新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

スピーディー感が凄い ゾンビ映画。
トッケビでファンになったコン・ユ とイカツイ デブ !マ・ドンソクでるだけでも面白い。マ・ドンソク 肉弾戦シーンはいつも凄い。 人をぶん投げるとよく 天井にあたるのが最高
Hana

Hanaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

特筆する部分はないゾンビ映画だった…
Kaeru

Kaeruの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビ映画として観ると肩透かしを喰らう。ゾンビ映画の最近のトレンドは、徘徊する屍とライフラインが死んだ都市部などをおとりに、人間の心の奥底のどろどろした部分を描く、というもの。

裏切り、仲間割れ、殺戮、生き抜く為、家族を守る為、ときには生身の人間を手にかけてしまうなど。本当に怖いのは生きている人間だよ、と暗に主張している作品が多い。

韓国産の本作は、はっきりいってゾンビ映画として数えていいのかわからないくらい生優しい。小中学生が夏休みに観てもまったく問題ない、それくらいゾンビの描写がクリーンだ。

HIPHOPでFワードやギャングが使うスラングを使わないようなもので、やや牙のないライオンが吠えているように見える。このライオンは仲間思いで、家族を大切にしている。家族愛を謳うのはいいことだが、それをやるならゾンビを出す必要はあまりなかった。

こういったサスペンス、ホラーな物語は、細かなグロ表現がリアリティにつながると思う。リアリティがないとスリルがなく、優しい味つけになってしまう。
脚本が良かったし、ちゃんと最後まで観る価値のある作品だと思うが、ゾンビの描写だけが物足りなかった。

凶暴化するウィルスに感染した人が、とつぜん普通の人に噛み付いたとしよう。考えてもみてほしい。死にものぐるいで抵抗するはずだ。無理矢理噛みついた感染者の歯が抜けてもいいはずだ。むしろ抜けるはずだ。
この作品のゾンビは歯並びが良すぎた。こういう細かいところで、恐怖やスリルの度合いは変わる。血糊ももっと使って良かったし、噛みちぎられる肉や、引きずり出されるはらわたを写しても良かった。なにもグロを観たいわけではない。これはリアリティや、緊張感の問題だ。サスペンスであるなら、情け容赦なくやる必要があると思う。主題や結末については5つ星だが、綺麗すぎて興醒めした部分があったという話。
ぽむ

ぽむの感想・評価

4.0
ハラハラしたし、ヤキモキしたし、感動したしなんなんだこの映画は!

ゾンビ映画今までそんなに観たことないけど、これはただのゾンビ映画じゃないと思った!

最後の父娘の家族愛に涙した。

あ、マドンソク今回もかっこよかった👍
韓国映画の雰囲気にはまった…。
Nozomi

Nozomiの感想・評価

4.0
良かったです。
泣いた。
JKがかわいい
>|