WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

2018年 74本目

最近になって自分含め、家族が X にどっぷりハマり始めて、Blu-rayが買ってあったので、自分はにわか勢だけど見てみた。
ファンじゃなくても知っている、ToshIの洗脳、海外での活動する難しさ、HIDEとTAIJIの死、などYOSHIKIだけじゃないけど、彼への負担というか、背負うものが果てしなく大きいのがインタビューを通じて痛いほど伝わってくる。
今では海外でも成功し、ファンも世界中にいるけど、その道のりは険しかっただろうな。自分もそこまで X について詳しくないから多くは語れないけど、興味ない人にもぜひ見てほしいドキュメンタリー映画だった。
自分も高校時代、軽音部でドラムやってた時に『紅』とか『Rusty-Nail』とか叩いてみたけど、Aメロで挫折して「こんなん無理だろ!」って諦めたっけなあ。
ファンでもなんでもないのだが。しかし、めっちゃドラマチックな半生送っとるんだねYOSHIKIって。
hideは高校の頃みんな聞いてたなー。
X

海外でも評価されている数少ない日本のバンド。それがX JAPANだ。
正直、自分は世代ではない。ただ、hideの死は、当時小学生でしたが鮮明に覚えています。
自分は、彼らの音楽を聴き始めたのは大学時代で。10年近く前です。
そう完全に、にわかファンである。
このレビューも、にわかファンが書いた感想だと思ってください。

そんな偉大なロックバンドのCDよりも握手券の方が売れる日本。
なにか、おかしいよね。口パク集団よりも・・・。
おっと、人の悪口を書くのはダメだと親切な人に教えてもらったばかりでした。

ちゃんと、海外の人達にも評価されてるし、たくさんの人々を魅了してやまない改めて凄いバンドです。おそらく、こんなバンドはもう現れないだろう。彼らの楽曲で一番好きなのが「ART OF LIFE」1曲が30分くらいある曲ですが、メロディーの美しさ、激しさ、初めて聞いた時から心をつかんで離さない大好きな曲です。

マディソン・スクエア・ガーデン。音楽の聖地と知られるこの場所でライブを行った日本人は、少ししかいない。X JAPANがそのうちの一つだということは言うまでもない。
(そんな自分は、ラルクが一番好きなのも言うまでもない。)

そんな、歴史的快挙も日本では、ほとんど取り上げない。
アイドルの不祥事ばかりだ。やっぱり、おかしいよね。
ピッコロメンバーにならないように注意しないと。
(お酒が飲めないので大丈夫かな?)

次から次へと大物ゲストが登場する。中にはスタンリーも。笑
やはりXは偉大だと、知ることができる。

Toshiの洗脳、解散、hideの死。このあたりにも、この映画では触れている。ある程度は知ってたけど、改めて観ると胸にくるものがある。

改めてX JAPANの偉大さ。その魅力。そして悲しさ。
たくさんの愛がつまった映画である。

そろそろ、BABYMETALのドキュメンタリーが観たいDEATH。

wowow
日本が世界に誇るロックバンド、X JAPAN の軌跡に迫る音楽ドキュメンタリー。世界への挑戦やHIDEとTAIJIの死など数奇な歴史を映し出すと共に、マディソン・スクエア・ガーデンの公演や舞台裏に密着する。
Osudake

Osudakeの感想・評価

3.9
まわりの人が、次々、自殺しちゃうんですね。
自殺しないまでも、カルト宗教行っちゃうとか。
天才過ぎて、まわりを追い詰めるのかも知れませんね。
どんな内容だった?と聞かれれば、父親の死、ヴォーカリストの洗脳騒動、ギタリストの死、クビにしたベーシストの死、墓参り、葬式、墓参りとか…。そんな困難ばかり乗り越えた先に見える感動的な未来ですよ!インタビューからライブ映像、リハーサルに過去のマテリアルまで、数々の素材がどれも興味深く音楽ドキュメンタリー映画としてはとても優秀な作品だったんじゃないかと。
2018.5.1.
WOWOW
WE ARE X

ドラム🥁YOSHIKIさんから見たエックスの歴史や仲間の壮絶そして神懸的な物語をドキュメンタリーで映画化。

死に場所を求め今も高みを目指す!




◉83C点。
まだまだ世界は遠い気持ちになってしまった。
本当に凄い仲間や人生のトラップにまだまだ挑戦するX JAPAN! 道のりはぶっちゃけ遠い!

