スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

大どんでん返し!まさかの2部作!!
チュン

チュンの感想・評価

3.8

この映画は、パッケージすら見ずに観た方が絶対楽しめる。つまりまだ観てない人はこのレビューも見ないでいいよ。


あーこれは、後半になるほどおもしろい。大体映画ってそうか(笑
JKがお誕生日会から帰ろうとしたら、誘拐されてその犯人は24人の人格が宿る多重人格者だった!って話。
JKたちがどうなるかってより、この多重人格の男はなんなんだという方が気になる。だんだんとその正体を表すんですが、マカヴォイって『ウォンテッド』のあの人か!ごつくなったもんだ。
オープ二ングとエンドロールのセンスがいいな。
オープ二ングから泣いてて、やたら泣くケイシーがラストは堪えて決意を見せる目の演技がすごい伏線だったのか。思えば「オシッコしちゃえ」も自分の体験からだったのか。ケイシーは恐怖な体験をしたけどそれによって反抗する強さを手に入れたこの意外なアプローチがシャマランっぽい。知らんけど。
ちっちゃい頃のケイシーが叔父の話を聞いてる時に手でカリカリしてるのが自分的におもしろかった。
マカヴォイのビーストは何故一回地下鉄行ったんだ?そして檻をこじ開けようとして、フンガーぁあ!とした時、思ったより開かなかったのがウケた。
意外に2時間もあったけど、しっかり観れておもしろかった。シャマラン監督の伏線と意外なとこからの反抗みたいなのがクセになる。


《ラストについてネタバレ》
ラストコーヒーショップにでてきた、ブルース・ウィルスが演じるダンとは別のシャマラン監督の作品『アンブレイカブル』の主人公らしいです。気になったので。
ちなみにSPLITは分離とかそんな意味。

このレビューはネタバレを含みます

ケビン(ビースト)vsダンで続編つくってほしい
ほずみ

ほずみの感想・評価

3.2
久々の投稿です!就活終わって最初の投稿!!
ずっと見てなかった訳ではなくただ単にこちらに投稿してなかっただけです(笑)
久々に最新作を借りました。ずっと楽しみだったので見れて嬉しかったです!

この作品の監督はシックスセンス、アンブレイカブルの監督と聞いていたので、最後にどんな衝撃が……?!と思ってました。期待しすぎてしまった…でも内容がとっても好みだったので面白かったです!
あらすじは省きますが女子高生3人VS多重人格者、その人格なんと23人!実際にこういう事件あったの、すごく印象に残ってましたのでこの設定を聞いたときはほんとに楽しみでした。
あと、俳優さんがすごい!!何人格も演じるってすごい疲れたっていうインタビュー見ましたけど同じ怖さみたいなのはあるのに雰囲気が全然変わるってすごかっです!感動しました!

ちょっとネタバレあるかもなのですが……最後の最後!この監督の別作品見てたので「あぁ~!」ってちょっとテンションあがりました(笑)
シャマランっていっつも途中で草生えてくる!序盤はいいのに!
最後はサプライズでしたが、相変わらず一発屋やな〜という感じでした
ジェームズマカヴォイが凄過ぎて…
人格の演じ分けが完璧で、のめり込んでしまいました。
途中、他の人格が違う人格装ってる時があるのですが、どうやってるの?って感じですもはや。笑

この映画を吹き替えで観るのはありえないっていう前提で言うと、英語のアクセントや口調もはっきり違うので人格変わった瞬間がわかりますね〜ただ多過ぎて名前は覚えられませんでした。笑

ケイシー役のアーニャ、モーガンですよね〜印象的だったのですごく覚えてました。
なんでこんなに落ち着いてるんだと思ったら、色々抱えていた役だったようで…具体的にしっかりとは明かされてませんが、想像のつく描写ありで、こんだけ落ち着いた状態になるのも理解です。
その落ち着きぶりをしっかり演じたのもすごいなと。

そしてどうやらまさかの続き物みたいで、色々消化不良のまま終わってしまいました…どうなるのやら。
keru

keruの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ラストにビックリ。

えっオカルト?!SF??!

このレビューはネタバレを含みます

最初結構わくわくして観れたのになー。最後人間じゃないじゃんそれ〜ってかんじ。人間超えてる人格だからいいの?よくわからない。

多重人格に興味はすごい湧いたけど。ケビンってゆー本体を守るためにいろんな人格が生まれてって増えたんかなあ〜増えてくんかなあ〜。
>|