Go

BLAME! ブラムのGoのレビュー・感想・評価

BLAME! ブラム(2017年製作の映画)
1.8
【スーパーハードSFがマイルドになりました!】
20年くらい前のマンガが原作の 要するに機械の反乱というか 家の鍵をなくしてしまい逆にセキュリティが敵になってしまった人類のお話.

勝手に増築されて もう地球ハミ出るくらいに巨大化した“都市”を水戸黄門みたいに色んなとこを旅する内容だったが 映画ではある村に立ち寄った時のオリジナルエピソードが描かれています.
SF好きならきっと楽しめる内容になってると思いますよ.

はい この映画を見て『よくわかんなかった. 原作マンガ読んでないからか?』と思ったあなた!
原作マンガはもっとわかりづらいです.
この映画を見て『世界観が面白いな!』って思ったあなた!ぜひ原作マンガでもっと掘り下げましょう!きっと気に入りますよ!

というわけで マンガが好きだった私はどーしても比較してしまい素直に見られないのは仕方ないね.
今風にすっきりキレイにアレンジされていているナゥいキャラクターデザインや清潔感漂う画面に「もっとドス黒く荒々しく重厚にしないと!狂気が足りない!!」というふうに違和感を感じつつ同時に既視感も感じていたのはなぜか…?

あ やっぱTVアニメ『シドニアの騎士』のスタッフか.
アニオタ絶賛だったらしいけど 私はアレ受け付けなかったんだよね~
どうも(当時の)弐瓶先生の絵柄と合ってない気がする.
そして今 弐瓶先生の絵柄までも白くふわっとした雰囲気になってしまい新連載読んでない!
ちょっとまて. もう映画のレビューじゃなくなってるぞ?

ま とにかく人を選ぶタイプのマンガがとても見やすいSFアニメ映画になって帰ってきた!
そこを評価して☆3点!

と言いたいが主人公 霧亥(キリイ)が何しゃべってるか聞こえねーよ!音のレベル調整しろよ!
それと この調子でバイオメガにまで手ェ出したら許さねーぞ!!
減点して☆1.8だ!!!