの支える大家族は、遥かラオスとの国境を流れる雄大なメコン川のほとり、ノンカーイ県に暮らしていた。ラックは種違いの弟を溺愛している。確執が絶えない実母と、今は亡きアメリカ軍人だった2番目の父との息子、ジミー。ある晩、謎の裏パーティーで、ラックは昔の恋人オザワと5年ぶりに再会する。ノンカーイから出て来たてだったラックの初めての恋人がオザワだった。元自衛隊員のオザワは、日本を捨てバンコクで根無し草のように暮らしていた。戸惑うふたり。今のオザワはネトゲ(・・・)で小銭を稼ぐ沈没組。だがラックに会うには金がいる。そんな折、オザワはかつての上官、現在バンコクで店を営む富岡に、ラオスでの不動産調査を依頼される―。 かくして、いくつもの想いを胸に秘めたラックとオザワは、バンコクを逃れるように、国境へと、ノンカーイへと向かうことになったが…。

「バンコクナイツ」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
「サウダーヂ」も観る予定があるので、それ見終わってから感想書きたい

「サウダーヂ」鑑賞後

どちらの作品でも、登場人物が過ごす生活は、彼らが自分たちの努力だけ(あるいは怠惰)で手に入れられたものではなくて、いかんともしがたいシステムや歴史によって、規定されてしまった部分があるということが描かれていると感じました。
石塚

石塚の感想・評価

3.5
悪い映画ではない

しかし長すぎた

女性の魅力

女性の力
nakaimai

nakaimaiの感想・評価

5.0
you know桃源郷?
n

nの感想・評価

2.8
長い。けど、タニヤ通りについて知れる。
長すぎるんだけど、なんか流れるように生きてる富田克也に妙に愛着湧いちゃって好き
chan0ken

chan0kenの感想・評価

4.0
正直分からないところも多かった。
教養ないやつと、勘の悪いやつは知らん!という感じも正直したな…笑

このレビューはネタバレを含みます

富田監督のバンコクから




空族提供。
脚本相澤虎之助。
監督富田克也。


インディーズ作品でいつぞや話題になった「サウダージ」

いつかソフト化するだれうなあと思ったがなかなかならず。

そんなこんなしていると富田監督の新作。
クラウドファンド、
アジア、タイの映画

3時間?!かあ。

んー、事前予想として、
インディの方で3時間かあ(ため息)
あんまり良い傾向じゃないなあという感じ。

編集できれない理由
風俗
ポスターからアジア人の綺麗な方々
アジアの風俗、日本の風俗と何が違うのか、
多分麻薬とか金とか
どう表現されるのか、気になっていた、また富田監督を見てみたかった。
んで、シネウインドで限定上映。特別料金。

最終日鑑賞してきました。



なるほどねえ。

まあ結論
長いなあ。
自主特別2000円はないなあ。

クラウドファンドしたからメイキング入れたのかな、主演の方が号泣しているんだけど、メイキングでね、それが映画にいかせないのかな?とも思ったなあ。
なんかメイキング見ると楽しそうな撮影風景。

それが本作の肝であり不満だった。

まあ確かにね、風景とか良いのはわかるんですが、わりにしつこいし、
風景も風景でしかない。

タイの田舎の風景をロードムービー的に写すが、
主役たる人物の葛藤なり思いはなんかないようで、

麻薬たるたばこや水たばこをくゆらせ
どうだ美しい風景ばかりの中盤に退屈になるのが本音。

まあなんやら終盤をおちつけますが、

まあ

風景を撮りたい
それから主演の  

タイの女優さん

を撮りたかったんでしょうかね。
麻薬吸引とかね。
3時間弱でこのふわふわ感かあ、まあ確かにインディでしょうね。劇場にはかかりませんわね。

あとまあ小ネタで
麻薬ネタ
売春ネタ
飲み屋ネタ
日本人わがままネタ
金にものいわせるネタ
オジサンくさい、きもい、だるい、しつこいネタ(風俗ネタあるある)
お客ディティールネタ(金額、拘束、性的強要)

も要所要所あり。

だけど物語をかけめぐりひっぱるもんじゃなくて、あくまでも情報を拡散する程度。「新宿スワン」とか「闇金ウシジマくん」とかである感じ。

んー。と思い「映画秘宝、芸術」やらネットで調べた。

富田監督も出演してたのね、びっくり。

主軸はタイの女優さんのラブですがね。最後付近曖昧ににごしてましたが、はっきりしてほしかったですよね。あんなに長時間あの女優見つめつづけたんだからね、強めの落ちというかなんというか。

だけどなんか
楽しそうだよね。裏をかえしてもね。本作見ると、現場クルーが楽しげにバンコクあたしを風景見て、風俗しこたま楽しんで、つなげて、お祈りして出来ましたあ、自主だけど。てな感じ。

音楽もタイや日本にかけて活躍する方らしいですね、とても良かった。
なかなか響く歌詞と風景のミックス具合であった。

私は日本映画におけるアジア表現映画
阪本監督「闇の子供たち」
大地康雄主演監督の渾身の好きな作品「恋するトマト」
あと映画の本質が違うけどホウ監督の「憂鬱な楽園」とか並べるとなんか本作弱いよなあって、弛緩させてるなあって感じた。

