新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

ntt888

ntt888の感想・評価

3.9
鉄道車内というシチュエーションを上手く活かして「28日後」「ドーン・オブ・ザ・デッド」「ワールドウォーZ」タイプのハード系ゾンビから逃げ回る。そして、普通に感動する。ただのゾンビ映画と見くびるなかれ。

家族の為に闘うパパは、強い。
大沢たかお似のパパと葉加瀬太郎似のパパが男前。
ゲスい奴はとことんゲスいな。
ME

MEの感想・評価

4.6
これは...面白かった。
ゾンビ映画でまさか...ラストもなぁ...
新幹線乗ってからラストまで全く息つけない。ゾンビ足速すぎ。
もう口半開き。ビールも余る。
韓国映画全然数知らないけどやっぱすごい。
誰だよ邦題つけたやつ。笑
Zhelika

Zhelikaの感想・評価

4.7
2010年台トップクラスのゾンビ映画と言いたい

これは面白い。ちょっと前に出てきたワールド・ウォーZ(2013)がペプシに魂を売りつつアメリカンジャスティスを貫いた現代ではお手本のようなゾンビ映画(褒めていない)であり、そしてバイオハザード ザ・ファイナル(2016)はもう何も言いたくなくなるぐらいにSFをやった訳で、ゾンビ・サファリパークは……いや、いい。ともかくもはやゾンビ映画界は救いが無いのかと思っていた所に韓国から殴り込みをぶちかけてきたゾンビ映画だ。(別に2010年のゾンビ映画も「ロンドンゾンビ紀行」「ウォーム・ボディーズ」と良い作品もあったのでこれは冗談)
新幹線(モデルはTGVらしいが)と言う動く密室を舞台に繰り広げられるゾンビパンデミック。この設定はほぼ最後まで続き、そしてこの映画が最高に面白い要素となっている。ゾンビは走るタイプだが、動きが本当にアクロバティックでイケイケで、この撮り方一つを取っても凡作ゾンビ映画には到達出来ない領域へと来ている。登場人物それぞれにはちゃんと個性が存在しており顔を忘れることは無いだろう。成長していく主人公の強さにも惹かれるだろう。そしてこの映画のメッセージ性も自然と受け入れられるはずだ。要するにメインストーリー上には(例の人物の暴れすぎっぷりを除いて)ほぼ文句がない。だいぶ気に入った。そう、これは2010年台では最高クラスのゾンビ映画なんだ。

見終わった後、タイトルはもうちょっと真面目にしても良かったんじゃないかと思うのもあるが。原題の「釜山行き」の方が良かったな……
b

bの感想・評価

4.7
ゾンビ映画定番の展開を押さえつつ、グロに頼らない泥臭いアクションに新幹線という密室で生まれる緊迫感、割と容赦無い脚本、面白かった
田中ヤ

田中ヤの感想・評価

3.6



仕事は出来るが家族を蔑ろにするタイプの男。当然奥さんは出て行き、残された娘とも上手く付き合えずママの所へ行きたいとせがまれる始末。
しぶしぶ娘を嫁の所へ送って行く事となり乗り込んだ電車にどうも様子のおかしい女が乗り込んできた…


まぁパニック物ですね。
とにかくスピード感。
猛スピードで絶望が迫って来る恐怖

話も分かりやすくラストも衝撃で良かったんだけど、言いたい事も多々。

まず、走るゾンビが嫌い(超個人的好み)

あと主人公の初動が鈍臭過ぎる。対ゾンビにおいて躊躇は命取り。ゾンビ化を認めたら相手が誰であろうと躊躇なくヘッドショット決めるのは対ゾンビの基本のキである。主人公の彼は仕事が忙しすぎて、ゾンビ映画など観ていなかったのであろう。もし観ていたらラストは違った形になったに違いない。


貴方も突然来たるその日の為に、今一度ゾンビ映画を観てみては如何でしょう?
makirakira

makirakiraの感想・評価

3.7
一時期フィルマで盛り上がっていたこの映画を今ごろ鑑賞してみました(遅)

最近はゾンビのパターンもたーくさん出揃っているから、これといって面白い特徴はなかったかな?
足の速さは「28日後」、大量に折り重なる様は「ワールドウォーZ」が浮かびました(´・∀・`)♡

でも人間模様がしっかり描かれていたのでこの先どうなっちゃうんだろ~とついつい見入ってしまいましたよ!

おなかの大きな妊婦さんの旦那さまが優しくて恰幅もよく頼もしい、とても好きなキャラでした♪
(私、韓国映画は全く観ないので俳優さんは誰も知らないんですけど、極楽とんぼの山本に見えてしょうがなかったです…)

そしてチョ~~嫌なやつもいて、かなり歯軋りしてまいましたね!
「まだ死なないんかい!」とつっこみたくなる生命力…(笑)
憎まれっ子世にはばかる。

そして最後はなかなか泣ける仕上がりで、ウルウルしました。

良くできた作品でしたー。
moe

moeの感想・評価

3.9
極限状態まで追いこまれることで、むきだしになる人々の愛と利己心。
思わずセウォル号の事件のさいの船員や政府を連想してしまい、そういう観点にたてば韓国版のシンゴジラのような印象ももった。
映画全体のスピード感に、お兄さんの無双突破シーンで、もう気持ち高ぶるよ~!!
そして一周まわって親しみをもってしまう邦題も良い働きしてる。(と思う)
苦手な人も多いパクチーを、みんな大好きなカレーにぶち込んで煮込んだら、やっぱりみんな大好きなカレーが出来たって感じ。
高校生カップルがラスボスの憎たらしさを増幅させるためだけの出汁にされてたのが可哀想だったけど、笑いあり愛あり涙ありで文句なしの娯楽映画だった。
ゾンビ映画らしからぬ誰にでもおススメ出来る傑作。
新幹線っていうシチュエーションを活かして一気に物語に引き込むのが上手い。
血しぶきの少ないゾンビ映画。モブ含めゾンビが全員チート級に強い。あの速さで追っかけられたらちびる!ホラー映画としては普通。韓国のっていうのが新鮮で良かった。
榎木津

榎木津の感想・評価

3.8
高速鉄道の中でゾンビから逃げまくるというわかりやすいストーリーから馬鹿ゾンビ映画だと舐めてたけれど、相当面白かった。まず開始15分程度で走り出すので、これで2時間持つのかと心配になったけれど、最後まで全力でエンタメしてくれる。しかも韓国版ゾンビは動きが速い。福男の勢いで走ってくる。キャラクターの棲み分けもいいし、エンディングもいい。ハリウッドリメイクも決定というのも納得。最高の時間潰しとしてお薦め。