スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

2017年5月14日日曜日
TOHOシネマズファボーレ富山
毎度、期待してしまうシャマラン映画。今回も、期待は裏切られた。いやもう、何度書いてんだこんなこと。もはや、期待通り、期待を裏切られたとでも言おうか。
長年見続けてきたけど、6センス以外ほとんどは、要するにシャマラン自己満映画に見えてきた。何か事象があったとき、それには必ず理由があるというか、作られたもの自然なもの含めて、そういう因果応報みたいなものを、監督が自分でロジックつくってすっきりしてるだけじゃないかなぁと。

今回はまだマシな方だが、しかし単なる犯罪映画でもある。こうなると逆説的だけど失敗を続けてもいいから自己満映画を続けて欲しい気分になる。期待通り、期待を裏切られ続けてもいいんです!
演技はうまかったけど、もっと猟奇的で気持ち悪くてもよかった〜笑
Mayu

Mayuの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

マカヴォイさんをナルニアのタムナスさんで始めて知ってから早10年以上が過ぎました。瞳孔ひらいたマカヴォイこええです。
最後らへん全然いみわからんけど(いやその程度で殺さないんかい!)こういうスリラー系?全然見たことなかったので普通に楽しみました
吉野

吉野の感想・評価

4.0
記録。
とも

ともの感想・評価

4.5
やっと観れた大好きシャマラン作品!
今作品でも本人降臨(^ ^)
書いたい事いっぱいあるけど言葉にできない。アワアワ:(;゙゚'ω゚'):
マカヴォイさんの各キャラ凄まじい。
とりあえずはアンブレイカブルもう一回観なおします。楽しみだ〜〜
クラスの女子クレアの誕生会、ケイシーはお情けで呼ばれたが完全に場からは浮いた状態、ケイシーは帰ろうとするがクレアの父親が家まで送ると言って・・・「ミスターガラス」ってお話

やっと!やっとシャマラン完全復活!!ってか、初作のシックスセンスで頂点にブチ上がった後はひたすら『まぁまぁ』と『ゴミ』を連発してたからやっとの面目躍如と言ったところか

今からおよそ30年近く前に話題になった23人の人格が入れ替わるビリーミリガンを元にそこから拡大解釈したストーリーとその主人公に絡むワケあり少女ケイシーを中心にしたこの物語は端々にちょっとした伏線や隠喩を含めながら結構丁寧に描かれている

『追い詰められ虐げられたものが最も強くなる』このテーマを底通させ後半戦へ向けて荒唐無稽の荒野をガツガツと突き進むストーリーは好き嫌いが分かれるだろうが、人智を超えた異能のチカラを得るという映画ならではのプロットだから特に問題なし!!

オーラス、チラッとブルース・ウィリス出てくるし、ほんの数秒なのに直前で見た「マローダーズ」より余程存在感あるとか、この人も本気出したら人智超え楽勝なんだろうなぁと変なところで感心したよ、今日はブルースDayだなぁ
ヘドウィグ9歳とは思えない踊り
jamnia

jamniaの感想・評価

3.0
ただただジェームズ・マカヴォイの演技力がすごい
内容はそんなに面白くない
okke

okkeの感想・評価

-
2017年9月 新文芸坐にて
>|