遥美沙樹

スプリットの遥美沙樹のレビュー・感想・評価

スプリット(2017年製作の映画)
3.7
これが3部作の2作目なんて知らずに鑑賞。前作のアンブレイカブルも観たはずなんだけど、いまいち印象が薄い。しかし今回はジェームズ・マカヴォイの怪演なくして語れない作品だと思う。おそらくモデルとしたビリーミリガンは一部ではDID(解離性同一性障害)ではなく23体に憑依されていたとも言われているけれど、今作品もその匂いがプンプンする。監督が脚本をも手がけているので、おそらく知った上での表現だと思うけれど、サイコホラー以外にも、人間の様々な愚かさ、優しさをあちこちに散りばめている。次回のGlassへ主要人物が誰一人死なず、すべてが繋がる設定で終わったけれど、これはこれで十分怖くて楽しめた。マカヴォイのオネエ役は夢に見るほど強烈だったw