関ヶ原の作品情報・感想・評価

関ヶ原2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:149分

ジャンル:

3.3

あらすじ

西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だった。 豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成。権力に燃え、天下取りの私欲のために戦う徳川家康。圧倒的に有利と言われた三成率いる西軍はなぜ負けたのか? そこには “封印”された真実が隠さ…

西暦1600年10月21日。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打ち、その後の日本の支配者を決定づけた、戦国史上最大の天下分け目の決戦“関ヶ原の戦い”。その決着に要した時間はたったの6時間だった。 豊臣家への忠義から立ちあがり、史上最大の合戦に挑んだ石田三成。権力に燃え、天下取りの私欲のために戦う徳川家康。圧倒的に有利と言われた三成率いる西軍はなぜ負けたのか? そこには “封印”された真実が隠されていた! そして、三成を命を懸けて守り、愛し続けた忍び・初芽との許されない、淡い“恋”の行方は・・・。 様々な権謀が渦巻く中、多勢に流されず 己の「愛」と「正義」を信じ、貫き通そうとした“純粋すぎる武将”三成を中心に、「愛」と「野望」の激突が、今幕を開ける!!

「関ヶ原」に投稿された感想・評価

a2y6a

a2y6aの感想・評価

1.5
なかなか残念な作品でした。
何を観たらいいのやら。
キャスト豪華な史実に沿ったダイジェスト?って感じで雑。
この作品で石田三成の何を見せたかったのか??
前田利家と島左近の言う所の純粋が故に義を重んじて、相手も義を大事にすると信じ込んでいるところなのかな?
そしたら家康が勝利した後に三成が残したものは何なのかがさっぱり分からない。
三成が無駄死にするだけの映画。
そしてアクションの繋ぎが下手だった。
最近気づいたことで、制作がジャンゴフィルムって会社の映画は特に酷いのが多い。
一言でいえば、重厚でシリアスな歴史映画。 

合戦のシーンは、「プライベート・ライアン」を思い起こさせる凄惨なシーンが多く、大河ドラマ等のテレビドラマでは表現できないリアリティを感じました。

時代背景が分からないと難しいかもしれないけど、自分のような歴史好きとしては、一押ししたい作品。

現代の関ヶ原の合戦の観点を残す意味でも、意義がある映画。

しかし、石田三成役の岡田准一が、大河ドラマの黒田官兵衛の印象が残っており、役柄も似ていたので、大河ドラマを見ていた人は、混乱しやすいかも。

せめて、三成のトレードマークである乱髪天衝脇立兜を使ってくれると良かったかな。
もう少し美術面で見せてくれると良かった。
あおい

あおいの感想・評価

3.2
不義に逆らい、正義に生きよ
大一大万大吉、これぞ我が正義…

司馬遼太郎原作、岡田准一主演の歴史ドラマ。三成からみた関ヶ原が此処にあり!

戦国を描く大河ドラマではよく見かける「関ヶ原の戦い」。本作はそこにだけ焦点を当てた150分。もちろんフィクションですが、この戦いにかけた三成の想いが伝わる作品でした。

登場人物が多く、時代も目まぐるしく変化していくので、歴史の流れについて多少知っておかないと厳しいところもある。でも日頃大河に慣れ親しんでいれば、問題なく観れると思います。

悪役とされがちな三成は、どんな人物だったのか?どうして西軍を率いて戦うことになったのか?岡田准一の演技も相まって、石田三成のイメージ改善になるのではと感じました。戦国時代モノを観てると、やはり秀吉や家康は好きになれないので、今回も家康憎しでしたね( ^ω^ )

オリジナルキャラとして登場する初芽。架純ちゃんが演じるということで期待してましたが、案の定可愛かった( ^ω^ )女の子ほぼ1人しかおらん状況なので、際立って可愛かった( ^ω^ )最後のシーンもすごい泣けたし、間違いなく個人的なMVP。

主演の岡田准一は言うまでもなく、刑部殿とか島左近とか、勇猛な武将を演じた俳優さんたちも素晴らしかった。小早川秀秋を東出が演じるのも中々新鮮でしたが、優柔不断な彼を好演。マイナーな人も含め名だたる武将が出てたのが嬉しかった。

