新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

モヨコ

モヨコの感想・評価

4.5
新感染って新幹線とかけてるの!?見終わってから気づいた〜(笑)

そんなことはどうでもいいですね(笑)
めっちゃ面白かった…!そこまでグロくもなく、しかしアクションも充実していてスリル溢れてた!!!

最後は泣かされましたよ〜😭だめな父親があんなに成長?するとは…ほかの登場人物もみんな感情移入できるストーリーがあって脱落していく度辛かった…ゾンビ映画でここまで泣かすか…

いつも思うけど韓国映画はハズレがないな〜お嬢さんも面白かったし…
あさかさん、まみりん
grimm98

grimm98の感想・評価

3.0
ここ数年のうちに周り見渡したらゾンビ映画ばっかり。猫も杓子もゾンビ、ゾンビという有様。この映画もそんなゾンビ映画だ(一括りにゾンビと言っていいのか?)。単純に面白かった。ゾンビ映画最高!お父さん頑張れって子供のように顔面中チカラ入って見てました。えっ、そんな、、、最後泣きました。オチをいったらいけません。しかもそれで終わらなかった。ゾンビ最高!、、、ポイント3ゲット(ショボッ)。
lotus139

lotus139の感想・評価

3.8
2時間あっという間。よく言うけど、この作品はその最上級。
あんな世界なら善の側に立ちたいけど、考えれば考えるほど、立場次第でどっち側にいくこともあり得るなと思わざるを得ず、それが一番怖い。
【祭のあと・・・】

今年の春先くらいだっただろうか・・・。
韓国発のゾンビ映画が来るらしい、そしてエラく評判がいいらしいという事を耳にしたのは。
「韓国映画か・・・。また凄いのやってきそうだなぁ」と早くもドキドキが止まらない。
ただ、往々にして期待値を過剰に上げ過ぎると、結果として上がりきったハードルに届かなかった可哀相な作品たちが「面白いんだけどさ・・・」っていう微妙な評価を受けるという悲しい結末。
何も考えずに観て「おもろい!!」と心の底から叫びたいという欲求は常々持ちつつも、まずはどれを観ようか?というレーダーに引っかからなければ観ないだろうし・・・。
ホント、年に2~3本ですね。「なんとなくレーダー」が良作を引っ掛けるのって。

そんなこんなで、今作はバリバリのロックオン状態ですよ。
昨今の日本と韓国の間に吹く隙間風は確かに「いち国民」として気にはなっています。が、こと「映画」という分野に於いては全くと言っていいほど気にしていないし、むしろ「韓国映画」というジャンルで鑑賞を決めることもあるくらい、レベルも完成度も高いと認知しています。勿論「?」なのもあるにはあるけど、それは韓国に限らず国籍問わずってことで。
基本的にある程度の予備知識は入れつつも、そんなにガッツリ予習はしないで観るのが僕の鑑賞スタイルなので、今作に関しても「パンデミック・パニックアクション」みたいな感じのガチャガチャした映画かな?という、大変大まかな想像。

でも待てよ・・・既に鑑賞された方々のレヴューにことごとく出てくる「泣ける」のワード。そうか、最後メインキャラあたりが非業の死を遂げてみたいな?と。
いかんいかん、余り先走ってはハードルが・・・なんて考えながらの鑑賞。

・・・いかん、泣いてもた。
これは「パニックムービー」というハードなコーティングに隠された、メチャメチャラブリーな家族愛の映画ですよ。それも卑怯なくらいゴリゴリの。
基本的に韓国映画っていい意味で「安定の脂っこさ」がウリだと思いますが、今回もいいですね~脂っこい。

新感染=新幹線とかけてしまう奇跡的な邦題センスはさておき、文字通り走り出したら止まらない新幹線の如き「疾風爆走アクション」でしたね。「ゾンビは走っちゃダメ」と先日お亡くなりになられたジョージ・A・ロメロ監督は仰ってましたが、この作品に関して言えば、全体的なスピード感が作品全体の根幹にあるため「これはこれでアリかな」と(そもそも論としてこの映画では「ゾンビ」とは言ってないんですよね。あくまでも「感染者」という位置づけでしかなかったと思う)。
とにかく激しいサバイバルの中に安定の「カップルエピソード」や「姉妹エピソード」「いけ好かないお偉いさんエピソード」など定番キャラもしっかり登場させ、ある種期待通りの「フラグ」が立ったキャラに対しても、キチンと回収を行ないます。このスピード感でこれだけのエピソードを盛り込んで、若干詰め込みすぎ?と思いつつも、それらをちゃんと成立させる辺り、韓国映画の力を感じますね。魅せ方を理解しているというか、お金をかける映画の作り方を心得ているという感じ。ハリウッド映画にも通ずるとことがあるかもね。

で、パニックだけで終わるなら、そんなに残らない映画だったかも知れない。
「わ~凄かったね~」って具合に。

ただ、あれだけ全力疾走した挙句に辿り着いた結末があまりにも切な過ぎた。
「緩急」と言ってしまえばそれまでかもしれないけど、暴走の末に急ブレーキをかけられたかのような展開に呆然としてしまう。
それまでの緊迫感溢れる画面が、一瞬にして愛に満ちた切ない画面へと切り替わった瞬間、それまで張り詰めていた感情が一気に崩れ落ちたかのように、ただひたすら泣いていました。
あれはズルイ。ズルイけど上手い。
特に同じくらいのお子さんを持つ方なら、誰もが思うこと。
「子供の為なら自分の命を犠牲にしたって構わない」
これって、理想論でも絵空事でもなく本心なんですよね。動物としての本能かもしれない。

劇中でサンファ(マ・ドンソク)が「父親はな、どんなことがあっても我慢して家族の為に犠牲になるもんだ」という言葉を言います。
最後の最後で効いてくる台詞ですよね。

あ~泣いた。コン・ユがメチャクチャかっこよかった。そして、やっぱり泣いた。
もう一回みたい。そしてもう一回泣きたい。
損得勘定で動かない子どもの
純粋さとか家族の絆が
極限状態になるほど人間のエゴが
向き出しになっていく中で
際立って表現されていて
ホラー映画とは思えないほどの
ストーリーと感動でした。
たくみ

たくみの感想・評価

4.5
まさか、この映画で泣くとは…
びっくりした。

特急電車の空間の使い方とか、キャラクター設定とかがとにかく上手い!

「さっきまで最愛の人だったのに、突然その人が敵になる」というゾンビ映画の本質と、その時にどういう行動をするかで「人間の本質」を描き出すというストーリー設計が見事に描かれている。

ゾンビ映画っていうジャンル映画だけど、家族愛、群像劇ともとれる素晴らしい1本。

あと、出てくるゾンビの数が凄い。
aj

ajの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビって早いとやっぱり怖い(ウォーキング・デッドに慣れていると全然恐怖が無くなる


大量にこっちに向かってくるゾンビ達....
しかし劇場では爆笑してしまった
早いけどコミカルで設定もキチンとしていて最高ゾンビ


全体的なストーリーもシンプルだけど良くて本当に怖いのはゾンビでは無く絶望の淵に追い詰められた時に産まれてくる人間の業の深さ...と言った感じでした
その中で娘に対する愛に目覚めるのが主人公や子供が産まれてくるムキムキのおじさん達なんだけども


全く可愛くないなと思っていた子役の女の子が演技上手くて最後はすごく愛おしい存在に


コクソンは極音で観たら本気で怖そうだけどこちらは平気そう
むしろ観たい作品ですね
rosebud

rosebudの感想・評価

4.0
マドンソクかっこいい