新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

冒頭の鹿の動きで🦌
只者ではない感

感染者の
動き
すし詰めっぷり
走り

各所に出てくる
イヤな奴感

絶望の中の意思

すばらしい
自分で勝手にやってる
面白いのに邦題ダサくて損してるだろ映画第90弾。

2日連続ダサ損!?どーしたるんこは!?
だってメモリアルだもん!邦題ダサ損シリーズ。

今回はこれ。



「新感染 ファイナル・エクスプレス」



親父ギャグここに極まる!!


(邦題決定会議にて)
「新幹線のゾンビものか…どうしようか…
あっ!新感染とか!?ナンチャツテ!」

「ちょwおまw天才やんけーwじゃ終末感出すため
ファイルエクスプレスとかもつけようや?w」

「それサイコーー!ゲラゲラww」

…もしそうなら会議に殴り込むぞ( *`ω´)


そしてジャケが新と感染をちょっと開けてるのが
またダサい…_(:3 」∠)_


大体劇場の窓口で…
「すいません!15時の新感染ファイナルエクスプレス、大人一枚お願いします。(真顔)」

コレは最早罰ゲームwww

実際の本日最終便の新幹線の予約でも
そんなん言いきらんわw


とゆーことでhorahukiさんを筆頭に色んな方から
推薦されていた今作をメモリアルで!
ハリウッドリメイクと続編も決まっとるみたいね☆



ストーリー
ソウルに住むソグは妻と別居中で
ひとり娘のスアンと暮らしている。
スアンの誕生日にプサンにいる母親に
会わせるためにプサンまで送り届けようとする。
高速鉄道KTXに乗車したソグとスアンだったが
直前に周辺で不審な騒ぎが起こっていた…



ぬっはーーー!
息つく暇もなく色んな感情が私の心の中で
新幹線のように猛スピードで駆け巡るーーー


そしてゾンビたちも猛スピードで駆け巡るーーw

感染スピードまで早いのなんのって
あんなん逃げきれる気がしないわ(^^;;


そんで序盤からの不穏な空気の漂わせ方も
上手かったな〜( ´∀`)
徐々に侵食されていく感じの魅せ方が
期待値を否が応でもアゲてくれます☆


事態が起こってからは新幹線と駅という
限定された場所を使いながらハラハラドキドキ…

普通は世界中でのパンデミックを見せたりして
どんどん絶望感誘うもんね(゚∀゚)

それを逆手にとり
限定された場所での演出が抜群に効いてる。

また途中の外での事態の広がりの
想像のさせ方もまた巧い。


確かにそんなゾンビ映画なのですが
それだけじゃなかと!

これは色んな愛と絆が詰まった
"人間讃歌"でもありました。


いや〜やられた。
まさかゾンビ映画でこんなに泣けるとは…
同じく娘がいる身としては反則だわ…( ;∀;)

あんな状況になって
ようやく向き合えたのでしょう!
そりゃ何を犠牲にしても守るよね。


そして逃げ惑う中で出会う人々。

これがまた、如何にもいますよ!
みたいなキャラと性格で
それがバランスよく配置されているもんだから
きっと誰かに感情移入すること必至!!

とりあえずあのジジイは
「ミスト」のババア並みの不快指数で
鑑賞した皆に嫌われることでしょうww

屈強なオッさんは当然としても
個人的にはあの気弱そうな運転手が
なぜかなんか好感度高かったなぁ…



いやーゾンビ映画というジャンルでは片付けられない、ドラマがたくさん詰まった作品。

しっかりとエンターテイメントとして仕上がってて
まるで旅の帰りの新幹線のような満足感。
↑きっと上手いこと言ったぞ俺w


欧米ゾンビ映画は見飽きた貴方に
おススメの邦題ダサ損作品です(๑˃̵ᴗ˂̵)♫


よーし100まであと10!頑張るぞー☆
今まで ゾンビがらみのパニック映画をそれなりに観てきたけれど、これが1番‼️家で観てよかった😅何度もソワソワドキドキして 立ち上がったり 声が出てしまったりした😅
ただ たんにパニック物ではなくて、キャラクター各々に性格や背景が丁寧に表されていて よかった😁
仕事漬けのお父さんは これをきっかけに 気持ちもきちんとお父さんになっていく。人間としても成長した😅娘に指摘されたのは痛い(>_<)いい娘に育って……👍
Saku

Sakuの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

スリル展開のテンポのよさはさすが評価されてる映画だなと思った。
主人公と一部のキャラクターにめちゃくちゃイライラしながらもハラハラさせてもらった。
感染者の動きの速さと新幹線の中という密室空間が相まって”恐さ”が加速していた。
中盤でおじさんが父親は犠牲になる〜と言っていたけど、そのおじさんも主人公も言葉どおりになってしまいなんだかな、、、となった。
人間のクズさが各所で露わになるんだけど、9号車から15号車あたりまで移動してきた時なかなか入れてくれなかったやつらが直後に襲われるシーンはスカッとポイント入れてくれるね〜と思ったけど、いっちゃんうざいおっさんが生き延びていて消化不良。
最後例の歌を歌ったことが生還につながったのがいい演出ですね。

