新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

kuu

kuuの感想・評価

4.8
泣けた(T_T)ゾンビ映画ベスト3に入る映画やなぁ自分的には!驚いたし、ビックらコキの助六。ゾンビにはヤッパリ野球のベースボールバットがかなり攻撃力が高いんやと再確認した。『ウォーキング・デッド』の恐るべき敵のニーガンが武器として使用しとるのもベースボールバット愛称「ルシール」やし、それをを見れば一目瞭然!彼のバットには攻撃力を上げっために、バットに有刺鉄線をグルグル巻いており、無敵「ルシール」と呼ばれ、密かにレプリカが売られる位の隠れアイテム。話は逸れたが、この映画かなりの大傑作すね! ただ、韓国初?のゾンビ映画に「新感染 ファイナル・エクスプレス」ってないんちゃう?駄洒落やで!原題부산행、(和訳; 釜山行き)英題:Train to Busanと知って、どうも映画を見終わって考えたら悲しくなる。新幹線と新感染でシャレが効いてるんかもかもしれんけど。クソ駄洒落好きは日本らしいクソ邦題。ストーリーはホントピカピカのピカイチすね!ゾンビ映画はかなり観てきたけど、何よりもゾンビがイカれて、怒れきっとるようやし、余計に怖い!韓流好きなは当然のことながら、韓国嫌いの人でもビビったり泣けたり楽しめるとおもいます。ゾンビ映画だけに捕らわれず、色んな意味で味があり名作かな。ゾンビ物が好きな人それじゃない人も、メチャクチャ楽しめる、そして哲学的問題を観た人に突き付けてくる映画やね。今売れに熟れてる熟れうれなゾンビ物ちゅえば何度も推してる『ウォーキング・デッド』なんやけど、この『新感染』を、な・な・なんと!あのホラーからファンタジーそして泣ける小説を書き続ける巨匠スティーブン・キングに、この映画を「『ウォーキング・デッド』を超える」と言わしめたゾンビ映画らしい!ホラーに留まってへんし、極めて強い「社会問題」を反映してる。そもそもゾンビ物は、他のビビらす映画以上に『社会問題』を関心を呼び起こさざる得ない。何故ならば、襲ってきよんのが「人間」やからや。さっきまで、親や兄弟、はたまた恋しいこいしい恋人やったり、好き♥嫌い💔の友だちやったりが、一変し、殺気だって襲い掛かっきよる。これは他のホラー物の異なる性質の存在へのビビりとは(駄洒落じゃないが)それこそ異質なモンちゃうかな。ゾンビ系の物語の真の敵は、実際(ゾンビ自体架空だし、実際はへんやけど)ゾンビちがったりする。ゾンビか出現するに至る原因の多くが銭、銭、銭、また、銭よ~♪の製薬会社や軍やったりするわけで。ゾンビは被害者ととれなくもない。ホンでもってビビんのはゾンビやけど、芯から怖いと思うんはゾンビちがったりする。この映画ににおいて、韓国人の同胞たちが簡単に仲間を裏切り殺してく姿を観りゃ一目瞭然、ゾンビより人の方を恐れちゃう。こないなゾンビ系の性質を鑑みるとこの映画はその辺にあるホラー映画じゃなく、社会の歪(いびつ)さを啓示した社会派っても云えるんちゃうかな。『ナイトオブザリビングデッド』の現代版っていっても決して過言ちゃうやろし、せやからこそアメリカでのリメイクも決定したんと思う。ゾンビ系初の走る津波系ゾンビをトクとして観てほしいかな。戦争を暗喩しただけあり、実際の戦争のように市民は軍隊なんてアテにならない絶望感 ・乗り物パニックに家族ドラマの融合 ・とても泣けるし、加えてゾンビ系なのがほれますわ!・マ・ドンソクがブタなのに男前すぎて男やのに惚れたかなぁ。今回は小難しい哲学的思惟はあまりせず手に汗握ってみたなぁ。
ゾンビものだけど、設定として新幹線って確かに高速で動く密室だし、途中で出てくるおっさんはくず。
でも動きがすごい。エキストラのクオリティじゃない。

教えてくれた彼女には感謝っす。
でも時期が悪い。M-1の和牛のネタを思い出しました。
ゆうり

ゆうりの感想・評価

5.0
母がDVDを借りてきたから一緒に観ていたらおもしろすぎて衝撃を受けた。登場人物みんな魅力的で『実際に自分も一緒に逃げていたらどうするだろう』と考えながら観ていた。普段ゾンビ系を観ない人にもぜひみてほしい
tsubame737

tsubame737の感想・評価

3.8
韓国のKTXは技術的には日本の新幹線というより、フランスのTGVに近いという野暮なツッコミはさておき。

ゾンビ映画は社会の鏡と言われるが、本作でも原因がファンドマネージャーだし、性格の悪さを現すのは金持ちたちだし、よその国でも受けそうだよなあ
shin10

shin10の感想・評価

3.5
韓国の映画はほぼ見ませんが、ゾンビ物で面白いと評判だったので観賞。
アジア映画でゾンビ物は残念な印象しかなかったですが、これはなかなか凝っていて面白かったです。
ドンソクさんー!!掌底おじさんが帰ってきた!ってか、俺の観る順番の話なんだけどね?

ドンソクさんの人気の秘密がよくわかりましたよ。ドンソクさん漢なんだよ。なかなか洒落たこと言ったり、軽いユーモアも素敵なんだ。そりゃ美人の嫁さん来るわなあ?なんてね。話はゾンビもの。普通にゾンビもの。それが特急車両の中で起こるもんだから大変!家庭や家族を顧みない男や、高校野球の選手たち。韓国は木製バットなのね?プロ意識が高いのかしらん?はたまた山田太郎なのかしらん?ってなもんでゾンビにならないよう超高速で走る車内で戦いまくります。

いやはやなかなかそこに人間ドラマを織り交ぜながらの秀作。

ゾンビの視界に入らなければセーフだったり、ドア開けられなかったりと色々と気になる部分もあるけどなかなか面白かったね。潜伏期間が短いのはこの映画にとっては正解なんだろね?スピード感が緊張感に繋がってるから。

いやあー!この映画、とどのつまりなんだかんだで、ドンソクさんなんだわー。
nara

naraの感想・評価

3.4
面白かった!
お父さんが大沢たかおにしか見えない
ももも

もももの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

鳥目のゾンビ、途中からおっさん素手なの笑った、おばちゃんドア開放するんかーいって突っ込んだり、途中誕生日切り出すまで子供の誕生日を完全に忘れていたとか、最後まで悪いおっさんは悪いんだなと思った、この内容を90分くらいでサクッとやってほしかった、そんな映画
wwzみたいな感じ。
登場人物が泣きわめくシーンが多くて不快。
>|