WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

X JAPANは小学生に知って
中学生でファンになった。
中学の時には既に解散してたけど
再結成の時に運良くライブに行けて最高だったのを今でも覚えてる。

ドキュメンタリーで語られる事は
ファンなら知っていることが多かったと思う
でも改めてインタビューを見ると
やっぱりグッとくる。


yoshikiの自伝は未だに読める気になれなくて(たぶん、辛くなるから)
もしかしたらそこに書かれてるかもしれないけど
初めて知ったのはラストライブの時に
hideとyoshikiがtoshiの事で相談し合っていた事。
そして、何かマズイことを言い出したら
マイクのスイッチを切るように
スタッフへ指示したという事だ。
どうしたら良いか本当にわからなかったろうし
全く納得出来ないままの解散で本当に辛かったと思うけど
toshiのことで本気で考えてたのはよくわかった。


hideの言う通りX JAPANは
yoshikiのバンドだと思う。
そして二人の死でyoshikiには
かつてからの目標だった
世界のステージに立つという思いが
更に強くもっともっと上を目指すようになって行った。
それは自分のバンドに関わったからという彼らに対する"贖罪"にも思えてしまう程。

yoshikiは父の死を思って
作ったとしている「Tears」の中で
このように語りかけている


"Fou now I will try to live for you and for me
(今わたしは、生きて行こうと思う。貴方の為に、そして自分の為に)
I will try to live with love, with dreams,
(僕は生きていく。愛と共に、夢と共に)
and forever with tears
(そして永遠に涙と共に)"



癒えない傷で涙することがあっても
とにかく生きて行こうと思う事。
本当にそれだけで十分だ。
X JAPANのドキュメンタリーかと思いきやYOSHIKIさんのドキュメンタリーやった。


ずっと非公開だった幼少期の話や幼少期の写真も出て来る貴重な内容でファンでもファンじゃなくても見応えのある内容になってると思う。


X JAPANはまだ終わってなくてこれから更に世界の高い所を目指していくっていう決意表明ともとれる内容だっただけに
一緒に世界を目指していたHIDEさんの意志を継ぐSUGIZOさんの話ももっと聞きたかった。
X JAPANの弟分って言われてたLUNA SEAのギタリストやからどうしても新メンバーとして受け入れにくいファンも少なくないと思うからこそ
X JAPANをHIDEさんを近くで見ていたSUGIZOさんの言葉でこれからのX JAPANを語って欲しかった。
141

141の感想・評価

4.0
良くも悪くも振り切れたところに何かがあるのが人の感情や表現なのだと。
ゆべし

ゆべしの感想・評価

3.3
もう20年近く前に1回だけ友人の付き合いでライブ行ったことあるので、なんとなく。
浮世離れした印象だったYoshikiがtoshiと笑いながら話してるシーンで「あ、普通の人なんだな」と思ったり、昔の映像でファンが字のごとく雪崩れ込んだりするのを改めて見て、こんなバンドってもう出てこないんじゃないかなぁ…と素直に思った。
見応えのあるドキュメンタリー映画でした!英語圏じゃないのにXは日本の誇り‼️ 彼らの英語力ってどうなのかわかる方教えて下さい!
そうなの?シュガーマンのスタッフなの?!Xにというより音楽に対する愛が感じられるドキュメンタリー。別にXのファンではないのだが、YOSHIKIのキャラ含め唯一無二の個性を持つバンドだと思う。
DIO

DIOの感想・評価

3.7
Xjapan初心者にもオススメ!

とは言ったものの結構YOSHIKIのみにフォーカスしている映画になっています。それでもXの歴史を知る上でこれ程まとまっている映像作品もないかも。
ちなみに私はかなりのX好きです笑
この作品を機に沢山の人が日本の偉大なバンドXjapanを知ってもらえたらと思う次第です。
よくまとまったドキュメンタリーだった。1つの歴史。

でも、見ていて辛い。命を削ってロックしているひとたち。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

4.0
日本が誇る世界的なバンドのドキュメンタリー「We Are X」。日本の音楽界を代表するスーパーバンドだ。このドキュメンタリーはXのデビューからニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンのライブまで描いてるものです。もちろんToshiの洗脳事件、Hideの自殺、全て語るバンドメンバー。僕がX-Japan知ったのは自分の兄貴の元彼女。そのこが日本の留学生から聞き、僕に教えてくれた。一つの曲がマホガニー・ラッシュのカバーだったので自分はびっくり。それから自分も大のXファンになりました。残念ながら、生でライブは見たことはない。1997の解散ライブは行けず、DVDで見るしかないです。多分Xは顔相ビジュアル系のバンドだった。見て目も派手、音楽はヘビー、バラードも素敵。解散の5ヶ月後でHideの自殺はショックだったな。でもリーダーのYoshikiは彼らの夢は諦めず、世界の頂点に立ってる気がする。We Are X!
降りかかる全ての不幸がバンドの味方をしているという皮肉。こうも不屈を見せられると熱くならざるを得ないですね。なんかもう笑っちゃう。YOSHIKIの形容し難いキャラクター含め、興味深さしかない映画でした。