スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

dakeneko

dakenekoの感想・評価

3.5
まず、設定が最高です。

内容が薄くなりがちなこの手の映画

良くできていると思う
面白かった!



助かった理由がなんとも切ないけど
それがなければ助からなかったかもしれない ヤラレタ
普通に面白いんだけど、最後がなー…
過去の作品との繋がりとか分からんし!
それがなければもっと評価高いんだよな
越冬

越冬の感想・評価

-
怖〜〜ヒエ〜〜別れるな〜〜
まさか予習の必要な映画だったとは思わなかった(*_*)
ピノコ

ピノコの感想・評価

2.2
最初どこまで同一人物かわからなくて凄いと思った。

けど、映画全体としてはそこまでのめり込めなかったかな。。
多分みたことを忘れちゃう映画。
aya

ayaの感想・評価

3.5
最後ふふっとしちゃうけどそれまでは読めなくてとても面白かった
「シャマラン作品はラストに仕掛けがあるのわかっちゃってるからなあ…」と過去作を追ってこなかった私、完全敗北。最高のファンサ作品だっただろうなあ…
台詞がなくとも、ケイシーの行動の意図がちゃんと読めるようになっているところ、どこもかしこも辻褄が合うところ。あっぱれ!
マカヴォイもすごい。特にラストのノーカットシーン。マカヴォイダンス( ✌︎'ω')✌︎
アニャ・テイラー=ジョイは、ビョークとかクリスティーナ・リッチと似たミステリアスな雰囲気が素敵。
ハウスオブカードのセバスチャン・アーセラスが出演しててびっくりした〜
>|