WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

みっほ

みっほの感想・評価

4.0
We are X2があるらしい、80年代、90年代前半の映像増やしてまた見たい
主題とは逸れるけれど、
YOSHIKIが幼少期に感じた疑問は、私も同じような体験がある。
その時の親の返答次第で、子供の未来が決まってしまう気がした。
その疑問を生かそうとする親なら、素晴らしき才能が開花するだろうし、否定したら普通の子に育つだろう。親が課せられる選択肢の重みを感じた。
XJAPANっていうさいっこうにしびれるバンドがあるらしい。
min

minの感想・評価

4.0
有名な曲は抑えていたが、いつも聴くジャンルも、世代も違うためしっかり聴いたことがなかったX JAPAN。
今年の紅白での演奏を見て、ふとどんな歴史を歩んできたバンドなんだろうと思い鑑賞しました。
観てよかった。とりあえずアルバムを揃えようと思った。
X JAPANの足跡は一通り知識を入れた上での鑑賞でしたが、
最後は自然と涙が溢れました。
524321

524321の感想・評価

4.7
Xって私の子供の頃からのカリスマで
今でも最高にかっこよかった。
YOSHIKIとTOSHIの最高のコンビが戻って本当に良かった。
YOSHIKIが天才的過ぎてカッコいいんだけど背負ってきた過去が悲し過ぎて泣けた。

クラシックとメタルが融合した唯一無二の音楽。

バカにされるとムカつく。
I could follow the uncovered history of X, highly recommend.
まさ

まさの感想・評価

3.5
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

お正月のテレビ番組で、「芸能人格付けチェック」を毎年観てまして、いつもはGacktのガッツポーズ目的で観てるのですが、なんと今年のパートナーはYOSHIKIでした。いや、この2人が並ぶとオーラが凄いですね…本当一流芸能人って感じで。Gacktの盆栽を見極める本気の眼差し、そしてガッツポーズ、最高でした。Gacktと同様に終始落ち着いた様子のYOSHIKIも凄かった。グラサンは常時かけたまま、オーラを放ちながらお菓子を食べまくるYOSHIKIが可愛かったです。そして、もちろん余裕の全問正解!2人とも神です。(今年は例年以上に音感問題簡単すぎた。)

というわけで、もっとYOSHIKIを知ろうということで、X JAPANのドキュメンタリーを鑑賞しました!なんとこのドキュメンタリー、「シュガーマン 奇跡に愛された男」の製作陣と同じ。あちらも傑作音楽ドキュメンタリーだったので要チェックですよ。

このX JAPANの軌跡は壮絶でした。心にズシンとくるものがあるし、涙をこらえるのが大変だった。メンバーの死が世界に与える影響は大きくて、やはりとんでもないバンドなのだと再認識させられましたね。
【WE ARE X】

X JAPANを振り返る

ドキュメンタリー映画

マジソンスクエアガーデンまでの軌跡

YOSHIKIの歴史には父親のこと

幼馴染みTOSHIの洗脳、

HIDEの死、解散、再結成と

波瀾万丈なバンドの歴史

劇場でなら泣いていたと思います。

ジーンシモンズ、

マリリンマンソン、ウェスポーランドと

YOSHIKIの交友関係も凄すぎる。

「すべてはこの世から消え去ってく」

人生はやりきること、

全力で向かう、

そのためにX JAPANは

走り続けてるのかもしれない、

と解釈しました。
あい

あいの感想・評価

4.0
XJAPANのドキュメンタリー。
YOSHIKIは人生色々背負いすぎてる。ドラムは一種の自傷行為なのでは、と思った。
TOSHIと話す時のYOSHIKIの飾らない話し方にほっこりした。

HIDE好きだった、生きてて欲しかったな。泣いてしまった。
劇場で観てたら大号泣だったかも。
先に言ってしまうと、この映画はX JAPANのファン以外には見て欲しくない。
せめて、アルバムを時系列に聴いて、そのアルバムの発売の間にX JAPANに起きたイベントを抑えてほしい。

私はX JAPANの曲と、X JAPANのストーリーは大好きだ。
そんな私は残念ながら、X JAPANはリアルタイムではないし、リアルタイムで買ったDahliaの良さに気づいたのは10年以上あとだった。
リアルタイムではないにしろ、アルバムを出すといいつつ焦らしたり、メンバーの破天荒で尾ひれががっつりついた伝説などの確信犯的な盛り上げ方がとても好きだ。

だが、正直、X JAPANのドキュメンタリーは敬遠してしまった。
"はじめてのももクロ"のような撮り方で、ドラマティックに、プロレスチックで、スキャンダラスな展開になってしまうことが怖かった。
ただでさえYOSHIKIの世界感の中で演出されて来たストーリーをそんな形で見せてしまったら、田舎臭くてたまらなくなると思っていた。

そんな心配のなかで鑑賞したが、この作品はX JAPANのドキュメンタリーとしては素晴らしい出来であると感じた。

YOSHIKIとX JAPANの世界観を上手に映しつつ、客観的に撮影をしている。
客観的に撮影をすることによって、フィクションのようなX JAPANの世界が、リアルなものとして浮かび上がってくる。
オープニングとクライマックスは気分が最高に盛り上がるバランスは美しさすら感じる。

"はじめてのX JAPAN"になりうる作品ではないが、ぜひ見てほしい。
そして、この映画をレンタルするのであれば、CDもレンタルしてほしい。
blue blood、jealousy、Dahliaの3枚はもちろんだが、art of life、vanishing visionもぜひ。