スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

大どんでん返し!まさかの2部作!!
ちょっとマカヴォイの演技がわざとらしく感じました。
監督の指示なのだろうか…
とま

とまの感想・評価

3.7
ジェームズ・マカヴォイの演技はなかなか良かったです。
最後に意外なゲストがw
ジェームズ・マカヴォイの演技は確かにすごいけど、オチが微妙。誘拐犯の怖さにドキドキはする。
凪

凪の感想・評価

3.0
ナイトシャマラン監督作品は、シックスセンス以降、何見ても期待の方が勝ってしまうのはかわいそう。。だがな、要は超常現象の扱い方の問題で、初期作はそこに人間の喜怒哀楽が色濃く現れていたから見逃せたが。哲学がなくなって、単なるホラー&どんでん返し作品ばかりになったのは悲しい限り。それでも前作よりはマシかな。
中尾彬

中尾彬の感想・評価

3.0
3人で観たら、後半3人とも寝てました
役者の演技は好きです
HaL

HaLの感想・評価

3.0
たしかにジェームズ・マカヴォイの演技力は巧いの一言なんだけど、『真実の行方』のエドワード・ノートン、『スパイダーマン』のウィレムデフォーのあの「豹変ぶり」と比べちゃうと…ちと物足りないんだよなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

U-NEXTで鑑賞

怖いっちゃ怖いけど1人で見るにはちょうどいい怖さだった

あの後は世界征服でもするのかな?
mさん

mさんの感想・評価

-
アンブレイカブル未視聴なのでオチで笑えなかった...悔しい
>|