新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(2館)

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

あらすじ

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

誰かのために生きることは、その誰かの中で生き続けること。キャストもみんな魅力的で、特に娘役のキム・スアンの歌声にやられます。超オススメ!それにしても、邦題が。。
宗登

宗登の感想・評価

3.7
次は誰が感染するのか、どこからゾンビが現れるのかハラハラドキドキしながら観れて楽しかった。でも、ただのパニックムービーじゃなくてそこに親子愛や人間の醜さなど社会的な部分もあってその部分も含めて面白かった。
miipo

miipoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

記録
バス会社のおじさんに終始イライラ
最初から最後までハラハラドキドキ
こういうときに人って本性が出るんだろうなぁ
N

Nの感想・評価

4.0
何でこんなダサい邦題つけたの…?
迷惑おじさん、最期まで迷惑だった。
k

kの感想・評価

3.6
新幹線の車内でのゾンビものかぁ
なるほど新しい。
人間ドラマもわかりやすく描かれてるし、歌の伏線等とても良くできた脚本で面白かった。

各々の自己犠牲には心打たれたけど、
あの人居なかったらもっと助かったのになぁ笑

ほんとのリアルってこう言う時どうなるのかね。
ymd

ymdの感想・評価

4.6
邦画ゾンビ映画の最高傑作だと鼻息を荒くした『アイアムアヒーロー』にも負けず劣らず、韓国ゾンビのクオリティにも驚愕した傑作エンタメ。

ハリウッド産のゾンビ映画が多様化と同時にマンネリ化を進める中、アジア各国でこれほど王道かつ新鮮な作品を出していること自体が驚きだし、ゾンビモノの懐の深さ・テーマとしての面白さをひしひしと感じるのである。

高速列車内というシチュエーションに限定したことでロケーションの規模感を抑えつつも、密室ならではのスリルと展開の読めない組み立ての巧みさによって視覚的な物足りなさを感じさせないバランスのとり方が本当に見事。

ゾンビの造形はオーソドックスではあるものの、見えるものだけに反応する(暗闇ではおとなしくなる)独自の設定や、異様なほどの圧倒的な疾走感、ミルフィーユ状に積み重なるヴィジュアルの強さなどは目新しくてとても楽しいし、ゾンビというジャンル映画を心から愛した映画人たちが生き生きと作っていることが手に取るようで非常に暖かな気持ちになる。

ジャンルモノとしての機能性は言わずもがな素晴らしいのだけど、同時に渦中の登場人物たちの背景・キャラクター性というものにも丁寧に踏み込んでいるので人間ドラマとしても成立している。

パンデミック映画・ホラー映画には「結局人間が一番醜いし怖い」というメッセージ性はもはや常套的ではあるが、今作もキッチリそこを抑えつつも、純粋悪というよりも、「人は畢竟、皆卑小であることは仕方ない」という目線まで落とし込んでいるのであらゆるキャラクターたちに感情移入こそしないにせよ共感性を持たせることに成功している。

きめ細かい伏線を配置したシークエンスも見事で、ラストの歌の使い方のあざとさは小賢しさを軽く飛び越えてまんまと涙腺に直撃。ゾンビ映画で流されるとは思わなかった。とんだ誤算である。

このジャンルに不可欠なゴア描写がかなり甘いのが個人的にはやや不満が残るものの、それを差し引いてもめちゃくちゃ面白いアトラクションムービー。続編も楽しみ。
セナン

セナンの感想・評価

3.0
普通に面白かった。
最後は感動系に持っていきたいのねえ〜って感じ。
自分がもしこんな状況になったら本当にどうしようと思った。
コロナもこうやって全員かかっちゃうのかもと思ったら怖い。
でもこんな状況でも他人を気遣ったり、守ったりできるのって本当に素晴らしいなと思った。
>|