スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

見終わった後、どう感想を持てばいいのか困った。
「あの」シャマラン監督作品なのに内容は至って普通というか、シックスセンスのように最後のどんでん返しが突き抜けているだとか、サインのようにラストで大コケするだとか、そういったものが全く感じられなかった。
1回見ただけじゃわからないのか?と思いつつ、別に2回目を見たい気にもならずに解説や他の方のレビューを拝読。
なるほどそういうことか。
この作品とつながりがあるであろう過去作など見ていないし、小ネタに反応するほどのフリークでもない。
自分のような「一見様」にとっては「普通」の映画に感じるのだろう。
正直、SWやマーベル、DCでそれをやるならわからなくもないが、シャマラン監督でやってもなあ・・・という感じ。
マカヴォイの演技力はさすが。人格が入れ替わる様がはっきりとわかる。
女性の人格の時になぜか頭に三又又三がチラつくのは勘弁してほしかった。自分の問題だが。
Miwa

Miwaの感想・評価

3.4
ジェームズ・マカヴォイの演技が凄かった
しるば

しるばの感想・評価

4.4
誘拐監禁。私も特殊能力ほしい。
tachibana

tachibanaの感想・評価

3.0
ジェームズ・マカヴォイ凄いよ。よくここまで人格の役作りができたなあ…。
人格障害はこんなにも人を変えるものなんだろうか、口調・性格・体質・体力や力も別の人間そのものなんだろうか。実際見た事がないからわからないが。
地下のトンネルのシーンが好き。
ストーリーはほとんどがいろんな人格が現れるシーンで占められていて、あまりパッとしない進行だった。密室監禁ものとして見てしまったから物足りなかったのかな、もうちょいハラハラ感やらドキドキするものが欲しかった。
終わり方も何だか微妙だったけど、ストーリーのテーマやら設定は好きだったので楽しめました。
この映画、最後の最後に監督がシャマランだって気づきました(笑)
Elvis

Elvisの感想・評価

3.3
単品で見るとそんなに面白くない。簡単に言うと超能力ものを力の由来から丁寧に作品としたもの。アンブレイカブル→スプリット→グラス だそうだけど果たして・・・
akip

akipの感想・評価

3.7
ずっとハラハラさせられて楽しかった
Sayaka

Sayakaの感想・評価

3.0
ぐろかったです。ぐろいのが苦手な方にはおすすめしません。
多重人格っていう設定は斬新で、面白いと思いましたが、人格多すぎて誰がどのキャラか分かりずらかったです。
とにかく主役の人がめちゃめちゃ怖かったです。演技がすばらしいという意味では良いのですが、18歳でやっとみれるのかなと思いました。
ひ

ひの感想・評価

3.7
がんばるマカヴォイかっこいい
>|