スプリットの作品情報・感想・評価

スプリット2017年製作の映画)

Split

上映日:2017年05月12日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.5

あらすじ

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な…

監禁された少女たちの運命は? その犯人が内に秘めた、想像を絶する人格とは?女子高生ケイシー(アニヤ・テイラー=ジョイ)は、級友クレア(ヘイリー・ルー・リチャードソン)のバースデー・パーティーに招かれ、その帰り、クレアの親友マルシア(ジェシカ・スーラ)と共に家まで車で送ってもらうことに。それが悲劇の始まりだった。見知らぬ男が車に乗り込んできて、3人は眠らされ、拉致される…目覚めると、そこは殺風景な密室。ドアを開けて入ってきた男は神経質な雰囲気を漂わせていた。このままでは命が危ない――どうすれば逃げられるのか? 3人が頭をひねっていた矢先、扉の向こうからさっきの男と女性の声が聞こえる。「助けて!」と叫ぶ少女たち。姿を現したのは…女性の洋服を着て、女性のような口調で話す男だった。「大丈夫、彼はあなたたちに手を出したりしないわ」絶句する少女たちに、今度は屈託なく、「僕、9歳だよ」と男は話かけてきた。実は、彼は23人もの人格を持ち、DID<解離性同一性障害>で精神医学を専門とする女医フレッチャー(ベティ・バックリー)のセラピーを受けていたのだった。密室で3人の女子高生VS 23人の人格の熾烈な攻防が繰り広げられる中、もうひとり、“24人目”の人格の存在が生まれようとしていた―。果たして彼女たちは脱出できるのか!?

「スプリット」に投稿された感想・評価

これが3部作の2作目なんて知らずに鑑賞。前作のアンブレイカブルも観たはずなんだけど、いまいち印象が薄い。しかし今回はジェームズ・マカヴォイの怪演なくして語れない作品だと思う。おそらくモデルとしたビリーミリガンは一部ではDID(解離性同一性障害)ではなく23体に憑依されていたとも言われているけれど、今作品もその匂いがプンプンする。監督が脚本をも手がけているので、おそらく知った上での表現だと思うけれど、サイコホラー以外にも、人間の様々な愚かさ、優しさをあちこちに散りばめている。次回のGlassへ主要人物が誰一人死なず、すべてが繋がる設定で終わったけれど、これはこれで十分怖くて楽しめた。マカヴォイのオネエ役は夢に見るほど強烈だったw
寒ブリ

寒ブリの感想・評価

3.3
期待値以下
本作をまだ観てない方へ
同じくシャマラン監督の、「アンブレイカブル」を先に観てください笑
その方が本作を最後まで楽しめます。
みゅー

みゅーの感想・評価

3.2
監督のテーマとしてよく取り上げられる常識では考えられない第6感的な力というか、才能についてが根底の作品。主演の俳優さんの演技力が誉められてますが、私は、女性の役がイマイチだったかなぁ。後は上手でしたけど。他の俳優さんが演じたらどうなってたかなぁ?って思う。実在する多重人格の事を調べていらっしゃると感じました。もう少し深みが欲しかったかなぁ。。
うぬぬ〜〜全然腑に落ちなくて調べまくったら、わあ、すごい、そういうことか!てなった。。。ドキドキしたりするけど、思ったよりスリル感はないかな〜〜でもおもしろかった!!とにかくシャマラン監督の作品を見ておくべき、、なんやね〜〜シックスセンスとかだいすきだけどなー
RF5

RF5の感想・評価

2.8
監督ナイト・シャマランの世界感が出てる。
普通に見たら最後は意味がわからないが、この監督が好きならいいだろう。

感想は期待はずれ感がある

おすすめ 2.5
泣ける 0
テンポの良さ 2.5
効果音 2.5
エロさ 2
話の設定もなかなか引き込まれる感じで、中盤辺りまではすごく面白かったです。

ただ後半はある人格が出て来てからは本当に面白くなかったです。
突然SFぽくなり、現実味がなくなります。

俳優さんの演技力が本当にすごかった。

エンディングはなし。
ストーリーが進むに連れドンドン見入っていく。多重人格を演じるジェームズ・マカヴォイがとにかく凄い、特にクライマックスの人格が一瞬の内に入れ替わりまくるのは目を見張った。俳優、冥利に尽きるんじゃないかなこれは笑笑
>|