スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

2017.05.18鑑賞。3人の女子高生VS23重人格者というぶっちぎりのコンセプト。観たくならないわけがない。きっと面白い心理戦が観れるのだろうと期待して観に行くと、裏切られる。スランプ時のシャマラン作品のように超常現象をシャマラン風の解釈でだらだらと講義し、シャマランもしっかりカメオ出演。脱出劇の面白さは皆無。そもそもの監禁場所も、あそこじゃふつうばれないか?ラストはまさかのシャマラン・シネマティック・ユニバース。
tsuruta

tsurutaの感想・評価

4.0
とても良い顔相撲映画
Mika

Mikaの感想・評価

2.4
現実離れしすぎてちょっとうーんって感じでした
終わり方も私は知らなかったので理解できないままえ?終わり?みたいになってしまいました
期待してたぶんちょっと残念でした
もっと人格が出たら良かったかも?
最後こうゆう感じのおわりなのね?!って感想です。
yongzuo

yongzuoの感想・評価

-
シャマランワールド?

自分の世界観持ってる監督って多いけど、過去作見ないと楽しめない、ってとこまで行っちゃうと…
なんとなく作風とか世界観、撮り方が似てるくらいがちょうどいい
シリーズモノでもない限り単体で楽しみたい自分としてはシックス・センスやサインを観てるとより面白いとか言われてもな…

序盤のスポットの切り替わり(色んな人格の変化)はただただジェームズ・マカヴォイすげぇってくらいで狂気じみた感じが物足りなかった。
後半もびっくりするシーンやハラハラするシーンが思いのほか少なく、ふつうに見れてしまった。

面白い映画かと言われれば面白い映画なんだろうけど、怖いホラー映画かと言われれば否ってところ。
Takayuki

Takayukiの感想・評価

3.6
一作でここまで演じ分けたマカヴォイ凄すぎ。
鑑賞済み
セン

センの感想・評価

3.4
すごいです演伎がすごいです
人格変わる瞬間たまらん

でもフルネーム呼ぶだけで人格変わって元に戻るんか、、、?
そんな簡単なわけないやろ

世界に「私たち」の存在を知らしめてどうすんねんて感じやけど
おもろかったです
THE

THEの感想・評価

3.8
衝撃の○○○
>|