WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

mana

manaの感想・評価

4.0
X JAPANのファンとしての感想ですが、今まで公開されなかったような写真や映像か観れて満足しました。また、すでに観たことがあるような映像なども改めて観ることで感じられるものがありました。
X JAPANを全然知らない方でもこの映画を通してX JAPANの紆余曲折を知り、興味を持つことができる作品だと思います。
suzu

suzuの感想・評価

4.5
壮絶。
解散発表があってhideが亡くなった時、私は中学生だった。
テレビの向こう側はカオス状態。
知ってたのにな。
本当の意味で分かってなかった。
彼らの音楽は常に求められていて、色々な傷を糧にする事が出来たからこそ
30年余りとんでもなく飛躍し続けて来れたと思うし、これから40年と、そうあり続けるんだろうなと思う。
だけど心の痛みは消えない。
エンドロールで堪え切れずに泣いた。
こんなドキュメンタリー映画は初めてでした。
Kism

Kismの感想・評価

4.0
よしき様なんでも出来る
トシの洗脳の事金スマくらいもっと入れて欲しかったかな
あーでもヒデも、そんな言いよったら全部持っと見たかった
ぜんぜんXJAPAN知らないけど観た。泣いた。

精神の次元が違うった。凄まじい。
ふつうにこの人生辿ったら狂う。
Xの歴史ドキュメンタリー

X聴いてた自分にとっては良かった。HIDEの笑顔が良いなぁー

TOSHI今の方が歌魅力的な気がするエンディング良かった
goro

goroの感想・評価

4.0
全身全霊で行けば敗北はありえない。
っ言ってたのに…
持つべき物は友と打ち込める物なんだろうね。
DVD見た後、YOUTUBEでLIVE1時間も見てしまった。
gary

garyの感想・評価

3.8
通ってきた世代としては非常に感慨深い。
YOSHIKIは丸くなったなーとしみじみ。

解散した理由は?
の返答がボーカルが洗脳されたから、って事実とはいえ端的にストレートだな、と飛行機で思わず吹き出した。
Keizysoze

Keizysozeの感想・評価

4.0
【WE ARE X】
★★★★☆ 4/5点。 4.0
1月24日鑑賞。
2018年 5本目。
#‎2‎018映画メモ

日本で頂点を極めたモンスターバンドXの世界への挑戦から敗北。
それに連鎖するToshi脱退と洗脳、X解散、HIDEとTAIJIの死、

バンドを襲った悲劇の数々。
その中でも音楽を信じ続け、天皇への献上曲や万博のテーマ曲など
日本の象徴的な音楽を世に残してきたYoshiki。

この映画は、結成後30年以上に渡って生み出されてきた、
X JAPANの熱狂と狂乱の歴史が詰まってる。

内容はミュージシャン達の聖地
マディソン・スクエア・ガーデンでの単独公演の舞台裏を追う
ドキュメンタリー形式。

最後は圧巻。

こうして彼らの軌跡を観ると、
本当に彼らが日本の音楽を世界に広め、
新たなジャンルを築き上げたことがわかった。

そして今も活躍し続けているのは心から敬意を表したい。
眠り猫

眠り猫の感想・評価

4.2
あんなに色々な経験があるからこそ、紅白でジャニーズの隙間から手拍子してくれるんだ……尊すぎるわ。合掌。
azffy

azffyの感想・評価

4.0
オープニングから心掴まれた!
かっこいーーー。

Xjapanが全盛期の頃、私は産まれてないかまだ小さくて、物心ついてXjapanの存在をちゃんと知ったのはhideのソロのピンクスパイダーがかっこいいなって思ったときだったなぁ。

背景にこんなに壮絶なことがあったなんて、色々起こりすぎだよ。。