新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

4.1

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

2017年9月6日水曜日 字幕版
ユナイテッドシネマ豊洲
bokusayuri

bokusayuriの感想・評価

4.1
最後までハラハラのホラーヒューマン✌︎
ゾンビの演技◎◎◎


新宿ピカデリー Fより前の方がよし◎
「ゾンビ映画とはこうあれ」というお馴染みの展開がいくつも。思ってたよりもグロ描写が少なく初心者向けでもあった。
韓国の高速鉄道KTXの車内という限られた環境の中、どうやってストーリーを展開するのか気になっていたがこれがまためちゃくちゃ面白い。新感染版ゾンビの設定も上手く活きていた。
最後の家族愛で泣かせる展開ではボロボロ泣いた。家族っていいなあとゾンビ映画で学ぶ。
Yuka

Yukaの感想・評価

3.9
帰り道なんばを歩く人間みんな感染者に見えた。
良かった。泣いた。
ただ、引っかかった点も多々あり。
オチはあんまり、、
期待のはるか上を行ってて衝撃を受けた。ファーストカットから鹿のゾンビ化の流れでいきなりやられて、その後の展開とかプロットとか凄すぎ。身体表現としても斬新! ヨン・サンホ監督、今後の活躍が超楽しみ!!
あぁ…いいな…
おいらこんなパパァが欲しいや。


『実は結構前に観てた』シリーズ第2弾。


たとえ家族に割く時間が短くて、子どものことをあまりわかってなくても、こんなパパァだったら一生一緒にいてくれやです。


韓国映画は初めてでしたが、めちゃくちゃ良かった。

真面目なゾンビものを観たのも久しぶりでしたし、その中でもトップレベルに素晴らしい作品でした。
ゾンビ映画でここまで感動したのは初めてかも…(。•́ωก̀。)


また、基本的に駅から出ず、電車内、ホーム、線路という限られたスペースだけで話が進んでいくのも面白い。

「電車内ゾンビ」という、ミラジョヴォヴィッチぐらいしか対処できなさそうなシュチュエーション。
そこになんの戦闘力もないクソ真面目な一般人が置かれるという…どう考えても不利な状況でなんとか生き延びようとする彼らの姿から目が離せないし、手に汗握りました。


アクションはありますがあくまでドラマ重視。
そもそもこの映画にゾンビを殺すという概念がほぼない気がする…w

脳破壊で活動停止というゾンビ映画のお約束はこの映画にも通用するのかな?w


しかしゾンビ映画ならではの人間ドラマはほんとによくできてる。
腐敗した世界でやっと見え始める人間の本性。
誰もが我先にと逃げる中、他人を助ける者、犠牲にするものが現れる…

正義とクズ。

ゾンビものには付き物ですが、この映画はあからさまにきっちり分かれていて、気持ちいいぐらいに悪を恨めたし正義に惚れました。


愛する人を思う気持ちが起こさせる感動的な展開がいくつもあって、それが一つ一つ上手。
そうやって感情が高まった末にあのラストはもう鳥肌でした…(TT)


人への愛情って力強くて美しい…!
りんこ

りんこの感想・評価

4.0
ゾンビパニック
噛まれて感染するとゾンビになっちゃう。
パニックの中から湧き出てくる人と人との信頼感、絆、愛情、あと下劣さも。
途中、気づいたら集中しすぎてて口開いてた。
そして、泣けた。
城戸

城戸の感想・評価

4.8
爆上げしたハードルを爆越えしてきた
後半のジジイ任せな脚本だけはどうかと思うぜ
numa

numaの感想・評価

4.5
韓国映画舐めてた
>|