★彡でも応援しています📣!

◉知らない事も多かった。
父親の死やYOSHIKIさんの酸欠転倒などは知らずパフォーマンスだと思っていました。🙇‍♂️
後半はYOSHIKIさんが神がかったに人に見えました。( ゚д゚)

★彡父親の死別から大きく変わったYOSHIKIさんの変化。死に場所を探している様にも見えました。



◉始めて聞いた時の衝撃は凄かった!

ベビーメタルと言う言葉も知らない時に友人からエックスの曲「紅」を聞かされた時に冒頭スローから始まり、いきなりフル加速する早くて攻撃的な曲に度肝とあっけにとられました。

またアルバムのジャケットで有刺鉄線で縛られたの女の人の胸にナイフで刻まれたエックスの文字に見てはいけないものを見た記憶が鮮明にあります。❌



◉残念な点。
元気が出るテレビの下りは私的には、無くして欲しくなかったなぁ〜
このドキュメンタリーが嘘っぽくなってしまう。カッコいい所だけ集めた映像はそんなに見たくない。

本当のエックスが見たかったし今の肩の力が抜けたYOSHIKIさんならいけたのでは?ないかと思いました。3秒でもいいのに!

★彡もう少し海外や初めて見る人に向けた音楽性の部分を見せて欲しかったです。
このドキュメンタリーだけでは新規のファンは増えない気がしました。

★彡知らない人にはビジュアルと仲間の死や洗脳からもがいているバンドにしか見えないのも事実。

★彡YOSHIKIさんはこの映画に反対していたのもわかる気がする。
次に伝記映画として撮るならば、日本人監督に頼む様にしてほしい。


★彡言っちゃえば、金スマのYOSHIKI特集や洗脳のTOSHI特殊の方が再現VTRの方が泣ける!

是非YouTubeで見れますので興味ある方はまず金スマからおススメ!
emily

emilyの感想・評価

3.8
昨日鑑賞しました。

私はまだまだ餓鬼なので、日本での絶頂期のXを知らない世代です。どの好きなバンドのルーツを辿っても必ず出てくる「X」が気になって鑑賞しました。

hideさんの命日というのはなにか引き寄せられたからかもしれません。

正直そんなわけで、運命共同体なわけでは無かったのですが興味で見始めました。

大切な身内の自殺、突然の仲間の死、大事な幼馴染の洗脳騒動。字面だけだと相当なものです。「(神は乗り越えられる人にしか試練を与えないという)その言葉、大好きなんですよね」と以前テレビでYOSHIKIさんが語っていたことを不意に思い出しながら、この映像で涙を流し語る彼の姿に、私の涙も流れました。そしてそれらの苦悩を乗り越えて、肉体的な悩みを抱えながらも大切な仲間と共にステージに立つ生き様に惚れました。

そして誰だか忘れてしまいましたが(元プロデューサー?)、hideさんがあまりにもファン思いで、思い出を語ろうと思うと涙が止まらなくなってしまうので、自分の口からは語ることは出来ないと涙目になりながら語っていたのを見てXのファンは本当に幸せ者だなあと、何故か私も涙が溢れてしまいました。

とても良い作品でしたが、以前のToshiさんYoshikiさんの金スマの特集と同様の密度に感じたので3.8とさせて頂きました。

機会があればまた是非見直したいと思います。そしてXの曲を聞いてみようと思います。HURRY GO ROUNDは映画館で見ます。

これは個人的な話ですがMUCCの大ファンなので、不意打ちMUCCにピクっとしました笑
Tiara

Tiaraの感想・評価

4.0
若き日の破滅や哀しみが
永遠に記憶の根底に有って
勿論円熟したプロのテクニックと
達観した今だからこそ
尚更に魅力的
生きてる間中腱や関節を酷使し
心の痛みに耐え続けるYOSHIKI
そしてSUGIZOの喩え
傷を負った人の感覚に寄り添って
共に歩んでくれるような音
正にそれが全て
胸打ち惹かれる理由
Mommy

Mommyの感想・評価

4.1
人生がドラマなのか、映画なのか。

どれだけの苦悩があっただろうと、言葉が役に立たないソレは、芸術で昇華できたのだろうか。

自分を苦しめるものも救うものも、結局同じものだったりする。

子ども時代に衝撃を受けたなーって事とともに色々とフラッシュバックさせてくれました。

ドキュメンタリーの構成はよくわからないけど、Xが好きなのでよし。