新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

4.8
泣けた(T_T)ゾンビ映画ベスト3に入る映画やなぁ自分的には!驚いたし、ビックらコキの助六。ゾンビにはヤッパリ野球のベースボールバットがかなり攻撃力が高いんやと再確認した。『ウォーキング・デッド』の恐るべき敵のニーガンが武器として使用しとるのもベースボールバット愛称「ルシール」やし、それをを見れば一目瞭然!彼のバットには攻撃力を上げっために、バットに有刺鉄線をグルグル巻いており、無敵「ルシール」と呼ばれ、密かにレプリカが売られる位の隠れアイテム。話は逸れたが、この映画かなりの大傑作すね! ただ、韓国初?のゾンビ映画に「新感染 ファイナル・エクスプレス」ってないんちゃう?駄洒落やで!原題부산행、(和訳; 釜山行き)英題:Train to Busanと知って、どうも映画を見終わって考えたら悲しくなる。新幹線と新感染でシャレが効いてるんかもかもしれんけど。クソ駄洒落好きは日本らしいクソ邦題。ストーリーはホントピカピカのピカイチすね!ゾンビ映画はかなり観てきたけど、何よりもゾンビがイカれて、怒れきっとるようやし、余計に怖い!韓流好きなは当然のことながら、韓国嫌いの人でもビビったり泣けたり楽しめるとおもいます。ゾンビ映画だけに捕らわれず、色んな意味で味があり名作かな。ゾンビ物が好きな人それじゃない人も、メチャクチャ楽しめる、そして哲学的問題を観た人に突き付けてくる映画やね。今売れに熟れてる熟れうれなゾンビ物ちゅえば何度も推してる『ウォーキング・デッド』なんやけど、この『新感染』を、な・な・なんと!あのホラーからファンタジーそして泣ける小説を書き続ける巨匠スティーブン・キングに、この映画を「『ウォーキング・デッド』を超える」と言わしめたゾンビ映画らしい!ホラーに留まってへんし、極めて強い「社会問題」を反映してる。そもそもゾンビ物は、他のビビらす映画以上に『社会問題』を関心を呼び起こさざる得ない。何故ならば、襲ってきよんのが「人間」やからや。さっきまで、親や兄弟、はたまた恋しいこいしい恋人やったり、好き♥嫌い💔の友だちやったりが、一変し、殺気だって襲い掛かっきよる。これは他のホラー物の異なる性質の存在へのビビりとは(駄洒落じゃないが)それこそ異質なモンちゃうかな。ゾンビ系の物語の真の敵は、実際(ゾンビ自体架空だし、実際はへんやけど)ゾンビちがったりする。ゾンビか出現するに至る原因の多くが銭、銭、銭、また、銭よ~♪の製薬会社や軍やったりするわけで。ゾンビは被害者ととれなくもない。ホンでもってビビんのはゾンビやけど、芯から怖いと思うんはゾンビちがったりする。この映画ににおいて、韓国人の同胞たちが簡単に仲間を裏切り殺してく姿を観りゃ一目瞭然、ゾンビより人の方を恐れちゃう。こないなゾンビ系の性質を鑑みるとこの映画はその辺にあるホラー映画じゃなく、社会の歪(いびつ)さを啓示した社会派っても云えるんちゃうかな。『ナイトオブザリビングデッド』の現代版っていっても決して過言ちゃうやろし、せやからこそアメリカでのリメイクも決定したんと思う。ゾンビ系初の走る津波系ゾンビをトクとして観てほしいかな。戦争を暗喩しただけあり、実際の戦争のように市民は軍隊なんてアテにならない絶望感 ・乗り物パニックに家族ドラマの融合 ・とても泣けるし、加えてゾンビ系なのがほれますわ!・マ・ドンソクがブタなのに男前すぎて男やのに惚れたかなぁ。今回は小難しい哲学的思惟はあまりせず手に汗握ってみたなぁ。
Bond

Bondの感想・評価

4.5
ただのゾンビ映画かと思ったら、感動した、、、
りょん

りょんの感想・評価

3.6
フィルマークスでの評価が高いから、すごい期待して観ちゃったんだけど、どうしよう別に星4つける程ではないな、、、
なんでこんなに評価高いんだろう?
よくあるごくごく普通のお涙頂戴もののゾンビ映画やん。
それとも、期待ゼロでいった人の母数が多かったからこその星4か??
ogya

ogyaの感想・評価

4.6
ラストが衝撃、ほんとに感動。
韓国映画なんて最後に観たのは恐らく何年前かのアジョシ以来でよくタイムラインに流れてくるんですよこの作品。

フォロワー様がまた大船に乗った気持ちで観てくださいと言わんばかりの高スコアですが韓国映画のレンタル料も渋る偏見腰抜け野郎ですよ私は。

ですのでWOWOWで録画出来たのでトレインミッションからの電車続きもありB級映画も悪くないかの姿勢で観ました。

泣きましたね。2回泣きました。
王道まっしぐらのベタベタでしたがまずカメラを止めるなを除いて銃社会じゃないのが個人的に新鮮でゾンビに大沢たかお似の主人公と一般人が肉弾戦に挑むわけです。

多分高校生の野球部員が出てきますが感染した高校球児を大切なバットで殴るか殴らないかの決断を迫られる仲間、やめなさいよと、でもやらないと君がと、
ボールを打つはずが仲間を打つなんて胸が苦しいです。

私は基本映画で人が死んでも泣きませんがヒーローでもなんでもいいです。困っている人を助ける構図に涙ちょちょぎれるんですね。
今回は生存者を生かす生存者これにめっぽう弱いんですよ。

ちなみにバス会社のお偉いさんの自分勝手な言動もリスクを減らすという意味では合理的で心の声を代弁してくれるキャラなのですがこの役割が駅員ではなく中年太りのお偉いさんなとこが映画ですね。

小山薫堂さんが暗くなるとゾンビは人を認識しずらくなるんだったらトンネルに入った瞬間電車のスピード遅くすればいいのには面食らいました。ほんまやと。

偶然ですがアジョシ以来にみたこの韓国映画もアジョシでした。
jojo

jojoの感想・評価

3.6
期待以上だった。
ゾンビ映画のツボ的なところはガンガンあって好きだったけど、どことなくワールドウォーZに似てる。
おデブのあんちゃんがすこ。
Filmo

Filmoの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

たくましい男性が、女性、子供、お年寄りを全力で守る映画。
このご時世、女が強くならなければ!
という今の時代に、中々チョイスできなかった作品でした。
少し新鮮な気持ちで見ることができて、純粋にお父さんやお兄さん達をカッコイイと思ってしまいました。

評判が良く期待し過ぎた点は
ゾンビ映画としては、うーん…
列車のスピード感やCGはどうしても気になりました。
最後の列車から身を投げるシーンが生々しい自殺のようで悲しかったです。

俳優さんは素敵でした!
ここまで泣かされるとは思わなかった。
意外と良かった⭐️
>|