新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

4.1

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

時間が開いたので暇つぶしにB級ゾンビ映画を楽しもうと映画館へ。まさかの大号泣。これを書いている今も叫びを思い出し泣けてしまいます。(早く帰って子供と遊ぼうと思いました。)

自分の事しか考えていない人がだんだん周りに対してやさしくなる。守る人がいてがんばるけど守りきれない人。守るために身を投げ出す人。そしてきっちり、見てる人みんなの嫌悪を誘う人。そして顛末。

登場事物、シチュエーション定番と言えば定番なのですが、すっごくきっちりはまっていて、泣かせてくれます。

ワールドウォーZにも負けない大迫力の走るゾンビ。噛まれてからゾンビかの時間が短く「28日後」もちょっと思い出しました。

そして、トンネルの闇とその先の光。ラストまで、ぐいぐいと引っ張ってくれます。

いやー。凄いものを見てしまった。
くぼ

くぼの感想・評価

3.5
スクリーンXにて鑑賞
ゾンビに囲まれました笑

みんなとにかく勇敢、生きようとするガッツがすごい
私だったら、みんなゾンビになっちゃったし、生き残っても意味ないやあ、て
そそくさとゾンビになると思う笑
og

ogの感想・評価

3.8
ふだんゾンビ映画って見ないんだけど最近のゾンビはこんなに元気よく走り回るのか……ってゾンビが出てきたときの自分がどれだけ逃げられるかを想像して絶望した。
みんな多分思ってると思うけど、このクソジジイ〜〜〜〜〜〜!!!!!って最後まで思ってた。
後半ゾンビが溢れ出てくると爆笑するようになってしまったんだけどこの感情何なんだろうね?
おQ

おQの感想・評価

-
面白かった。「ゾンビに愛を感じない」という意見にも納得できる。でも、良かった。
どらこ

どらこの感想・評価

2.7
新幹線×(新)感染とかけている激寒ダジャレ題名。ふつうにファイナルエクスプレスでいいのに…
こういう所が日本の駄目なところ。
韓国映画を映画館で視聴したのは初。

冒頭の轢かれたシカが不気味に立ち上がるシーンはこれから起こる惨劇を彷彿させ、ゾクゾクワクワクした。

見終わった後は「ハァ〜疲れた...」って感じ。
決してつまらなくはなかったんだけど、後々思い返してみたらロクな部分が無かったな、と。

・感染するスピードがバラバラ
ガチムチ葉加瀬太郎が噛まれてから感染するまで鬼のように時間がかかったのに対し、高校生カップルは一秒くらいで感染。
感染には個体差があるという後付け設定でもつけるつもりかな?

・ゾンビのメイクと演技がチープ
もうちょっと不摂生に動くゾンビの動作を研究してほしい。メイクもコスプレみたいだった。

・抑揚が無さすぎる
抑揚がないといえば物語の起伏がなく、淡々と、静かなイメージがあるが、これは逆。
窮地に陥るシーンが、中盤から終盤にかけて詰め込みすぎ。ある程度の間隔を空けないと、とにかく疲れるし徐々に物語への没入感と興味・期待値が削がれる。

・臭い演出があまりにも多い
抑揚が無さすぎるのと同じく、窮地の数だけ人物との別れや悲しみがある。別に毎回それをやる必要はないのに、その都度お涙シーンがあるから見ててイラついてくる。ガチムチ葉加瀬太郎はまだしも、役に立ちもしないどうでもいい高校生だったり、しまいにはキチガイホームレスですらお涙シーンがある。もう本当に勘弁してほしい。普通にゲシュタルト崩壊です。


ラストシーンでガキが「アロハオエ〜〜wwww」とか号泣しながら唐突に歌い出したけどなんなのあれ…..
音に過剰反応するゾンビが来たらどうすんの?なにやってんのこいつ? って見ててハラハラしました。

僕自身の人間性がねじ曲がっているせいか、すべてのシーンにおいて微塵も感動できませんでした。

ボロクソに書いちゃったけど、まぁ普通の映画でした。
遅ればせながら周りの評価が高すぎるので、よーやく観ました!確かに素晴らしい人間ドラマ!
ゾンビ映画ってたいてい全体的に暗いけど、暗い所に弱い設定のゾンビとあって明るい昼間のシーンも多いし観やすかった。電車の中、登場人物の設定を活かしてうまく描いてた。すごい。
人を貶めても自分だけが生き延びようとする奴、もっと無残で良かったのに…ラスボスのよーになるとは…!!!というのも含めて面白かった。
ゾンビが現れても人としての優しさを持ち合わせたいものです。。
ikeyuki

ikeyukiの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

泣ける映画だとは思わなかった。こんなおもろいゾンビ映画初めて見た
kiuche

kiucheの感想・評価

4.4
予告と邦題がひどすぎるけど、本当に見て良かった映画。ゾンビ映画界の傑作でした。。最近で一番心拍数あがった。
ゾンビのクオリティにアラがないところがすごい。下手に外部を写さず列車内でたっぷり丁寧にゾンビバトルする感じがリアリティを高めてくれていた。ガラス割れないで割れないでと思っていてもバシャアッてガラス割れてゾンビの洪水が発生する感じアメイジング。。
対戦相手の主要キャラも良いパパ2人(ひとりは劇中で覚醒するパターン)いる感じもアジョシ!

結論として言えることはゾンビの動きがある種の美しさを孕んでいるということ。
コンユがとにかくかっこいいけどそれだけじゃなかった。ただのゾンビ映画じゃなかった。涙涙、終始ドキドキハラハラ。評判通り、よくできた映画だなぁと。
Garu

Garuの感想・評価

3.9
新幹線は絶対協力してくれないだろうなぁ

もういくらでもあるゾンビ映画だが韓国が舞台だと不思議と新鮮。
ゾンビ映画ファンの人達がどう思うかはわからないが、電車と言う密室での展開や、例えばトンネルを通る事によってスリルある状況を作る独自ゾンビルールなど、良く考えられていると思った。

主要登場人物のキャラもわかりやすく上手に紹介してくれる。
こういう映画では一番大事だが、他の映画でも数人の主要キャラを紹介する部分の描写は作り手の実力差が出ると思う。

それぞれの人間ドラマもしっかりあるので、最後に誰が残るのかも予想が付きにくくいし、最後にはまさかの感動するような展開にも。

大人と子供、親と子や、親になろうとしている者、さらにはまだ社会に出ていない若者や、社会的成功者とホームレス。
電車と言う公共の場所で繰り広げれられるまるで社会を揶揄しているような物語が素晴らしい。そこにゾンビ。
個人的には序盤子供に対して父親が「…優先しないと」の話をするシーンが最後まで印象的に残る。

電車の中でゾンビが襲ってくると言う一見ベタなB級展開しかなさそうな話をすごく丁寧に考えて作った傑作だと思う。