WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.2

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

Kazu

Kazuの感想・評価

4.7
Xをリアルタイム知らない世代ですが、最近XのBlue Bloodを聴いて、本当に日本のロック史における金字塔だと思いました。全く色褪せていない。映画の中でKISSのジム・シモンズ(彼もイスラエルからの移民で最初英語のアクセントに苦しんだ)が、Yoshikiが英語圏で生まれていたら世界を制していただろうという言葉は重い。

Yoshikiの音楽的才能、体を壊すまで美とエンターテイメントを追求するストイックな姿勢、HideとTaijiを失い、Toshiが洗脳されるという壮絶な運命。それでも復活したXというバンド。ある程度時間をおいたから、Yoshikiが過去のことも話せるようになり、ドキュメンタリーとして形になったようです。

Xは生き方、その歴史自体がロックだと思いました。
この映画を観てから暫くは、会う人全員にhideについて語りだすウザい人になります。
むろみ

むろみの感想・評価

4.0
切なくて今にも壊れそうで。でもものすごく強かった。
櫨山

櫨山の感想・評価

3.9
俺はX JAPAN知らないから面白かったけど……ファン的にどうなんだろう?

なんか門外漢感があるので感想言いづらい
【WE ARE X】

かれこれもう20年以上前のことになるだろうか・・・そうだよね、自分がまだ高校一年生だったんだから。
ありがちなシチュエーションだけど、通学中のバスの中で友達がウォークマンで音楽を聴いていた。
「なあ、『X』って知ってる?めっちゃカッコいいから聴いてみ!」
そう言って彼のイヤホンを自分の耳に当てた。それが『X』との出会いだった。

『な、なんじゃこりゃ~!?』

当時まだJ-POPくらいしか聴いていなかった普通の男子高校生が初めて体験する「サウンド」とはまさにこのことで、本当に脳天に雷が落ちたかのような衝撃を受けた。とにかくその圧倒的なスピードと最初から最後まで心を離さない圧倒的な音楽。
速攻で「VanishingVision」と「BLUE BLOOD」をレンタルし、しばしヘヴィーローテーション。
とにかくカッコよかったな~。まだインディーズだったけど既に凄い売れていて、メジャーデビュー間違いなしくらいの位置にはいたのは覚えてる(BLUEBLOOD発売はメジャー進出後の第1弾)。
その後の大ブレイクはご存知の方も多いと思うけど。。。
そう、女の子たちが挙って「YOSHIKI~♥♥♥」とか「hide~~♥♥♥」とかやり始めた頃から、なんか「違う世界」に行ってしまったような気がして自然と僕は遠のいていきました。別にXが硬派とかいうわけではないけど、結局そっちか・・・となんだか寂しい気持ちも感じつつ。。。

それから随分と時間も経ち自分もいいオッサンになりましたよ。無事結婚もして子供も2人いる。
青春時代の思い出として心にしまっていた「X」。
そんな時に今回の映画化の知らせを聞いた。「何で今頃?」という直感的な疑問もありつつ、何故かざわめく気持ちもあり、日に日に観たい欲求が強くなり今回の鑑賞の運びとなりました。
まず始めに。
「何故今頃?」という観賞前の自分の疑問に対して一言言ってあげたい。
「今頃?ではなく、今じゃなきゃ作れない映画だったんだよ」と。

この作品で全編を通してテーマとなっているのはYOSHIKIの苦悩や背負ってしまった十字架のあまりの大きさですね。
個人的にこういう「アイコン化」したキャラクターに関してはあまり背景は気にしないようにしています。メチャメチャキレイなアイドルが実は「タバコスパスパ吸ってるヤリ○ンだよ」とかって話を聞かされても(真意の程はともかく)、いい気分はしない。例え信じるかどうかは自分次第と言われても。だから、正直「YOSHIKIってさ~」とか「TOSHIはさ~」というのは昔から聞かないようにしていた。
そんなせいか、YOSHIKIのバックグラウンドについては何となくというか漠然とという程度しか知らなかったというのが本音。
いや、仮に結構マニア的に詳しかったとしてもこの作品は結構衝撃を受けるんじゃないかな・・・。
映画は今までXに起こった様々な事件や出来事を時系列で追っていくスタイルでしたが、その中でも特に衝撃を受けたのはやっぱりTaijiの脱退でしたね。今までTaijiは自分勝手に辞めていったんだと思ってた。でも真相は違った。
真実は「TaijiがXのルールを破ったから」
そしてYOSHIKIはTaijiにクビを宣告した。二人は殴りあったそうです。でもあそこでTaijiをクビにしなければXが崩壊していたとまで言っていましたので相当なことがあったんだろうと察しました。その後でもToshiやYOSHIKIは「Taijiは本当にカッコいい」とか「世界最高のベーシスト」などと呼んでいたし、嫌いで別れたわけではない事がわかるだけにその決断の重さや苦渋が伝わってきて胸が苦しくなりました。
後年、X再結成後のライブにTaijiはゲストプレイヤーとして参加します。相変わらずカッコいいTaijiのままで。そしてそれがみんなとの最後の演奏でもありました。笑顔で語り合ったYOSHIKIとTaijiの間には何の蟠りもないくらい普通に接していたのです。
決してTaijiが憎かったわけじゃない。ただXを守るためにはそれしかなかった・・・・その言葉が突き刺さります。
後年、雑誌のインタヴューでTaijiはこう答えます。
「今まで一番キツかったこと・・・・・そうだなぁ。やっぱりXを辞めたときかな」
・・・もう外野は何にも言えないよね。

