五日物語 3つの王国と3人の女の作品情報・感想・評価

五日物語 3つの王国と3人の女2015年製作の映画)

TALE OF TALES

上映日:2016年11月25日

製作国:

上映時間:133分

3.5

あらすじ

3つの王国が君臨する世界。ある王国では、女王が“母となること”を追い求め、また、ある王国では、老婆が“若さと美貌”を熱望し、そして、もう一つの王国では、王女がまだ見ぬ“大人の世界への憧れ”を抱いていた。やがて、それぞれの願いは叶えられるが、そこには皮肉な運命の裏切りが待っていた…。

「五日物語 3つの王国と3人の女」に投稿された感想・評価

願望を満たすための犠牲。現実味のあるファンタジー。3つの物語において重要なポイントが見た目にあるってことも考えると面白かった。
おーじ

おーじの感想・評価

2.0
一つ一つの映像や描写には興味をそそられるのだけど…

3つの物語が特に交わることなくあっちへこっちへ
個人的にはそれがテンポの悪さのようにしか感じずとても見づらいため物語に入り込めなかった…
すっきりしない物語もあったし
どうせ3つしか切り取らないならそれぞれ別で見せてもらった方が…
りえ

りえの感想・評価

3.9
観てはいけないものを観てしまった感じ。個人的には昔観た「タイタス」を少し思い出した。
犬

犬の感想・評価

3.3
原因と結果

「母となること」「若さと美貌」「大人の世界への憧れ」、王国に住むそれぞれの世代の3人の女たちが、自身の欲望を抱いていた
やがて彼女たちの願いはかなえられるが、その結果、彼女たちは運命に翻弄されてしまう

イタリアの鬼才マッテオ・ガローネが、残酷なまでの「女の性(さが)」をテーマに、17世紀にイタリアで書かれた民話集「ペンタメローネ 五日物語」から3つの異なる物語を選り抜き、1編の物語として再構成したダークファンタジー

人間の欲望は果てしない

独特な世界観
衣装やセットは華やかでした

ストーリーは良くもなく悪くもなく
ラストは好き

ノミがスゴい!
綱渡りはハラハラした
りん

りんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

3つの物語が重なりあって、
どれも悲しいけど、どこか女の執念を感じる

バイオレットの話はただの悲劇だったけど…
jujuju

jujujuの感想・評価

4.1
女の本性ですよね。悲しいけど強い。強いけど哀しい。
ちよ

ちよの感想・評価

3.9
残酷なおとぎ話の集合体。ダークファンタジー好きの私には堪らない作品だった。美しいものとグロテスクはセットでなきゃね!そんな思い、要素がゴリゴリ入っている。グリム童話みたいだなと思っていたけど、それより昔のお話が原作なんだってね。ペンタメローネ知らなかった。アンハッピーエンドが正解。
Canape

Canapeの感想・評価

3.4
おとぎ話だけど現代にも通ずるある種のリアリティーと皮肉。400年前も人間の愚かさや女が望むことは変わらない。教訓も不条理もまた然り。グロさも気持ち悪さも狂気に満ちた女の性の前に凄さしか感じない。(でもノミは無理。)お婆ちゃんたちの小細工がもう苦しすぎて。。そしてお相手はこの世界でも破廉恥で傲慢な王様のヴァンサン・カッセル。ブレのなさすごい。特記すべきはジャケットからは想像もできないイタリアの壮大な自然や美しい古城が沢山出てくること。世界観と見事に融合してため息が出る程美しくそれだけで見て良かった!どうしても行きたくて行ったチビタ・ディ・バーニョレージョも一瞬でてきた!世界には美しいところが沢山あるなぁ。
第一話:ドンナフガータ城・アルカンタラ渓谷
第二話:世界遺産デルモンテ城・トスカーナのソヴァーナの洞窟
第三話:ロッカスカレーニャ城・サッセートの森
>|