新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

4.1

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

2017年9月6日水曜日 字幕版
ユナイテッドシネマ豊洲
maya

mayaの感想・評価

4.2
映画館
邦題が最悪(ダジャレ)だと思ってたら、ポスタービジュアル(WWZのパクリ)も最悪だった。広報スタッフどんだけ嫌韓なんだ…
※日本での広報と本作は全く関係ありません。アメリカ版ポスターとかかっこいいです。

と、いうわけで、韓国ゾンビモノ、列車内ゾンビモノ、号泣ゾンビモノという、「もうゾンビ映画なんてみんな同じでしょー 観るけど(笑)」そんな惰性のゾンビ映画界をピッカピッカのブランニューな要素で命を吹き込んだ(凄く変な表現(笑))ゾンビ映画でした。

運行中の高速鉄道の車内という超閉鎖空間でのサバイバル劇はそれだけでも面白いのですが、主体はゾンビではなく、乗客の人間関係です。協力と自己中心と子供や女性を守る難しさ、そして犠牲。役者さん達も素晴らしいです。

時折入ってくる音や短い映像での外の世界が、尚更絶望感を煽ります。

そして、なんと言っても、私的ゾンビ映画体験のなかでも、圧倒的と言い切れるほど、本当に号泣しました。これから観る方はティッシュ一箱またはタオルをご用意ください。

本作は脚本の素晴らしさから、完全に新しいゾンビ世界を構築しています。恐らくやろうと思えばいくらでもスピンオフなり続編なり作れると思いますし、私も観たいと思っています。
もしかしたら、今後いろんな交通機関でゾンビが発生するかも。
[[新感染]]

一言で言うとこれは感動映画!
もともとゾンビ映画が好きな自分、
予告編も見たことがありかなり興味のあった映画
だったんですが、観たらものすごく感動する映画でした!
ゾンビパニックとして観てもいいが、
急な展開が次々の起きて最後まで飽きさせない
この映画韓国の映画なので日本との風景が激似のためどこかしら親近感のある風景かもしれないから余計怖い。
でも最後の最後で感動させてくれるので、
ただ怖いだけの映画ではない!
少しグロいが、勇気を振り絞って苦手でも観て欲しい💓
Kevin

Kevinの感想・評価

4.0
ホラーは苦手だけど、これは観た方が良いと知り合いにすごい勧められ少しビビりながらの映画鑑賞。

ホラーはホラーでも、ゾンビ映画。

たしかに要所要所の驚きや衝撃はすごい。でも、物語の展開が早く、そして感動的な場面も多いから五感を激しく揺さぶられるかんじ。

人間って素敵だとも
人間って怖いとも

そういういろいろなことを考えさせられる内容で、一言でゾンビ映画ホラー映画と片付けられるものではない。
taka

takaの感想・評価

3.9
韓国映画初鑑賞。
王道なゾンビ映画だけど、最後はとても悲しかった。コン・ユの最後の表情は流石。

しかし邦題がダサすぎる。ありえない。
KZ

KZの感想・評価

3.7
ストーリーは王道だけど設定とシーンの演出が見事!キャラを深堀せずにその場だけでどういう奴かを上手く表現できてる。しかしおっさん良い人すぎる…
オチの繋げ方までなるほど!と納得

2017 035
yucurry

yucurryの感想・評価

3.0
韓流好きのお母さんの付き合いで映画館にて鑑賞。最初はイケメン俳優がでてるお涙頂戴映画かと思ってたけど、ストーリーはまぁまぁ見応えがある!ただゾンビ人間にはやや笑ってしまう。。
kunico

kunicoの感想・評価

3.2
想像していたゾンビ映画と180度違う、(御涙頂戴人間ドラマ万歳韓国製)ゾンビ映画だった。

得体の知れないものに襲われる時、そこに愛だの絆だの泣くほどまでに必要としていない私としては、ちんたらしてんなよ!って展開多々ありにけり。

ただ、コン・ユには惚れたし、何だかハワイにも行きたくなった。
Sayo

Sayoの感想・評価

-
ホラー苦手なんだけどあまりに評判が良いし、コン・ユが観たくて鑑賞。
結論としては1番怖いのは人間の欲っていうこの手のホラーやパニック映画にはありがちな結論なんだけど、それ以上の感動があるふしぎなパニックホラー。
韓国映画苦手な人にこそ観てほしいかも。
>|