新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

4.1

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

ゾンビ映画

物語の深みがない
tb

tbの感想・評価

3.5
2017/11/20
ぼろ泣きした
Tokiko

Tokikoの感想・評価

4.5
コン・ユ演技上手すぎ
ただ吹き替えの劇場が多くて、なかなか見に行けなかった
にはち

にはちの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビというかこわいもの、びっくりさせられることが苦手なのですがやったら評判がよかったので観てきました。

面白かったです!

新幹線(や列車)という動く密室で感染するという絶望感と、限られた場所を最大限活用するギミックに創意工夫が溢れていてもう最高。

テープを腕にグルグル巻きにして噛まれてもヘーキヘーキと言わんばかりのガバガバ戦闘方法もスクリーン越しに見るとあら不思議、なんとも頼もしい。(のちにうまいことテープを巻かれてないところを噛まれるのだけどそれはまた別の話)

とにかくマッスルがいいキャラでいいひとで、マッスルがんばれ!がんばれ!と。大好きだったし、彼を見捨てざるを得ないところで初めて主人公が言う「すまない」に少しホロリ。

未感染者と感染者の対決から未感染者同士での対立という流れもお約束ながら、魅力的なクソ野郎のおかげで本当に楽しかった。
アイツがちゃんと死んでくれてよかったです。

仕事第一・家庭を顧みず手段を選ばない主人公と、そんな父親でもそれでも愛する娘の親子愛というのもよかった。よかったんですけど、お前が最初からちゃんとしてれば「こんなこと」になってなかったかもしれないのに。とかね、少し思っちゃいました。
いや、ちょこっと泣いたのも本当で。

お話に関してはなんとなーく雰囲気で感動させられてる気もしなくは無かったけど、実際感動しちゃったし、とにかく映像の力強さ、熱量が最高でしたし、ゾンビ映画って面白いんだ。というのは自分の中で大発見でした。
ragii

ragiiの感想・評価

4.1
ヤバイ!面白いって噂は聞いてたけど、コイツはスゴイ!!! 昨年公開のアイアムアヒーローも日本で作ったにしてはってゆうのがつかなくても、世界のゾンビ映画史と比較しても遜色ない傑作でしたが、今回の新感染もスゴイ!! 1本道を進む特急列車内とその周辺のみの限られたシュチュエーションにも関わらずあの手のこの手が用意されていて、かつコトが起こってからの疾走感がスゴくて、最後まで持つのか?っても思っていたのに最後までそのテンションが落ちることなく緊張と緩和を繰り返し突っ切っていきます!

ゾンビ造形と演技も素晴らしくて不気味な動きがたまらない!

それに反して意外とグロ描写が少ないので初心者でもとっつきやすいかも。

もちろん、ゾンビ映画でよく描かれる、本当は人間の方が怖いってゆう要素も極限状態に陥った人々の人間ドラマも見事の一言!
思わず2〜3度ほど感涙してしまいました。

ゾンビ映画としてでなくトータルで考えても完成度が異常に高い作品です。
新幹線の舞台設定が余すことなく活きていて、アイディア次第でこんなゾンビ映画が作れるのか!と目から鱗。

物語が進むにつれて濃くなっていくヒューマンドラマも泣けて、二時間があっという間だった。

あと、豪腕のおっちゃんが本当格好いい。
chloholic

chloholicの感想・評価

4.8
ゾンビ映画に惹かれるのは、ゾンビが怖いだとかグロテスクだからなのではなく、極限状態下での人間たちの愛情や友情が非常に魅力的だからだと再実感した一作。2017年に観た映画の中で暫定1位。
kaorui

kaoruiの感想・評価

2.5
アイデア満載で勢いもあって、人間もしっかり描いているはずだけど、肝心要の映像が弱い。網棚のシーンはどうしようもなく弛緩する。音出したら一巻の終わり感が感じられないカメラ位置のまずさ。
ゾンビが真下にいる中をそろそろ進んでいるとは思えないくらい弛緩する。
トンネルの中の残り時間の感覚も映像表現して欲しかった。
炎に包まれ駆け込む列車に絶望が無い。
スピルバーグの宇宙戦争と比べちゃあかんねんけど。
映画って奥が深いんだなーと逆に思った。
体調が悪かったかな、
この作品が大好きな皆さんごめんなさい🙏
>|