バンコクナイツの作品情報・感想・評価

バンコクナイツ2016年製作の映画)

上映日:2017年02月25日

製作国:

上映時間:182分

3.7

あらすじ

タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店、「人魚」でNO.1 のラックは、イサーン(東北地方)からバンコクへ出稼ぎに出て5年が経った。日本人のヒモ、ビンを連れまわし高級マンションでダイヤの首輪の犬と暮らす一方、ラックの支える大家族は、遥かラオスとの国境を流れる雄大なメコン川のほとり、ノンカーイ県に暮らしていた。ラックは種違いの弟を溺愛している。確執が絶えない実母と、今は亡きアメ…

タイの首都、バンコク。日本人専門の歓楽街タニヤ通りの人気店、「人魚」でNO.1 のラックは、イサーン(東北地方)からバンコクへ出稼ぎに出て5年が経った。日本人のヒモ、ビンを連れまわし高級マンションでダイヤの首輪の犬と暮らす一方、ラックの支える大家族は、遥かラオスとの国境を流れる雄大なメコン川のほとり、ノンカーイ県に暮らしていた。ラックは種違いの弟を溺愛している。確執が絶えない実母と、今は亡きアメリカ軍人だった2番目の父との息子、ジミー。ある晩、謎の裏パーティーで、ラックは昔の恋人オザワと5年ぶりに再会する。ノンカーイから出て来たてだったラックの初めての恋人がオザワだった。元自衛隊員のオザワは、日本を捨てバンコクで根無し草のように暮らしていた。戸惑うふたり。今のオザワはネトゲ(・・・)で小銭を稼ぐ沈没組。だがラックに会うには金がいる。そんな折、オザワはかつての上官、現在バンコクで店を営む富岡に、ラオスでの不動産調査を依頼される―。 かくして、いくつもの想いを胸に秘めたラックとオザワは、バンコクを逃れるように、国境へと、ノンカーイへと向かうことになったが…。

「バンコクナイツ」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

-
「サウダーヂ」も観る予定があるので、それ見終わってから感想書きたい

「サウダーヂ」鑑賞後

どちらの作品でも、登場人物が過ごす生活は、彼らが自分たちの努力だけ(あるいは怠惰)で手に入れられたものではなくて、いかんともしがたいシステムや歴史によって、規定されてしまった部分があるということが描かれていると感じました。
ykk

ykkの感想・評価

3.2
寒い映画館で見たのが失敗。タイの食堂とかで暑い暑い言いながら見たい映画。
肺

肺の感想・評価

2.0
出演者がプロの役者ではないらしく、自分にはちょっとキツかった。別に演技について精通しているわけではないけど、さすがにアレが3時間続くのは無理があるかと...
か

かの感想・評価

-
記録。情景と心の機微が豊かなので、そこに思いを馳せていればまあ、長くはないか、といった気持ち。
9

9の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

多摩の映画祭で +トークショー

トークショーで「サウダーヂは全部がクソだけどその中でも触れるクソと触れないクソがあった、今回は(前作より)善と悪がはっきりしてる」ってニュアンスの話が出てて納得した
LINEのひとことを思わせぶりにするのって万国共通なんだ…と思ったときに映画の内容がちょっと自分の生活と地続きになった気がする
stillichimiyaのファンなので彼ら目当てで観た部分もないとはいえない…静かに喋る田我流の声が好きだということに気付いたし、サウダーヂでは視認できなかったMr.麿がいっぱい喋ってて嬉しい(額割られてたけど)
ずっと観たかったからもう観れただけで満足
男性による、男性に向けた映画。
タイを舞台にしているが、視野の狭さを感じる。
KKMX

KKMXの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

前作「サウダーヂ」が大変良かったため、今回も期待していましたが、期待通りの混沌とした大作でした。
サウダーヂとは地続きの兄弟のような作品だと感じたので、以下のとても長い感想は主に前作との比較で物語ります。

サウダーヂに比べると、バンコクナイツは全体的に緩いが豊潤な作品だなぁ、という印象。ストーリーだけ追うと散漫でダラダラした感触ですが、ゆったりと作っているため、タイの営みや文化が生々しく描かれていて、なんとも言えない豊かさを感じました。バンコクの毒々しい煌びやかさには息苦しさを感じたものの、イサーンやラオスにはただただ感動してしまった。バイクを飛ばした後のノンカーイの朝焼けの美しさに言葉を失いました。
この豊かさを描くには、3時間は必須だったと思いました。

空族サーガの主人公たちは大抵「ここではないどこか」を夢想し、さすらいます。バンコクナイツの主人公・オザワも例外ではなく、自らの居場所を求めて彷徨っている男です。なんとなく自衛隊に入り、やがてなんとなくタイに来た。昔の女・ラックと出会い本気で愛するも、オザワは根を下ろせない。「ここではないどこか」を夢見る者は何かを選ぶことができない永遠の少年である。少年では愛を成就させる力がなく、オザワとラックは破局する。
前作サウダーヂの登場人物たちはみな彷徨い続けて迷子になっていたが、オザワはラックと別れた後、タイに根を下ろす。空族の主人公がついに大地に足をつけた瞬間であった。ラスト付近にオザワは銃を買い、それが何を意味するのかはっきりとはわからないが、彷徨う旅を止めることと関連しているように感じた。

楽園を求めても手に入らない。そんな虚しさや悲しみ。つながりのある世界を破壊してゆく大きな抗えない力への怒り、嘆き。でも抗う人間の姿が前作同様、本作品でも描かれている。
しかし、本作はタイの宗教的な雰囲気によって嘆きからの祈りも描かれているように感じた。モーラムの言葉を尽くせないほどの説得力と、その後のラックのこのシーンだけに見せる安息の表情は本作のハイライトのひとつで、震えるほどの興奮とともに、人知を超えた異界への畏れと祈り、自分を超えた存在に包まれる安らぎと癒しを感じた。タイの営みや文化を内包した映画だからこそ描けた出色のシーンだ。出家のときのカーニバルのような行進とか、なんと言っていいのかわからないけど深く心に刻まれています。

この映画を反芻すればするほど、いろいろな連想や複雑な情動が浮き沈みをします。バンコクナイツを観たことは、えも言われぬ体験でした。映画を観た、と言うよりも、映画を浴びた、という感覚です。

【空族の映画についての感想】
空族の映画は基本的に群像劇な上に、プロではない役者が出演者のほとんどを占めるため、とっつき辛いところはあるが、それを乗り越えるとクセになる魅力に満ちている。

サウダーヂもバンコクナイツも1〜2回観ただけでは消化しきれないボリュームなので、折に触れて何度も観ていくタイプの映画だと思う。空族映画はロードショウの間だけではなく、今後も様々なイベントや次回作のタイミングの時などに上映されるだろうし、その時々にサウダーヂやバンコクナイツをまた観て、新たな発見や湧き上がる感情を噛み締めてゆくものではないかな、と思っている。
ソムタムを勧める話
最高かよ!!!!!
iikimm

iikimmの感想・評価

3.9
海外に行っては女買ったりするおじさん達に観てもらいたい。
>|