とかと比べると
なんか楽しいねバンコクナイト
と富田監督はいいたいんかな。

映芸の対談でも「言葉にしないとだめですか。」と言ってた監督。

言葉もそうですが、編集で切れない監督も私は駄目かと思う。

いや確かに息をのむ美景観やドローン空撮ショットなどとりいれてるが、

バンコクっていいねえ
なんか
問題あるね
なんか
煮え切らない感ありだ。

それにしても長かったなあ、ラストもあえてのセクシーシーンをばっさりわかりにくくしているのも監督意図なんだと思うけどね。

本作性描写ほぼ皆無だからね、。肝なはず、だと思うけど。バックパッカー気分を味わせたいんかな。

けど、ロードムービーにしちゃ何もなさすぎ。

あのタイの地方の感じ、家族のリアルな感じは良かったよね。

だから、それを脚本で揉んで欲しかったよなあ。

エピソード羅列だけだよなあ。
あわよくば観光映画みたいにも見えた。
そこの印象度がなんか薄くて長かった感じ。

ある意味おとこの映画なんだけど、女性が見てもどう思うって感じだよなあ。タイのホステスをみせられてもという感じ。

空族さんは、日本俳優をつかってサスペンスとか青春物とか劇場一般公開めざさない団体なんかな?!わかりませんが。

作って、自主で公開固執する なんかな。

メジャー勝負がみてみたいです。私は個人的に。



さて
富田監督のバンコクから

バンコクなかなか風俗良いぜ長い夜ってみえた、

富田監督体験でした。
なんか、少し、、良かったあとか面白かったあとかじゃなくて、長くてなんだかなあ、って感じでした。頑張っておとりになられたとは思いますがね。

楽しんだら楽しんだだけアウトプットしてだしつくして、ねって削って欲しかった、そんな感じだ。
Shizuka

Shizukaの感想・評価

3.5


最後のメイキング、むっちゃ撮影楽しそうだった
上半期ベスト。本作はバンコクを舞台に「桃源郷 娼婦 植民地」がテーマの作品で、まず特筆するべきはカメラによって映し出されるリアリティです。この作品は自主制作であるから、プロの俳優は出ていませんが、他方で冒頭のシーンからの娼婦ラックがバンコクの夜の繁華街をバイクで颯爽と走るシーンは美しいという他ない。このような要所要所で出てくる美しいシーンがあることによって、素人くさい「会話」のシーンが、これはフィクションではなく現実で起こっているかもしれないという質感を与えてくれます。つまり、本作において主題的にも強調されるのは現実とフィクションが幻想的に溶け合った状態なのではないでしょうか。

ラックと主人公は通じ合いながらも、主人公は真に迫る恋愛感情をどこか回避している所があります。それは主人公がラックを「娼婦」として見ており、「お金ないよ」のセリフに現れている通り恋人ではなく「客と労働者」の関係で見ようとしています。この「客と労働者」の関係性こそ日本人からみた「バンコク」の桃源郷なのではないでしょうか。金を払えば女は言う事を聞く。外にいる日本人にとって、現地の女の子は商品ではありますが、恋人ではありません。そして恋人になる手前で止めてくれる装置がお金であり「お金を払う事で桃源郷に入ることができる」という方便がこれで生まれます。基本的に日本人にとってバンコクとは他人事であり、他人事の「桃源郷」に他なりません。この「桃源郷」は裏を返せば「植民地」へと変わります。金城というキャラクターはそれを象徴する存在です。金城は娼婦に金を払う事をせず、現地から女をみつけて商品にしようとしています。金城にとってバンコクの人々は「商品」であって人間ではありません。これは金城自身が言うように日本と東南アジアにある圧倒的な格差によって作られたものでしょう。このような格差がある中で主人公はラックの故郷に同行し、ベトナム戦争や現地の人々と触れ合います。そこに現れていたのは「桃源郷」ではなく、日本人の労働者と同じ状況の中で戦う人々でした。つまり日本と東南アジア勢は確かに違う国だが、それは他所と内という関係によって規定されるものではない。他所であっても内であっても「貧乏」は問題になるはずである。ということです。主人公はここで、バンコクという「桃源郷」にいると言う意識を捨て、桃源郷の中に、東南アジアで労働しラックを助けようと決意します。それがラストの拳銃を買うシーンであり、外から搾取する、ないし慰安しまた日本へ帰ろうとする日本人との決別と言えます。もはや逃げることが出来ない。故に逃げる事をやめて、何処かで自分を規定し労働者になろうと。これは蛇足なんですが、
BSOL子

BSOL子の感想・評価

3.7
パッカパッカーをしていた頃に見たタイがスクリーンにそのまま写っていた。
バンコクには、旅と定住の境目を流れている人がいっぱいいる。駐在者やストイックな旅行者からは馬鹿にされてるし、実際変な人もいるけど……。なんでか知らんけど、海外にいる日本人って、お互いをすごい格付けしあうんだよな。その感覚を強烈に思いだした。


物事には良い面と悪い面とどっちとも言えない面とがある。
現代日本では、そういうのを即時に断罪しちゃう人が「頭がいい」とされているから、判断を保留するとまぬけ扱いされがちだけど、その風潮ってシットだなあと改めて思った。
東南アジアの風土には「人生に簡単に白黒つけない」態度がベースにあって、そんな彼らをスローだと見下すのは間違ってるってことが、映画を見ていると腹にずーんと落ちてくる。文化が違うのに、一方的に自分たちの物差しで測るなんて愚かそのものなんだなって。

モーラムが素晴らしかった。
>|