新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

エリカ

エリカの感想・評価

4.2
どちらかというと生存者が怖いゾンビ映画ではなくゾンビが怖いゾンビ映画だと思います。
それと、もちろん血はたくさん出ますけど過度なグロ描写がないのも良いですね。
★新感覚のゾンビ・サバイバル映画の掘り出し物!
 
個人的にダッシュ系ゾンビは好きじゃないし、この手の映画は見飽きた感があったのですが。勧められて観たらなかなかの掘り出し物でした。かなりイイです。グロ描写がほとんどないため、ハラハラ&ドキドキを最後まで楽しめます。

物語は、「仕事ひと筋で娘との関係がうまくいってない証券マンが実家に帰った奥さんのいる釜山まで娘を送る」というもの。ところが特急が動き出したところで韓国各地で謎の集団感染が発生。1人の感染者の車内侵入を許してしまったことで、釜山行き特急はゾンビがねずみ算式で増殖していき、人間との壮絶なサバイバルがくり広げられる…という展開。

韓国映画って、なんでも盛ってダメにパターンが多い印象があるのですが、この作品はテーマを絞って無駄を切り捨ててアイデアとアクションを盛りつけているため、ゾンビ・サバイバルとして最後まで楽しむことができます。

特急内でのゾンビ物というと、できることが少ない&平凡な展開になる印象がありましたが、そんなことはなく。車内だから逃げられない。外との連絡手段が電話しかない。途中駅で降りたらどうなるか。愛する人と車両が別れたらどうなるか。銃がない環境でどうやって自衛するか。さまざまなところにアイデアが盛り込まれており、また生き残るだろと思っていた人物がバッサバッサと死んでいき、全滅エンドもあり得て、最後まで展開が読めませんでした。

脚本における人物の心理変化と物語の展開が巧みで、「たった1つのピースが欠けても、あのラストにはたどり着かなかった」というもの。すべての要素を無駄にしない(マイナスな面も肯定する)、ここまで作り込まれた作品を観たのは久しぶりです。

ラストのトンネルシーンは号泣必至なので、ハンカチの用意を忘れないように。あと、日本版タイトル『新感染 ファイナル・エクスプレス』は偏差値が低い感じですが、1回観たあとに韓国でのタイトルが『釜山行き』であることを知ると、もう一度泣けます。オススメ。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.6
走るゾンビです。
噛まれてから変化が物凄く早いです!
嫌なタイプのゾンビです。
主人公のお父さんが最初自分の事しか考えてないクズですが、成長して良いヤツになってきます。娘だけは必死に守ります。
YUIに似てる妊婦の旦那が前田日明っぽくて、素手でゾンビと戦います!
物凄く強くてカッコ良いです!
バス会社の社長らしきオヤジが1番腹立たしいです!
電車の車掌が馬鹿で使い物になりません。
電車のスタッフが安住アナににてます。
hnkmr

hnkmrの感想・評価

4.0
ただのゾンビ映画ではなく、夫婦やカップル、老姉妹といった人間ドラマもあり楽しめました👍
最後は、娘を子に持つ父親としてめっちゃ泣けました😭
satohachi

satohachiの感想・評価

4.5
見ているあいだのウキウキ感が自分でも信じがたいほどの傑作。ゾンビの哀切さ、戦う男たちの肉体、全てが愛おしい。私は老姉妹の最期がよかった。

このレビューはネタバレを含みます

いやぁー面白かった!
特段「ゾンビが好き!」ってわけじゃないんですけどね、周りの方もみんな口を揃えて「面白かった」「泣ける」って言うもんで気になっちゃって。

評判通りによかった!
ゾンビは口実にすぎない、父として親として人として、娘や妻や他人にどう対峙していくのか。
そしてどうしようもなくなった時、どういう行動をとり、何を守るのか。

