スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

2017.05.18鑑賞。3人の女子高生VS23重人格者というぶっちぎりのコンセプト。観たくならないわけがない。きっと面白い心理戦が観れるのだろうと期待して観に行くと、裏切られる。スランプ時のシャマラン作品のように超常現象をシャマラン風の解釈でだらだらと講義し、シャマランもしっかりカメオ出演。脱出劇の面白さは皆無。そもそもの監禁場所も、あそこじゃふつうばれないか?ラストはまさかのシャマラン・シネマティック・ユニバース。
KOSUKE

KOSUKEの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

内容もさることながら、最後の最後に…!?!?!?
minminzemi

minminzemiの感想・評価

2.3
これ…続くのよ
おりこ

おりこの感想・評価

2.9
マカヴォイの演技が凄いヴォイ。
【雑映画レビュー】
虐待ダメ絶対!
※化け物が誕生する可能性があります。
Nya-o

Nya-oの感想・評価

3.4
凄い演技力。
怖い。自分だったら絶対動けない。


だけど難しい。。
解説を一度読んでからあらためて鑑賞しなおしてみようっと。
多重人格者のジェームズマカヴォイがとってもかっこいい〜。ジェームズマカヴォイ。全部違う役するの大変だろうなぁ。9歳の男の子の役まあまあトラウマ並みの気持ち悪さ。全体的に期待していたものとは何か違うような気がするけどシャマランってすごい壮大なスケールというかありえねー展開を散々繰り広げて結局物足りない感じが醍醐味な気がする。エンドロールが地味に気持ち悪かった。
NWFlQ

NWFlQの感想・評価

4.3
シャマランなので。

この人は本当に映画が上手い。そしてその能力をB級オカルトに全投入というありがたさ。

映画の世界に引き込み力が高い。主演の女の子も良かったけど何よりマカヴォイを心ゆくまで堪能できるのがいいですね。

終わってみると、なんだったのかよく分からなかったりするけど、それも込みでシャマラン節。

エアベンダーは見てない。
ぽっぽ

ぽっぽの感想・評価

1.2
オチがしぬほどつまらなかった
いち

いちの感想・評価

3.7
そうきたか!
ネタバレになると面白さ半減どころではないので書かないけど、
とりあえず
アニャ・テイラー=ジョイちゃんかわいくて、でも他のピチピチな姉ちゃんたちとは違う芯の強さに感服いたしました。

密室監禁ものとしては制作にジェイソン・ブラムがいるので、もう少し頑張って欲しかったと余計な一言だけ
>|