ちょっと今から仕事やめてくるの作品情報・感想・評価

「ちょっと今から仕事やめてくる」に投稿された感想・評価

原作から入りましたが映画もよかったです。ヤマモトは正直イメージ違ったのですが福士さん好演でした。
工藤阿須加さん、黒木華さん、吉田鋼太郎も熱演で、展開わかってるのに手に汗握りました。
コブクロのテーマソングも沁みます。
原作未読の方は原作もぜひ!
EMMA

EMMAの感想・評価

2.3
しんどい。。
辛いときって周りなんて見えなくて、ただただ辛くて。
それでも、自分を思ってくれる人とか気にかけてくれる人に気づけるかで、そんな状況から抜け出せたりする。
逃げてもいいんだとおもう。
今の自分を変えるって勇気はいるけれど。

ゆう君がどんな思いでいたのか考えてしまうと泣いてしまう。
AKiO

AKiOの感想・評価

3.3
仕事辞めたくなる映画
藤井凛

藤井凛の感想・評価

3.7
成島出監督作品

ブラック企業でノルマを課される青山(工藤阿須加)はミスをしては毎日上司の山上(吉田鋼太郎)から叱責され、パワハラを繰り返され、激務で疲弊していた。同じ部で働く仕事の出来る美紀(黒木華)は憧れの先輩。
青山はある日電車のホームで疲労の為意識を失い電車にはねられそうになる。それを助けたのがヤマモト(福士蒼汰)と名乗る関西弁を話す男。
幼なじみらしいが青山には記憶がない。
小学校の同級生にヤマモトはいるけど、友達によると海外にいるらしい。

実はヤマモトは年齢は3歳上、山本純が本名で、はじめは人違いで声をかけ多そうだ。ヤマモトと話していると楽しくリラックスできる。
仕事も順調に行き始めた矢先、取引先とのトラブルに見舞われ、またもや辛い会社生活に逆戻り。
ヤマモトからは転職を薦められる。

ヤマモトが墓地行きのバスに乗り込むのを見た青山は、山本純が3年前に自殺したことをブログで知る。写真はヤマモト自身だった。
ヤマモトは本当は誰なのか考えていると、先日の取引先とのトラブルは先輩の美紀がわざと仕組んだものだと分かる。
後輩の青山に抜かれないように美紀も必死だった。
全てが嫌になった青山はヤマモトの説得により、ついに会社を辞める決心をする。

ヤマモトの正体は山本純とそっくりな兄山本優。弟の自殺を食い止めることが出来ず、身を投げようとした青山を放っておけなかった。。

工藤阿須加が追い詰められて自分を見失う真面目な社会人を熱演している。
結構こういう立場の若い人はいるんじゃないか。親に言い出せないとか周りに気を使い過ぎて、自分の本当の状態がよく分からなくなっている。
仕事は大事だけど命を削ってまですることじゃない。
そう気付かされる。
吉田鋼太郎のパワハラ上司の勢いが凄すぎて本当に辛い。こんな環境にいる社員は本当にいるんだろうと思うと余計に辛い。
ノルマを課されて焦る先輩の黒木華も、追い詰められて限界な感じがよく出ていた。
福士蒼汰は明るくて優しいが、実は弟のことで辛い思いをしている複雑な表情が秀逸。ラストは晴れやかな笑顔でヤマモトが福士蒼汰で良かったと思う。あまり観ない役どころで新鮮。

ヤマモトみたいな人に会いたい。
人生に詰まった時に風穴を開けてくれる何かに出会えたら、本当にラッキーだ。
バヌアツは行ったことがないけど、素晴らしく綺麗な所だなぁ。
Hiros

Hirosの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

最初から最後まで飽きさせることなくおもしろかった。
これをみて面白いと感じるのはちょっと病んでるのかとも思ったが、福士蒼汰ええヤツだった。
黒木華がいつもよりちょっとブサイクにみえた。
吉田鋼太郎はクソどつきたい役柄だが、吉田鋼太郎の演技は素晴らしかった。
りお

りおの感想・評価

3.5
つらいときはいちからやり直すって、単純だけど気づかなかったりするよなぁ。
福士蒼汰はアロハシャツでもイケメンだった。
Natsuki

Natsukiの感想・評価

2.5
予想より真面目な…。
届くべき人に届く事を祈っております。
時間ない人見る余裕ないかもしれないな…。
>|