スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ラスト、そう来るのか。シャマラン・シネマティック・ユニバースの衝撃!この斜め上っぷりは、さすが、僕らのシャマランでした。
テキニ

テキニの感想・評価

3.2

最後いた?
この監督のやつ見てないから繋がらん

友達も先生もあっさりばっさり笑
度★★★★★
シャマランにしてはいい方

このレビューはネタバレを含みます

2017年に見たのにレビューしてなかったシリーズ。

【ザ・マカヴォイ劇場】な映画。
マカヴォイさんが23人格(+劇中で覚醒する24人目の人格)を演じ分けるとのことでしたが、実際映画に登場したのはどう多く見積もっても10人格ほどでは…?全部見たかったなー。
鑑賞後にマカヴォイさんのインタビューを探して読んだり、動画を見たりしましたが、ご本人いわく「ちゃんと23人格演じたのに、1役分のギャラしかもらってねぇし!!」とのことでしたw
ちなみに個人的には9歳児の「ヘドウィグ」の人格が1番好きでした。喋り方が舌ったらずになっちゃうのが可愛い。笑

誘拐されてしまう女子高生役のアニヤ・テイラー・ジョイも素晴らしかったです。マカヴォイさんの怪演に1歩も引かない存在感を、あの若さで出せてしまうのはすごい。一見か弱い女の子なのかと思いきや、土壇場で強さを発揮できちゃうキャラクターも合ってました。顔立ちもちょっぴりユニークだけど可愛らしくて、メジャー作品の監督よりも、作品にひと癖ある監督に気に入られそうな予感。

ストーリーとしては、まさかシャマランユニバースの一環とは思ってなかったので(笑)終わり方は「?」でしたが、これをきっかけに「アンブレイカブル」も見てみようかなと思いました。
非公開

非公開の感想・評価

3.5
23人
全員 見たかった
途中までは面白かった。
ジェームズ・マカボイの怪演
きのこ

きのこの感想・評価

3.8
ぶっちゃけ自分も知らない人格がたくさんいるんじゃないかとか思っちゃった、いないけど
>|