感染者がちょいちょい山積みになるCGはアイアムアヒーローのそれと似てて思い出した
ポチ

ポチの感想・評価

4.0
単純におもしろい!
楽に観れる!内容もアクションも特殊メイクもCGもセンスよい。・:+°
韓国映画は日本に輸入されるまでに至ればはずれはないですよね。
されるかと、されるまでの過程がなかなか大変なのですが…
韓国題が「釜山行」、、邦題は良くないですね^^;
韓国映画はいろんな映画からのインスパイアされているのと独特のカラー、美がとても見る側目線で良いですよね。
もっと韓国映画観たい!韓国映画は生々しい生活感に少し「ウッ...」となりがちなのですが、今回は無かった。ドラマの「トッケビ」を観ようとしているので、先に主演さんが観られてよかった。
反日、反韓問題、、映画の純粋な評価などで無くなってほしいですね。
高速ゾンビはこわい!ずっとトイレか荷物置きに居たらダメなのだろうか?
せめて老人や子どもは...と思ってごめんなさい。
女の子がゾンビでは泣かないのにそこで泣くのか...には、とてもセンスを感じました。・:+°所々にメッセージが散りばめてあります。
屋根部屋のプリンスの子が出てて嬉しい!

ひとつ疑問なのが、
釜山→ソウルではなくソウル→釜山
なのはなぜなのだろう?

調べたら、「あぁ^^;」
やはり単純では無いのですね。
釜山→ソウルにしたら違和感無いのですが、メッセージがあるのであればですね。
架空都市にして、ワールドワイドにしても良いかもしれないですね。
naokit

naokitの感想・評価

3.8
マ・ドンソクかっけ〜!ゾンビをボコボコにしてましたよ。握りこぶしがデカく見えたのです。

“FLU”でも思いましたが、韓国映画のチカラ技大規模撮影はスゴイですね。CGも含めてハリウッド規模なのでは…

ストーリーもしっかりしてて、グイグイ進む飽きさせないシーンの連続です。“やはり、人間って恐ろしい”的な描き方も上手いのですが…出来ればあの極悪おじさんはもっとケチョンケチョンにエグい死に方して欲しかったですな。

それにしても、娘スアンの歌“アロハ・オエ”って…グッと来るよな来ないような。いや、来ました^_^;
もうやばいよ。気づいたら終わってるよ。
横スクロールのファイナルファイトみたいな感覚もあるし、本当によかった。

何よりもこのタイトルで電車の話でダジャレかよと思ってたことが申し訳ない。

いろんなもののパクリだと思うけどいい感じに詰め込んでるから今まで積み上げたゾンビ関係の話全てに感謝を勝手に捧げながらゲオにDVD返却しました。捧げすぎて1日延滞したけど、、
みー

みーの感想・評価

4.0
アジョシ以来の約8年ぶりの韓国映画

皆さんが面白いとオススメしていたので気になって観てみました♪

新 感染=新幹線

あーなるほど…とスルーしてましたが…いやいや、コレ面白すぎるでしょw

列車の中ゾンビに追い詰められていく緊迫感と人間ドラマが絶妙に面白いです♪

いや〜パパ、カッコイイ(∩∀`*)

どんどん好きになってしまった♡

あ、大沢たかお似のパパではなくマッチョパパの方です

グロいシーンが無いのでゾンビ苦手な方も観れると思います。

冷めていた韓流ブームが自分の中でまた始まりそうな予感のする作品でした♪
Kana

Kanaの感想・評価

-
泣けるパニックムービー

娘ちゃんが生まれた時を
思い返して微笑むパパさん
最高に良い





シムウンギョン の名前がある?
と思って役柄調べてみたら
あらまー!
全く気づかなかったわ
むちこ

むちこの感想・評価

3.7
たまたまCSでやってたので、ゾンビ大好き侍として視聴しました。

結論から言うとめちゃくちゃ面白かったです。韓国映画はあまり見たことがなかったのですが良かった。ゾンビものとしても良かった。

個人的にゾンビ映画って、製作者のゾンビに対するイメージがすごく反映されるから多種多様なタイプのゾンビを見れるので好きなんですけど、この新感染に対しては機動力抜群タイプでしたねw

すっげぇ足早いwwウォーキングデッドみたいなワアワアって感じではなくてヴォォォォォォオオオオオ!!!!みたいな勢いがある。もうほんと機動力抜群おばけみたいな。

そんなゾンビと列車に閉じ込められたー!!みたいなスリル映画です。

ただスリルがあるだけじゃなくて、人間の胸糞悪い本性だとか集団心理だとか親子愛だとかもう色々詰まっててラストは泣いた。私は泣いた。

でもある意味、抗体があった!とかなんやかんやで助かった!みたいな展開じゃなくてほんと良かったと私は思う。

あの胸糞おじさんはほんとゾンビ化だけでは飽き足らない位の怒りを覚えたけど、あのムキムキ奥さんラブおっちゃんはほんといい奴過ぎる…。悲しい。

是非見よう。
>|