新感染 ファイナル・エクスプレスの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

新感染 ファイナル・エクスプレス2016年製作の映画)

부산행/TRAIN TO BUSAN

上映日:2017年09月01日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘…

ソウル発プサン⾏きの⾼速鉄道KTXの⾞内で突如起こった感染爆発。疾⾛する密室と化した列⾞の中で凶暴化する感染者たち。感染すなわち、死ー。そんな列⾞に偶然乗り合わせたのは、妻のもとへ向かう⽗と幼い娘、出産間近の妻とその夫、そして⾼校⽣の恋⼈同⼠・・・果たして彼らは安全な終着駅にたどり着くことができるのか―?⽬的地まではあと2時間、時速300km、絶体絶命のサバイバル。愛するものを守るため、決死の闘いが今はじまる。彼らの運命の⾏き先は・・・。

「新感染 ファイナル・エクスプレス」に投稿された感想・評価

nobu

nobuの感想・評価

3.9
ゾンビ映画としては、初めて面白いと思った!
でも内容はゾンビ映画じゃ無い。
子役の女の子の演技がスゲえ!
新幹線の中で、殺人ウィルスに感染した人からどんどん感染者が増えていく密室内の恐怖、メチャクチャリアルです。パニック映画としては、多分最高傑作の一つ。ラストシーンもいい感じの余韻が残ります。
二兵

二兵の感想・評価

4.0
何だこの邦題(笑)。

最後が切ないとは聞いていましたが、確かにゾンビ映画の皮を被った、父と娘の愛のドラマでした。
まさかゾンビ映画で泣かされる事になるとは…。

とりあえず、走行中の特急内で、走る感染者と戦うという舞台設定が良い。
映画自体も、ノンストップで最後まで疾り抜けるので、観ていて退屈しない。

アメリカのゾンビ映画だとショットガンでひたすら頭を吹き飛ばしまくるのがお約束だけど、韓国なので、武器はバットや自分の肉体のみ。

肝心な時に何故か鈍くなる感染者とか、あのおばあちゃんが自分からドア開けに行ったシーンとか、ツッコミどころもあるにはあるけれど、サスペンスが最後まで続くので、存分に楽しめます。

しかし、あのバス会社の重役は、最低のクズ野郎だったな…。『ミスト』の宗教女もそうだったけど、ああいうキャラが場を乱すのは、作劇上仕方ないとはいえ、本当にイラッとさせられる。ただ、重役さんの場合、最期のセリフが物哀しかったのが何とも…ううむ。
まずハングル読めねーし
車とか標識とかそこら中にある文字が一切読めねーし
冒頭でタイトルどーんって出てきたけど読めねーし

原題がどうなのか知らないけど邦題を「新感染」としたのは上手いねー

確かに新しい感染系映画だね(この映画の中でゾンビという用語は使われていない)

新幹線という密室の中でパンデミックが起きる。パニクるわな

感染者に気づかれない方法もいいね

エキストラの数多すぎ!
あんな大量にしかも全速力で追いかけられたら怖いわ😱
とにかく多い!すげー!
ワールドウォーZ並みにすげー!

シチュエーションがいちいち新しいのよね。今まで見たことなかったような

ラガーマン体型のおっさんが1番かっこよかった😢

おばあちゃん😢


感染源がなんなのか?と、どんなウイルスなのかがはっきりしないままだったのがちょっと残念。
ak

akの感想・評価

3.9
展開が容赦なかった

カント倫理学とベンサムの功利主義との葛藤、
極限状態において 自分自身は
どちらの立場に 立つのだろうか、

登場人物一人ひとりのキャラが
立っていて 良かったなあ、

ゾンビ映画で
こんな 感動するとは思わなかった
ELEKING

ELEKINGの感想・評価

3.8
ホラー映画1本目

韓国発のゾンビ映画、狭い空間を利用して緊迫感を演出しつつもゾンビのアグレッシブさを全面的に押し出していて、観ていて楽しい映画だった。

映画のつくりも親子愛をメインにお父さんの成長も描きつつ、韓国映画の完成度の高さに驚かされた。
ただ邦題のセンスのなさにはちょっと残念

このレビューはネタバレを含みます

最初はクズな父親が徐々にいいやつになっていったと思ったら最後に、、、泣けた、、、号泣や、、、

確かに、最初の性格だと映画で死ぬキャラな感じだったけど、、、切なかった、、、

とにかくよかったです、、、

このレビューはネタバレを含みます

こんなことになったら、恋人に噛まれてとっととしんじゃいたい
最後、バケモノであるかどうか歌で証明されるところで崩壊した
nico

nicoの感想・評価

-

予告を観て期待しつつ。
あのおじさんにイラついたのと、途中新幹線の中での戦闘シーンのBGMがアクションと合ってない感じがして違和感あるのがちょっと、、、。
murataku

muratakuの感想・評価

3.6
少ない場所でたくさんのシーンを作り上げて、あげく感動までできてすごい。

あくどいおじさんの典型例もご馳走様です。


ゾンビものこわいよー