スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

3.0
20年以上前に読んだ「アルジャーノンに花束を」を思い出す。多重人格は虐待に起因し,人格や性別,年齢も変えてしまうそうだ。この作品では体質や潜在能力にまでその影響を拡張し,ストーリーを盛り上げている。主人公の境遇が肝となるが,終盤が非現実的で,前半とは全く別の映画となる。
大木茂

大木茂の感想・評価

3.7
マカヴォイ怒りの怪演(開演)
欲を言えば(汚れてるかな?)もうちょっとパターンを見たかったな

ジョジョを見てる人ならこの話なんも疑問もなくスムーズ観れるけど
結構トンデモかな?
密室脱出スリラーだと思ってたら
進化した?15年前の車イス?ビースト?
X-MENかな?とシフトチェンジ(照明が移った?)
後半は女の子飾りと化してたからね

冗談はこの辺でやめるけど
マカヴォイの演技は最高だったね

次回作楽しみ
まさかのキャストが……!
Ruri

Ruriの感想・評価

3.5
ハラハラドキドキ
ラストのラストが衝撃的
saki

sakiの感想・評価

3.0
女の子が多重人格の男に監禁される話。
多重人格といっても仰天ニュースで見るようなやつではなく、なんと23人格。もちろん同じ俳優さんが演じてるのに、表情や動き、話し声ですぐどの人格か分かるくらいの演じ分けが素晴らしくて恐ろしい。
でもこれはただの多重人格の話でも、監禁ものでもないっていうところがミソ。かなり難解です。テーマは、光と影というのか、正義と悪というべきか。
人は悲惨な経験からヒーローになることもできればビーストになることもできる。実はラストで別の作品との繋がりを示唆されます。(わたしはそのまますぐTSUTAYAに借りに行っちゃいました)
でもやはり難解なので、解説読んでやっといまこんな感じのふんわり理解です。まだまだ面白い伏線たくさん張られてるのかしら。何度か観ても楽しめそうです。
あきら

あきらの感想・評価

3.9
ジェームズマカヴォイの演技力に脱帽。仕草、目線、表情、喋り方まで本当に別人に見える。23の人格があると謳っていますが、実際に出てきたのは6つか7つくらいかな? それでも充分すごい。

精神科医のおばあちゃんかっこいい。そして主人公の女の子もとても強い。凄惨な過去があっての強さなのが泣ける。強い女性っていいですよね。

そして最後!! 劇場で見たのにあまりの興奮に「はあっ…!」と息を飲んでしまいました。鳥肌立ちまくり。

アンブレイカブル見ててよかった…。
ビリーミリガンを参考にしたとの事で観たけど内容はただのスリラーちっくな感じで好みではなかったんですが、俳優さんの演じ分けが素晴らしく、七変化って感じで観ていて楽しかったです。

多重人格が生まれた経緯などは一切触れられないのであくまで作品モチーフの一つとして観るのがよろしいかも。
誘拐された3人の少女と多重人格の誘拐犯。マカヴォイの演技すごい。そして主人公の少女の静の演技もすごい。
過去の回想のはさみ方もテンポが途切れない上手い入れ方だった。

ただ…最後続編への伏線と思われるものは昔過ぎてほぼ覚えてなく、解説を読みました。
雀

雀の感想・評価

-
2018:05:12
★★★☆☆ レンタル。
>|