スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

2017年5月14日日曜日
TOHOシネマズファボーレ富山
くま

くまの感想・評価

3.0
DVD借りて観た
ミ

ミの感想・評価

3.2
あんまり怖さがなかった

マカヴォイ!!
終始マカヴォイが頑張ってる。
ラストは見えないところで傷だらけの人もいるのになぁとちょっとばかし納得いかず、マカヴォイの頑張りでスコア3。

グラスの為の予習第一段!
そーき

そーきの感想・評価

3.1
マーベル映画で初めて見たのがインフィニティ・ウォーっていう人とほとんど同じ感想だと思う
スリラーかと思いきやただのギャグオチだった
M・ナイト・シャマラン監督2016年作品。シャマラン監督のヴィジットに全然ハマれなかった事もあり期待が低かったが、けっこう楽しめた。

ジェームズ・マカヴォイの多重人格の怪演が観応えもあるが、ホラーではなくサイコスリラーとしての演出が、けっこう良かったような気がした。

シャマラン監督がこの3部作に入れ込む思いが伝わってくる作品。次作がけっこう楽しみだ。本当の評価はその作品次第という気もする。
顔の表情が瞬時に
変わって本当に、別人。

おばあちゃん可哀想👵
tsuruta

tsurutaの感想・評価

4.0
とても良い顔相撲映画
>|