新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

冒頭の鹿の動きで🦌
只者ではない感

感染者の
動き
すし詰めっぷり
走り

各所に出てくる
イヤな奴感

絶望の中の意思

すばらしい
こす

こすの感想・評価

4.5
夢にゾンビ出てきました
人気のコーナーに置いてあったから、前知識なく見ました。
なるほど、面白かったです。
ノンストップパニックゾンビアクションドラマ。
とにかく、目が離せない展開に、画面に向かって「早く逃げろよ」とか声に出してしまったほど。
隣で本当に事件が起こっているような感覚を味わえます。もうこれは、アトラクションですね。ゾンビうじゃうじゃです。
ドラマとしても見応えがありました。
登場人物があまりにも自己中なのがさらに緊迫感をまし、ゾンビより人間のほうが怖いし、憎たらしい。
一人メチャクチャくずなおっさんがいて、最後までしぶとくて気になりすぎ。これ日本の映画でやると中盤には死んでるな、なんて思いながら見てました。
最後も変な説教臭さがなく、パッと終わったのも良かった。
これは劇場で見たかったです。
アトラクションとしての満足度は90%以上、
お勧めです。

このレビューはネタバレを含みます

アロハ・オエ
Isawich

Isawichの感想・評価

3.7
韓国のゾンビ映画!めちゃ感動した。疑心暗鬼、自己中。人間の闇を感じた。
しずの

しずのの感想・評価

5.0
ゾンビ映画じゃなかった、韓国にしか作れないと思った。よかった。
カモメ

カモメの感想・評価

3.8
韓国制作ゾンビ映画。
韓国映画を見るのはこちらが初めてです。

ゾンビ映画ではあるのですが、話の核心部分は人間ドラマが主体。奥さんのもとへ向かう父と娘が主役ですが、臨月の奥さんと夫、高校生の恋人だったりサブストーリーがちりばめられているのが印象的。
娘ちゃんが健気すぎてかわいいんです。
父親は後半になるにつれ好感度は上がりますが、序盤は家庭を顧みないダメ父……。

あんまりゾンビ映画っぽい面白さや怖さはなかったなぁ~という印象。列車という密室の使い方や、恐怖に駆られた人間たちのパニック具合など、全体的に完成度は高いのですが……、逆に小綺麗にまとまりすぎていて、個人的に『ゾンビ』映画として見るのにはスリルを感じられなかったのが残念。
『アイアムアヒーロー』の高跳びゾンビや、『ワールドウォーZ』のゾンビの壁越えなど、見せ場があって突っ込みどころのある映画の方が好みでした。
追い込まれた人間達がクソ野郎ばっかりという点では『ミスト』の方が近いかもしれません。

韓国映画って噂に聞いていた通り人間描写が上手い。
Maiko

Maikoの感想・評価

-
みんな鈍臭くてめちゃくちゃ苛々した。
やっぱり、バイオハザードとか日本でもアイアムアヒーローとかわりかしクオリティ高かったし、それ観てからのこれはなかなか心躍らせることはできなかった。もっとグロくしてほしかったし、ゾンビの特性も複雑なものにしないと、、となった。
でも、でもでも、「アッパ〜〜カジマ〜〜!!」のとこは大号泣しました。
mikikiyomu

mikikiyomuの感想・評価

4.0
これは期待通りの作品でした。
ところどころCGが粗い部分もありましたが、映画自体が面白いからでしょう。全然気にならなかった。
主役のお父さんが途中から30代になった羽生結弦君に見えた。
各キャラの個性がはっきりしてたのがよかった。
電車内でゾンビ感染が拡大してっていう想像できるストーリーですけど、上手く撮ってあると思います。
キャラ設定振り返って、どこの国にもこういう人いるんだなって。アメリカでも日本でも。
最後はグッときました。
贅沢なこと言えば、もう少し付加要素があればまた観たい作品になりえたと思います。
やっぱ面白いとまた観たいの間には壁があるもので。
この作品は面白い作品でした。
Riiisa

Riiisaの感想・評価

4.6
ただのゾンビ映画だと思ってナメてかかってたけど、蓋を開けてみたら最後には大号泣。子役の子の아빠, 가지마! ってとこほんとにやばかった。みんな演技上手いし、人間の欲深さと汚さが垣間見えたり、愛する人を守り抜きたいたいっていう強い心が見えたり、ゾンビ映画っていうよりは人間の素の姿を現してる映画だと思った。おススメ!
>|