またhideの存在もXの中では特別なもので、唯一YOSHIKIを後ろから支えてあげることの出来る屋台骨のような存在であったと語られます。
まるで母のような存在なのかな・・・と自分なりに解釈してました。
・・・そして当然避けては通れない事実。
hideは自殺だったのか?・・・。
状況的には自殺ととられても仕方がないものもある。
しかし、自殺ではないと信じているものに対して「あれは自殺なんだ!」と訴えることに何の意味があるのだろう。
YOSHIKIとhideはずっと「次のX」を作るための案を練っていたといいます。それはあの事故の直前まで続いていました。新しいヴォーカルを探して生まれ変わったXを作ろう!と。そんな彼が自殺をするとはとても思えないのです。hideのエピソードを語りながらYOSHIKIは流れる涙を隠そうとはしませんでした。きっと本音で語られたインタヴューなんだろうと。静かなシーンでしたがグッと来るものがありました。

よく「新しいモノを生み出すためには、古いモノを壊さなければならない」なんて言葉を聞きます。
Xも「破壊と再生」を何度となく繰り返していく過程で、恐らく「破壊」のほうが多かったんじゃないか?なんて思いますが、そのたびに「再生」してきたからこそ、この映画で語られる言葉のすべてに重みがあり、感動が生まれます。

単なるヴィジュアル系バンドのMVとかクリップを集めて、適当にインタヴュー映像を挟んで繋げた様な映画なんでしょ?と思っている方。
一度ご覧下さい。「X」が単なるバンドというカテゴリーを越えた「現象」となった意味がわかります。
豚

豚の感想・評価

4.0
日本の誇るモンスターロックバンド、X JAPANの軌跡を追ったドキュメンタリー。
テーマとしてはXならびにX JAPANではあるが、リーダーであるYOSHIKIの半生記と言い換えても問題ない内容。
それほどYOSHIKIが誰よりもこのバンドを愛してやまないのだということが、ひしひしと伝わる90分だった。

ファンならば必見、というかそもそもファンであることが前提の内容であるため、バンドを知らない人が観てもあまり感想を持たなそうな気もする。
ただ、日本を代表するがゆえのアイコニックな彼らの情報はセンセーショナルなものが多く、hideやTAIJIの死、ToshIの洗脳等、事実として知れ渡っているものについてより深く知りえるという意味では、ファンじゃない人でもかなり興味深いのではないかと思う。

個人的にもっとも印象深かったのは、TAIJIの脱退についてYOSHIKIが語るシーンと、一台のピアノを前にYOSHIKIとToshIが子供のころのエピソードを語るシーン。
前者はあまり見たことのない、YOSHIKIの非常に複雑そうな表情と、「(脱退した理由は)死ぬまで言うつもりはない」とひどく悲しそうに呟いていたのがとても印象的だった。
後者は、洗脳や仲間の死など、バンドとして、人としてさまざまなものを抱え、乗り越えた末にようやく見せたお互いの笑顔が交わされるシーン。
無邪気な話題で楽しそうに話している二人を見て、X JAPANのYOSHIKIとToshIではなく、林佳樹と出山利三という幼いころからの友達にようやく戻れたのではないかなと思わず感動させられた。

全編を通じて、おもにYOSHIKIの口から語られるため、YOSHIKI視点のエピソードが多く、どれだけYOSHIKIがバンドを大事にしていたか、どれだけ苦労をしてきたのかがよく分かります。
正直に言えばもうちょっと他メンバーの話も聞きたかったですが、XといえばYOSHIKIのプロジェクトという一面もあるので、これはこれで良い作りだったのではないでしょうか。
hideについて語るシーンでは、やはりというか胸が熱くなります。
93分と非常にコンパクトながら、語られるエピソードのどれもが濃密であるため、満足感は高いです。

過去のお宝映像やバックステージ映像なんかも多くあり、恐らく初出しのものもいくつかあるのではないだろうか。
色んな意味で貴重な作品です。
X JAPAN、特にX時代が好きだが、熱狂的なファンでも無い者です。
なので、冷静に鑑賞することができるのだが、節々に出てくるYOSHIKIかっこいいでしょ演出が一周回って、面白く感じた。YOSHIKIの満身創痍アピールが、もはや可愛い。筋肉注射するシーンだらけ。

手首の痛みを訴えるYOSHIKIに医者が「フォーム変えた方がいいよ」って言われるシーンは笑った。

ざっくり歴史を知るのにいいと思う。昔のXの映像も多くインサートされていて、それがやはり最高だった。
YOSHIKIが墓参りするシーンが3回もあるので、ある意味墓参り映画でもある。

後は、Toshiが戻ってきてYOSHIKI嬉しそうなのと、Toshiが結構英語喋れるのと、PATAが打ち合わせ中ずっとビールを飲んでいるのが見所。

でもやっぱり再結成を同窓会で終わらせないで、上に行こうとしてるのは流石。新曲はあれだけど。ていうかアルバムは!?
dorakoo

dorakooの感想・評価

3.7
X JAPANのファンではないけれどラストではYOSHIKIとTOSHIの友情に泣けた。
便所虫

便所虫の感想・評価

1.0
何故外人に作らす訳?✖️を否定している訳ではありません。制作側の批判、及び評価です。日曜日の「ノンフィクション」のスタッフに作らせた方、絶対、面白いはずだ。このドキュメントなら普通のライブ版の方、数百倍良いはず。ヨシキの英語が.........,ヨシキの英語が.....まっいいか。
ヨシキのえいごが......残念です。世界は遠いいです。ベビーメタルに期待します。
JOVI

JOVIの感想・評価

4.5
このバンドには何回も裏切られた?が、本当に裏切られたという感じはしない。ifが許されるのであるなら、XとLOUDNESS掛け持ちがあったかもしれないと妄想してみたりする。で、林、アルバム発売日は?