お話も俳優も良いんですけど、全体通してずっと何言ってるか分からんところが多かった。これが残念でなりませんでした。薩摩弁とかはもう100歩譲ってしゃーないけど、おしなべてみなさん、早口で分かりにくい!ここが改善されていれば、もっと良かった。

歴史が好きなら、原作未読でも間違いなく楽しめる。ただ、娯楽作として観ると少し厳しいかもしれない。
並み居る武将たちを差し置いてのイチオシは、北政所=キムラ緑子!
もちろん、家康=役所広司の貫禄は安定感抜群だし、他の役者もみんな頑張ってるけど、出番わずかながら、キムラ緑子には一番楽しませてもらいました^_^

映画の方は、関ヶ原の「戦い」というより、石田三成と徳川家康の「政略」。家康の方が、一枚も二枚も上手だったのは明らか。参謀タイプの三成が、リーダー役をやらなければならなかった悲哀が、もう少し出てればなぁと思う。贅沢かな?

とにかく関係者が多いので、ある程度人物関係を事前に知ってないとついていけなくなるし、この尺では、ダイジェスト感は払拭出来ないのが残念。

この監督はいつも、ツッコミどころも不満点もあるのに、それなりに楽しめてしまう。不思議です。今の日本には、こじんまりとした秀作を作る監督はたくさんいるのですが、こういう大作を作れる人は本当に少ないので、貴重だと思います。後は脚本かなぁ〜?
「予習必須の早口時代劇。」

司馬遼太郎の歴史小説の映画化。一度1981年に3回にわたりテレビドラマ化している。残念ながらイマイチノレなかった。

まず、一見さんお断りというかある程度原作を読むか歴史を知らないと何をやってるか全くついていけない程、説明や状況の補足が無い不親切ぶり。自分は歴史は詳しくないし原作も読んでないので、最初から最後まで良く分からなかった。

かといってある程度分かってる人が見ても多分楽しめないんじゃないかと思う。その理由は色々あるが、まず誰が誰だか分からない程の人物の多さ。掘り下げもなくさっさと進むもんだから次出てきても誰だったっけ? となる。掘り下げをせず、華添える為のヒロイン、初芽には時間は割く顛末。このヒロイン、正直いてもいなくても物語が成り立つし、有村架純自体が時代劇離れしてるのでどうにも浮いた印象しか無かった。

あと登場人物全員が早口で捲し立てる為、字幕を付けないと何言ってるか分からんのも難。余計なサイドエピソードを入れるヒマがあれば、もっと余裕を持たせて喋らせて欲しかったわ。

良かった点を敢えてあげるとするならば家康の狡猾さが良く出てたことと関ヶ原の合戦がそこそこ見れたコトぐらいか。とにかく残念なデキだった。余談だが、前に見た「忍びの国」に次ぎ、2作連続で時代劇、しかも伊賀が出てくるモノを見るのは偶然でも珍しい。
秀雄

秀雄の感想・評価

3.5
岡田准一が出ているので観てみました。

徳川家康側ではなく、石田三成視点の感じがスッと入り込めて面白く観れました。

家康役の役所広司さん、さすがに存在感たっぷりで荒々しさがある策士として絶妙でした✨

初芽役の有村架純さん、本当に演技がうまい。将来、とんでもない大女優さんになると確信しています。

映画の内容はちょっと詰め込んだ感じになってしまっていると感じます。

岡田准一さんのいいところがあまり出ていないように感じました。
レビューしていませんが「海賊と呼ばれた男」と比べるともの足りませんでした。
岡田君の演技が見たくて鑑賞
歴史に疎いのでイマイチ入り込めませんでした。
伊賀の忍びは早口なのでしょうか。
頭の良い人々の話みたく感じた。
聞き取れなくてついて行けなかったし、岡田君と有村さんの思い合う感じが早すぎて突っ込んでしまいました。
Ika

Ikaの感想・評価

3.5
莫大な予備知識が必要!
軽い気持ちで見れない
演技力は、高い
司馬遼太郎原作、関ヶ原。
石田三成のイメージが変わる映画でしたね。徳川家康の役所広司がすごい!影武者の仲代達也を彷彿させる演技が圧巻です。
もちろん、石田三成の岡田准一、時代劇の有村架純も良いです。
>|