あおい

関ヶ原のあおいのレビュー・感想・評価

関ヶ原(2017年製作の映画)
3.2
不義に逆らい、正義に生きよ
大一大万大吉、これぞ我が正義…

司馬遼太郎原作、岡田准一主演の歴史ドラマ。三成からみた関ヶ原が此処にあり!

戦国を描く大河ドラマではよく見かける「関ヶ原の戦い」。本作はそこにだけ焦点を当てた150分。もちろんフィクションですが、この戦いにかけた三成の想いが伝わる作品でした。

登場人物が多く、時代も目まぐるしく変化していくので、歴史の流れについて多少知っておかないと厳しいところもある。でも日頃大河に慣れ親しんでいれば、問題なく観れると思います。

悪役とされがちな三成は、どんな人物だったのか?どうして西軍を率いて戦うことになったのか?岡田准一の演技も相まって、石田三成のイメージ改善になるのではと感じました。戦国時代モノを観てると、やはり秀吉や家康は好きになれないので、今回も家康憎しでしたね( ^ω^ )

オリジナルキャラとして登場する初芽。架純ちゃんが演じるということで期待してましたが、案の定可愛かった( ^ω^ )女の子ほぼ1人しかおらん状況なので、際立って可愛かった( ^ω^ )最後のシーンもすごい泣けたし、間違いなく個人的なMVP。

主演の岡田准一は言うまでもなく、刑部殿とか島左近とか、勇猛な武将を演じた俳優さんたちも素晴らしかった。小早川秀秋を東出が演じるのも中々新鮮でしたが、優柔不断な彼を好演。マイナーな人も含め名だたる武将が出てたのが嬉しかった。

お話も俳優も良いんですけど、全体通してずっと何言ってるか分からんところが多かった。これが残念でなりませんでした。薩摩弁とかはもう100歩譲ってしゃーないけど、おしなべてみなさん、早口で分かりにくい!ここが改善されていれば、もっと良かった。

歴史が好きなら、原作未読でも間違いなく楽しめる。ただ、娯楽作として観ると少し厳しいかもしれない。