ガラスの城の約束の作品情報・感想・評価・動画配信

「ガラスの城の約束」に投稿された感想・評価

エイジ

エイジの感想・評価

3.5
毒親でも、やっぱり親は親。
.
数少ない良い思い出が、鮮明に記憶に残るから…。
.
.
成功したからこそってのはあるだろな。

賛否わかれる映画。自分はどちらかと言うと否に近いかも😓

やっぱりブリーラーソンはいつもしかめっ面だ(笑)
愛すべきハチャメチャなお父さん(ウッディ・ハレルソン)❗️
言ってることは真っ当だし説得力あるのに詰めが甘くて全然完璧じゃない😅それこそが愛されるべき要因なんだけど(笑)。子供たち一人一人に星をプレゼントするなんて普通じゃ思いつかない😳
「はじまりへの旅」のヴィゴを思い出したなぁ。子供たちへの愛は本物だ。

ところどころ不覚にも(?)涙してしまうシーンもありました。ぶっ飛んでる父親。ぶっ飛んでる母親。そして家族。こんなに濃い関係性なかなかないよね。子供たちは苦労しただろうけどどこか羨ましくも感じる。ラストに差しかかる頃には「こんな素敵な家族 見たことない」って気持ちにさせてくれました✨
ぶっ飛びすぎなどうしようもない父。
こんな父親には絶対になりたく無い。
そんな父親から逃げるために頑張る子供達。

それでもやっぱり自分にとっては親という存在なんだと思えるか否か。
aya8

aya8の感想・評価

-
TSUTAYA✖︎フィルマークスコーナーにハズレなし^ ^と思わせてくれる作品でした^ ^
実話だったとは。
ざきを

ざきをの感想・評価

5.0
父親って、うるさくって、お節介で、頑固。でも時々見せる愛や、優しさに、やっぱりお父さん好きってなるんですよね。
そんな父親の不器用さが詰まった作品に。

この作品のお父さんははっきり言って最低です。なんならお母さんも最低。でも4人の子どもにとっては彼らが親。切っても切っても切り離せない存在だし、愛おしい存在なんです。
ウディハレルソン扮する父は本当に最低で、この作品を好きになれない人が多そうな感じはあります。でも、父親として許せない部分があっても、父親の隠れた優しさに触れる経験をしたことがある人にとっては、結構感慨深い作品かもしれません。

お父さんって結構ずるいですよね、私の父もそうです。笑
私の父も、こいつは愚息だとか、何やってんだよお前はとか、お前は泣き虫だとか、色々言われます。でも、誰よりも夢を応援してくれるし、息子には全く見せない優しさが実は自分の人生の各所に散らばっていて…その厳しさと優しさの上に今の自分が成り立っていると思うと、父を好きにならずにはいられません。
そんなふうに観ていて思える作品でした。
sompoji

sompojiの感想・評価

4.2
これは賛否両論分かれる映画だと思う。

父親を最後許せるか許せないかでこの映画の評価は大きく変わる気がする。

私はウディ・ハレルソンが最高だったので許せてしまった。
たか

たかの感想・評価

-
「子どもに責任を持てない人物は親となるべきではない」という家族観を持つ私にとっては、主人公ジャネットの両親はその最たるものに写り、唖然としてしまった。しかもまさかの実話。なんということだ…
悪い親ではないことと良い親であるかは別の話だ。一見して美化されているような展開の中に、肉親を突き放すことができないジャネットの複雑な想いが垣間見えた。
joker

jokerの感想・評価

4.0
泣かされてしまった。

酒浸りの父親に最初は嫌悪感を抱くのだが、
最期はなぜか真逆の気持ちになる。

どんなに距離を取りたがっていても、
家族はやはり家族だということを教えられる。

自分があの状況にいたらと思うと、
ゾッとするほどの最悪な環境。

でもそういう時こそ、
兄妹たちの絆は深まるのかもしれない。

実話だということを忘れるくらい、
ウディ・ハレルソンが良かった。
>|