バンコクナイツの作品情報・感想・評価

「バンコクナイツ」に投稿された感想・評価

GentaEndo

GentaEndoの感想・評価

4.5
正直わからない映画だけど、、、地獄と楽園が同居する混沌のなか、当て所なくひたすら漂うような映画。決定的な瞬間っていうのをほとんど見せないから、目的が無い感じ。音楽とロケーション、旅先での不思議な出会い、が最高なのも合わさって、本当にキマってる映画だって思った。
Rosalie

Rosalieの感想・評価

4.0
映画館で観ることができて良かった!
もっとタイを知りたくなりました。
autsnich

autsnichの感想・評価

5.0
ラック大好き
ミタ

ミタの感想・評価

-
鑑賞後、長々といた地元が見知らぬ街へと様相を変えた。
YCAM爆音映画祭にて。タイ公開バージョンを。富田監督のトーク付きでした。
3時間を超す大長編でしたが、中身が詰まってるかというと疑問でした。

バンコクやタイ各地に旅行したことあるから、あののんびりした時間感覚を表現したいのは分かりますが、
もっと要点を絞って見せる事出来ないのかなあと思いました。
カットやシーンが切り替わる度に、話がブツ切りになりあちこちに飛ぶ手法はよく分かりません。

話について行くのが困難でした。
なんか長々と間延びした
旅を見せられたという感じですね。

後、話に推進力が低いので観ていて興味が持続しにくい感じがしました。
テアトル新宿

バンコクとイーサンは遠くて縁もゆかりもないけど
東京と地元を連想させた

空に浮かぶ月と水面に浮かぶ月
地面を歩く人々と水面を歩く人々
浮かんでいるのか沈んでいるのか

浮かんでいるつもりが沈んでいっているのか

オザワが思いを込めた様に、自分にも何か残っているのだろうか

音楽自体もさることながら、音楽配置がすんばらしかったです
横川シネマ バンコクナイツ。やっと見れたとゆう感じ大変面白い。初めはやや散漫でも少しストーリーラインをと思うけど実は「サーガ」だからこれでいいのだと気づく。これは日本映画じゃなくてアジア映画、日本人の初めて作ったそれなんじゃまいか。ちなみに自分レベルではショットに十分感心したw
日本の田舎の高卒がやりたいこともなく自衛隊に入る、でタイの若者も同じく軍に入るとこで共感する。でその共感を表現するのが字幕の和訳の山梨弁なのが素晴らしい。飲めし、喰し、て(なんてこった)、ぶちゃっちめーしetc
自分も半分山梨人の血が流れてるので、実にしみじみ良かった

しんちゃんいいよねしんちゃん!都会の濁と農村の清の対比はソナチネ的なんだけど、しんちゃんはつまり寺島進なんだよなw
tohta

tohtaの感想・評価

3.5
約1年前の記憶を辿ると、田我流の登場で再び映画が動き出した印象。
ヨウタ

ヨウタの感想・評価

4.1
ようやく観れた!
ソフト化をしない事で有名な空族の最新作バンコクナイツ 。
彦根のダンスホール紅花にて。

空族の作品は、描かれたシナリオだけれど、3時間ほどに及ぶ長編ドキュメンタリー的要素もあり、ある種描かれたドラマよりもドラマがある。事実は小説より奇なり、といったところもある。
常に、社会の隠された部分に根付いたファクトにフィーチャーしているのが真核にある。今回は、タイの風俗、売春、ドラッグ、戦争の傷跡、マイノリティ民族、若者の出稼ぎ問題である。また前作と変わって今作舞台をアジア・タイにしているところも面白い。
空族は、他の追随を許さないオリジナリティとストイックさに秀でた唯一のクリエイト集団だと思う。
ただ、毎度思うがキャストはみんな役者なのか?それとも現地で雇った素人なのか?いい意味で素人のリアルな会話があり自分は好きだ。

舞台は、バンコクの日本人向け歓楽街タニヤで繰り広げられる。
そこには、多くの日本人 社長・金持ちやそうでない観光客、またタイの可愛い子ちゃん目当てのオタクみたいな人種の人たちが、タイの女の子を買いに来る。
タイ人からすれば、彼らは金ヅルであり日本人からすれば安く女の子が変えて安くドラッグがやれて人目につかない楽園である。

田我流の言葉、自分の故郷 山梨一宮と被せて言った。
「桃源郷。そこは楽園だが、一度抜け出せば二度とは戻れぬ場所。」 はまさにタイとリンクしていたし。
作中でstillichimiya のメンバーが随所に登場してたが、一宮の現状とタイの田舎(イサーン地方)から都会(バンコク)へ出稼ぎに若い奴らはみんな出ていってしまう。田舎にも良いものは残されているのに、今のおじい・おばあの世代がいなくなれば、またジャングルに戻るだけだ。これは、タイのイサーン地方と山梨の一宮をトレースして、若者やローカルの現状をうまく捉えていたな!
というか、stillichimiya がなんてローカルをレップしてるアツイグループなんだって再確認した。

作中を通していたが、
国籍問わず色々な人がタイにはいて、タイ語、イサーン語、英語、日本語が飛び交っているのはまさにアジアって感じで面白かったし、イサーン語の字幕が甲州弁なのも凄い面白かった笑笑

なによりyoung-gとsoi48 監修の音楽は 満点すぎるほどかっこよかった!!!ってこと。

他の空族作品も観たい!!
>|