新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

熱量!

新感染っていう邦題はバカバカしいけど好きです!
それくらい新幹線してました笑

その名の通り、最初の数分はゆっくりガタンゴトンと展開し、そこからドーンと新幹線ですよ!
(熱量!)

ただゾンビが襲ってくるだけじゃなく、そこにヒューマンドラマを混ぜてくるから面白い
そのヒューマンドラマも熱量!
葉加瀬太郎みたいなおっさんかっこいい!
大沢たかおみたいな主人公の成長とラストも涙腺!
とにかく熱量!新感染!イエイ!
まろん

まろんの感想・評価

3.5
予想できるような事が沢山。
最後は感動した。
お父さんカッコいい!
ひとみ

ひとみの感想・評価

3.5
パパ強し!!
韓国の作品は見るの初めて。
ただのパニックゾンビ映画ではなく、家族愛がテーマという感じ〜感動要素ありあり。
いつのまにか感動ものに。
主人公が大沢たかおにしか見えない
ゾンビパニック感動?ムービー。

うーん……。合わなかったです……( ̄^ ̄)
なんか評価高いから期待しすぎて観たのがダメでしたかね?最近ハードルの調整がイマイチなんだよなぁ。今回は跳ぼうと思ったら首強打みたいな高さでした( ノД`)…。


さて内容ですが、
まず、1番気になっていた点……。

みんなゾンビって言うてーー!!(O゚皿゚O)
なんで、言わないの?どーみてもゾンビじゃん?暴動とか怪物とか言ってるけどゾンビじゃん?見た目動き叫び声ゾンビじゃん?なにそのワード使っちゃダメなの?


…………ゾンビじゃん?……


あと真剣なのかコメディなのかよく分からない部分もありましたね。
わざわざ服脱いでゾンビの群れに突っ込んでの格闘シーンとか笑わせたいのか真面目なのか……(~_~)

B級映画として観ていれば、見ごたえあって楽しめたかもでした😁。うーん、惜しい!

最後に一つだけ!
1番の悪人はスーツデブオヤジではなく、あのばーちゃん!しれっと大量殺人を犯しています!( ゚Д゚)
Kaneyoshi

Kaneyoshiの感想・評価

4.0
高速ゾンビと人間関係の描写が、バランス良く組み立てられてて、面白い作品でした。
泣く。お父さんがイケメン!
新田畳

新田畳の感想・評価

3.7
色々な映画を見ていて、自己犠牲のシーンが出てくる度にいつも身構えてしまう。

そこに至る理由が生きることへの諦念だったり、浄罪への祈りだったり、そういう類の匂いがする場合はなぜだか肯定をしたくない気持ちになるのだ。

自己憐憫は美しくない。
生きようとする者が縋るしかない最後の救いの蜘蛛の糸であるならば、そこには何かしらの意味が生まれるとは思う。

しかし、蜘蛛の糸は死者が美しく死ぬための装飾品ではないように思うのだ。

「赦されるために美しく死ぬ」いう表現には、なんとなく危ないものを感じる。

どんな手段を使っても生き抜こうとしたゲスいおっさんのが、生き方として清々しい部分があるようにさえ思えた。

もちろん、人を貶めることは野蛮で恥ずべき事だし、逆に助ける行為に間違いなんてあるはずもない前提での話だ。

ただそれでも、「当たり前のように共有される美しさ」という物にはゾンビよりもえぐいグロテスクさが紛れ込む時がある様に思えてならないのだ。
lilt

liltの感想・評価

3.1
ゾンビアクションはおまけであって、ゾンビと対峙した人間のドラマが本当の見所。
なるほど、それで評価が高いのか。

Wii2つ、ダメ、絶対。
>|