HiGH&LOW THE RED RAINの作品情報・感想・評価・動画配信

HiGH&LOW THE RED RAIN2016年製作の映画)

上映日:2016年10月08日

製作国:

上映時間:110分

3.3

あらすじ

「HiGH&LOW THE RED RAIN」に投稿された感想・評価

全体的につらすぎるんだけど、最後のアイスのシーン可愛すぎる…😂
木蓮

木蓮の感想・評価

-
私は鬼邪高と達磨一家の女なんで…とこれまで雨宮兄弟にほとんど興味がなかったんだけど一本の煙草を無言で回して吸うシーンでちょっと好きになりました(ちょろい)
ほんとにLDHは血は繋がっていないが強い絆で結ばれた兄弟という設定が大好きなんだなあと思った(プリレジェにも出てくるよね)なんだろう、究極にカッコいいホモソーシャルな関係性としてみなされているのだろうか。

女の描き方が相変わらずジェンダー表象的に0点なのと結局斎藤工をあんまり活かしきれていなかったのでそこはどうなん?となったが、思っていたよりは良かった。ただやはりハイロー本編の圧巻の集団戦アクションが恋しい。
じゅんP

じゅんPの感想・評価

2.6
圧倒的なコレジャナイ感!

映画1作目は、SWORDやMUGENにまつわる背景をドラマシリーズで先に語ってたから、一気に急加速できた訳で。
ほとんど謎だった雨宮兄弟の背景を一から説明し始めちゃうと、もともとテンポ悪くて語り口も不格好だったドラマ部分にバシッと焦点当たっちゃって、補い切れないダメさが露呈する。

せめて他にも色んなチームが出てくればキャラクターの多さで補えたかもしれないけど、そもそも九龍グループって敵としては魅力に欠ける気が…そこに自覚的だからこそ、無理くり担ぎ上げられてたんじゃなかったんすか琥珀さぁん!

いくらヤクザやマフィアが絡もうともこのシリーズに銃撃戦を期待してるわけじゃなくて、銃撃戦やるにしても、「こーいうかっけー画を見せたい!」みたいなハイローらしさがあまり感じられなかった。どうせやるならジョン・ウーくらい振り切ってよ。

地獄甲子園やクロ高の山口監督って理にかなった人選に思えるけど、監督自身は今作で「インパクトあるコメディ映画しか撮れない」ってレッテルを払拭したかったらしく、切ないすれ違い…シリーズ最大の持ち味であるはずのeyecandyに乏しく、ファンムービーの域を出なかった。
顔面偏差値高杉兄弟
aro

aroの感想・評価

5.0
"壁だと思え"

__えっぐ!!!!
MYP

MYPの感想・評価

2.6
斎藤工カッコいいなー。
壁だと思えのシーン良かった。

このシリーズは現実離れした別世界の話と思えば、どれもこれも楽しめるなーと思った。
ただ今回は鬼邪高出てこないからイマイチ。
雨宮兄弟の話だとは知らずに視聴。
ちょっと感動しちゃったけど。
もっと派手なシーンが観たいから、やっぱイマイチ。
一番中身あった。
Seven

Sevenの感想・評価

-
メインの3人がガッツリアクションやる方ではないからか、アクションシーンは他の作品に比べて少なめ。
似たような構成の感傷的なシーンが割と長く多用されるので、キャラに思い入れがないのでダレた。斎藤工パワーで持っていたところが多々ある気がする。
それでもやっぱり長かったかなぁ。
tetsupeeee

tetsupeeeeの感想・評価

3.0
斎藤工がLDHに紛れて出てるんだけど明らかに顔面の系統が違くて最高にかっこいい。
雨宮弟2人はゴリゴリレザー(チープなフェイクレザーじゃないところがLDHっぽい)なのに、斎藤工はドレープきいてる布面積広めの衣装でちゃんとカッコいい。
結果何だったのかわからないけどそれもぽくてすき。
>|