グリーン・ゾーンの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「グリーン・ゾーン」に投稿された感想・評価

Joker

Jokerの感想・評価

3.5
ロイ・ミラー率いるMET隊(移動捜索班)は、WMD(Weapon of Mass Destruction;大量破壊兵器)の隠された倉庫があるという情報のもと出動したが、そこは何もないただの廃工場だった。作戦の失敗はこれで3度目であり、ミラーは情報に誤りがあるのではないかと主張したのだが、上官はそれを無視しようとする。
納得できないままの次の作戦の途上、イラン・イラク戦争を経験したイラク人フレディの情報提供をきっかけに、断片的な情報が段々と繋がっていく。アメリカ政府の高官パウンドストーンの妨害に合いながらも、戦争の原因たる情報の提供者「Magellan(マゼラン)」に同じく怪しさを感じるCIA捜査官や記者を味方につけ、隠された真実を追う。
説明が多くないことが良い。
物語的にも噛み応えがあって面白い。米国内での対立構造と、現実的に争いを回避する人間たちのうまくいかない歯痒さがあって、でも最後まで足掻く点も良かった。
ただし結果は現実の周知の通りになった。

この監督と主演はボーンシリーズと一緒だけど、この2人組ますとマットデイモンがクールで物理的に最強になりすぎる気もする笑
tomo

tomoの感想・評価

3.7
湾岸戦争時のイラクを舞台にした映画。
国際情勢好きな自分には非常に興味深い作品でした。

実在すると言われている大量破壊兵器について嘘の情報に踊らされる主人公が真実を暴いていきます。
主人公役のマット・デイモンですが、ジェイソン・ボーンのように超人的な強さを持っているわけでもなく、ごく普通のアメリカ兵です。
また戦争を舞台にしているとはいえ、銃撃戦はそんなに派手やかではなく、むしろ謎解きのサスペンス的要素が強かったです。
中の上。ストーリー上カタルシスが無い。が、ラストは上がった。アメリカ人馬鹿。
ss

ssの感想・評価

-
なんとなく「これ観たような気もするけど、覚えてないからまた観ようかな」
で観始めたけど確実に観たことなかった。

そこはかとないデジャヴ感。
なんか戦場でもこういうのだとマット・デーモンは全部ジェイソン・ボーンに見えるなぁと思ったら同じポール・グリーングラス作品だった(笑)

2018/4/19
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

3.0
アクション、脚本、かなり満足。
反戦的な演出。政府の失敗を表してるね。
くぅー

くぅーの感想・評価

4.0
いわゆるでっち上げた大義名分でのイラク戦争・・・硬派なグリーングラス監督は本当の敵がイラクではなかったコトを改めて追及する一本を撮り上げた。
題材が題材だけにリアリティには特にこだわり、さらに一段上がったハンディでスピーディなカメラ技にカット割での臨場感…終盤はまるで狂気を皮肉るかの如く、カオスなアクションで映像酔いさえしそうになる。
しかし、激戦地のど真ん中に作られた、あんな無神経な異様なオアシスの光景は印象に残りまくる。
マット・デイモン…“ジェイソン・ボーン”とは違った渾身の熱演。
2018 28本目

最初から最後まであまり面白くはない。
マット・デイモンが出ていなかったら見ていなかった。
マット・デイモンがカッコよかった!
迫力のある戦闘シーンだった。
simon

simonの感想・評価

4.0
吹き替え

最後の言い争いがその後のイラクの混乱を暗示してる
2010に作ったのが凄い