マジであのクソ親父なんだよ‥
無駄にしぶといし‥
バス会社の常務だかなんだかって話だけど、まぁわかりやすい権力者、乱暴者、自己中のお手本みたいなキャラ。
各シーンで「こいつまじ許せないな」と思うんだけど、なんでかゴキブリみたいにしぶとい。
最後はまぁ、うん、、
言っちゃいけないってわかってるけど敢えて言うよ。ザマァ。
(ごめんなさい)

妊婦さんの旦那さん。
ロバート秋山と新井浩文を足して2で割った感じの優しいプレパパ。
そして強い。彼のラストは泣けたシーンの1つでした。
最後まで生きて欲しかった。

野球部の彼と彼女。
仲間は殴れないよね。悲しいよね。
そしてあのおっさんがまた許せなくなるんだけど。この2人のラストも泣けた。
かわいそうに‥。
2人であちらで仲良くね‥。

そして主人公スヨンとそのパパ。
いわゆる仕事人間。
家庭を顧みず没頭している。
そのせいで嫁は出て行き、娘の世話は祖母に頼んでいる状態。
娘の誕生日こそ覚えていたものの、こどもの日にあげたプレゼントとダブっちゃってがっかりされる始末。
仕方なく嫁のところへ娘を連れていくところでゾンビ事件発生。

お年寄りに席を譲る娘を褒めるでもなく「そんなことはするな」と一括。

「パパはいつも自分のことしか考えてない。だからママも出て行ったんだ!」

パパ、がーーーん😨😨😨😨😨

親心もわかるけどね
仕事は大事だし、予想だにしない場面ではまず自分の身を守ることを子供にはしてほしい。
とはいえバス会社のクソ親父みたいになるともはやゾンビより化け物だよね。
ほんと、あんな大人にはなってほしくない。
愚かな人間も充分怖いんだという、普遍的ではあるけどパニック映画につきものの教訓もあり。

あと集団意識かなぁ
誰か1人が「出て行け」と声をあげる。
それに誰かが加勢する。
きっとあの中にはあの行動に疑問を持った人もいたはずなのに。
生きるために‥(死んだけどな!!)
あえて言おう!!ざまぁあああああ!!!


パパとスヨンの別れ。
「だから手出したら噛まれちゃうよ!」という私の声は届かなかった‥
娘に噛み付くことから守ったとはいえ、まだこの先が安全かどうかわからないのだから。
娘が生まれた時の白いフワフワした映像は必要だったのかどうかわからないが、まんまと号泣したから多分必要だったんだろうな。


あのホームレスのおっさんたちが最初の方ブツブツ言ってたのはなんだったの?
結局何者?
もしかしてなんとかバイオの関係者なのかな‥?

続きがあってもおかしくない作りになってるから、というか細かいことが全然わかんないから、このクオリティならまだ他のお話も見たいなぁ。
もちろんスヨンのママのことも気になるし‥
アニメーション作品でアナザーストーリーがあるみたいだけど、アニメーションかぁ。

ウォーキングデッドでチンタラしたゾンビばっかり見てたから、飛んだり跳ねたりクソ俊足でアグレッシブなゾンビに心踊ったわ!ただし鳥目←
MIDORI

MIDORIの感想・評価

3.5
友人に薦められて観ましたが、なるほどナメてたなと反省しました。
タイトルが「新感染」でゾンビって!と思っていましたが、意外に人間性が問われる現代っぽいリアルな部分もあり、なにより脇役が主人公より断然カッコいいです!

このレビューはネタバレを含みます

なんだかんだササーっとラストまで見てしまった。内容ありきという事かな。
ラストが切ない感じでなんだかなぁ…
っていうか最後まで残ってた自己中なオジさんに腹が立って仕方ない。
アイツさえ居なければ!こんにゃろ!
ちくわ

ちくわの感想・評価

4.5
今までにないようなゾンビものという感じでとても楽しめたなー
最後は号泣でした
役者がいい味出してたなー。特にマ・ドンソク。女子供に優しく、ゾンビに素手で立ち向かう格好良さったら。あと悪役の役者さんも、ホント腹立つ演技でマジムカつきましたよ!ゾンビ映画って言うより任侠サバイバルアクション映画って感じで楽しめたー。