バンコクナイツ(2016年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:
  • タイ
  • フランス
  • ラオス
  • 日本
  • / 上映時間:182分
    監督
    富田克也
    脚本
    相澤虎之助
    富田克也
    キャスト
    スベンジャ・ポンコン
    スナン・プーウィセット
    チュティパー・ポンピアン
    タンヤラッ ト・コンプー
    サリンヤー・ヨンサワット
    伊藤仁
    川瀬陽太
    あらすじ
    タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店、「人魚」でNO.1 のラックは、イサーン(東北地方)からバンコクへ出稼ぎに出て5年が経った。日本人のヒモ、ビンを連れまわし高級マンションでダイヤの首輪の犬と暮らす一方、ラックの支える大家族は、遥かラオスとの国境を流れる雄大なメコン川のほとり、ノンカーイ県に暮らしていた。ラックは種違いの弟を溺愛している。確執が絶えない実母と、今は亡きアメリカ軍人だった2番目の父との息子、ジミー。ある晩、謎の裏パーティーで、ラックは昔の恋人オザワと5年ぶりに再会する。ノンカーイから出て来たてだったラックの初めての恋人がオザワだった。元自衛隊員のオザワは、日本を捨てバンコクで根無し草のように暮らしていた。戸惑うふたり。今のオザワはネトゲ(・・・)で小銭を稼ぐ沈没組。だがラックに会うには金がいる。そんな折、オザワはかつての上官、現在バンコクで店を営む富岡に、ラオスでの不動産調査を依頼される―。 かくして、いくつもの想いを胸に秘めたラックとオザワは、バンコクを逃れるように、国境へと、ノンカーイへと向かうことになったが…。

    「バンコクナイツ」に投稿された感想・レビュー

    ngsm
    ngsmの感想・レビュー
    2017/03/02
    -
    「サウダーヂ」も観る予定があるので、それ見終わってから感想書きたい

    「サウダーヂ」鑑賞後

    どちらの作品でも、登場人物が過ごす生活は、彼らが自分たちの努力だけ(あるいは怠惰)で手に入れられたものではなくて、いかんともしがたいシステムや歴史によって、規定されてしまった部分があるということが描かれていると感じました。
    丘
    の感想・レビュー
    1分
    -
    2017.4.30鑑賞。
    ユウスケ
    ユウスケの感想・レビュー
    1時間
    -
    まったく楽しめなかった。
    私との相性が悪すぎた作品。

    こういう映画が評価高いのはわかるし、よかったシーンもあったが、ダメだった…。
    ナツキ
    ナツキの感想・レビュー
    2時間
    -
    この映画に出てくるタイ在住日本人の、自分たちの利益しか考えずタイ人を見下してナメてる態度に終始イライラして苦痛で仕方なかった...三時間...地獄...。

    タイ人のカタコト日本語よりも日本人の日本語のセリフ聞き取れないことのほうが多くてちょっと笑った

    いまいち内容を消化できてないから誰が話を聞かせて下さい...。疲労感...。

    タイの田舎は素敵だね!
    reephan
    reephanの感想・レビュー
    7時間
    3.8
    東南アジアの歓楽街ってすごい!
    においや熱気まで漂ってきそうな映像だった。いろんな想いや欲望が渦巻いている。
    夜のお店の売れっ子ラックと日本人男性オザワ、もともと関係のあった2人が再開する話だけど、家族、タイにいる日本人の集まり、お店で働く女の子、桃源郷で武装する複数の国籍の人の集まり、個々、いろんな単位の人の話って感じがした。

    ちょっと考えてから書き足そうと思います。

    タイの女性はガニ股で豪快に歩き、そして美しい!
    TsutomuZ
    TsutomuZの感想・レビュー
    8時間
    3.9
    3時間でも収まりきれない、女と男そしてカネ。
    Sayo
    Sayoの感想・レビュー
    19時間
    -
    長めの映画で途中ちょっとうとうとしちゃうんだけど、この手の映画はまどろみながら見るのが好き。

    ドキュメンタリーだけどフィクションみたいな演出。

    日本の男は全員怪しく見えるww

    バンコクやタイの地方、ラオスの見たことのない面が見えた。
    yazyeeeeee
    yazyeeeeeeの感想・レビュー
    1日
    4.3
    何だか分からないけど印象に残る映画だった。
    ノムチ
    ノムチの感想・レビュー
    1日
    3.4
    上映時間は長い。
    ストーリーにメリハリがなく、おそらくタイの日常を描いている。
    日が高いうちから観たので、全部がスーっと入ってきた。
    終わったら夜だったのでタイ料理を食べに行った。
    menmoku
    menmokuの感想・レビュー
    1日
    3.3
    モノラルぽく中央にあつめられたという音響の中で、音が、声が、あるいは歌曲が、楽曲が、音響のリアリティ志向のパースペクティブから解きはなたれて、水面に浮くウタカタのように画面から奇妙に浮く。画面と音声の拮抗が内部で蠢動し続けることで、映画が息をし続ける。

    「ロードムービー」とは流れゆく車窓の風景の映画なのだと言う。だとすればこの映画も確かに「ロードムービー」ではある。なんとなれば映画の画面という「車窓」の中に、街が、村が、森が、河が、広がり、流れゆくのであるから。(その媒体としての船、バイクタクシー、バス。) たゆたう水面の表情は、端的にそこが楽園の縁であることを示してやまず。そよぐ風(そよぐ髪、布)。

    3時間という尺は、いわゆる「物語の経済性」からすれば(長尺ならぬ)“超”尺かも知れぬが、この時間の独特の“たわみ”こそがこの映画の「質」なのだと、換言することも出来るようにも思われ。

    アジアンスター的風貌の富田克也氏は被写体としてグッド。

    ***

    有体に言えば、富田克也氏はじめ制作者達はかの国に恋したのだと思われ。さもありなんという映画。
    >|