みうさん

ガラスの城の約束のみうさんのネタバレレビュー・内容・結末

ガラスの城の約束(2017年製作の映画)
-

このレビューはネタバレを含みます

俳優陣は子役も含めて、本人に寄せたウディハレルソンを筆頭にとても良かったと思う。ブリーラーソンより、少女時代のジャネットをやった子の方が良かった。姉ちゃん役のサラスヌークはやっぱりいい。モーリーンの少女期の子はなんか見たことある気がする。それはさておき、これだけの駒を揃えて、例えそれが事実だとしても、これをいい話にして終わりにするのは、どうにも納得がいかない。親が子供のためだと思いこんで、親の論理で子供に価値観を押し付けるのはダメなんだ。あんな雑なスクラップブック一冊できゅんとなってはダメだ。なにあの雑さ。本人たちは本当に突き抜けきっているから、これを当たり前としてはダメだと思う。これによって本当に困った親に困っている子供が救われないとか(救われなくていいと思ってしまうとか)あってはならんのだよー。あと、ナオミワッツはお母さん綺麗すぎだろう。このお母さんもほんとダメ!
そして、「はじまりへの旅」を思い出した人、結構いると思うんだけど、あれがすごくキラキラ輝いて見えるようになりました(見直してみよう)
字幕翻訳/稲田嵯裕里
スクリーン1 H列