WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

どんな内容だった?と聞かれれば、父親の死、ヴォーカリストの洗脳騒動、ギタリストの死、クビにしたベーシストの死、墓参り、葬式、墓参りとか…。そんな困難ばかり乗り越えた先に見える感動的な未来ですよ!インタビューからライブ映像、リハーサルに過去のマテリアルまで、数々の素材がどれも興味深く音楽ドキュメンタリー映画としてはとても優秀な作品だったんじゃないかと。
2018.5.1.
WOWOW
WE ARE X

ドラム🥁YOSHIKIさんから見たエックスの歴史や仲間の壮絶そして神懸的な物語をドキュメンタリーで映画化。

死に場所を求め今も高みを目指す!




◉83C点。
まだまだ世界は遠い気持ちになってしまった。
本当に凄い仲間や人生のトラップにまだまだ挑戦するX JAPAN! 道のりはぶっちゃけ遠い!

★彡でも応援しています📣!

◉知らない事も多かった。
父親の死やYOSHIKIさんの酸欠転倒などは知らずパフォーマンスだと思っていました。🙇‍♂️
後半はYOSHIKIさんが神がかったに人に見えました。( ゚д゚)

★彡父親の死別から大きく変わったYOSHIKIさんの変化。死に場所を探している様にも見えました。



◉始めて聞いた時の衝撃は凄かった!

ベビーメタルと言う言葉も知らない時に友人からエックスの曲「紅」を聞かされた時に冒頭スローから始まり、いきなりフル加速する早くて攻撃的な曲に度肝とあっけにとられました。

またアルバムのジャケットで有刺鉄線で縛られたの女の人の胸にナイフで刻まれたエックスの文字に見てはいけないものを見た記憶が鮮明にあります。❌



◉残念な点。
元気が出るテレビの下りは私的には、無くして欲しくなかったなぁ〜
このドキュメンタリーが嘘っぽくなってしまう。カッコいい所だけ集めた映像はそんなに見たくない。

本当のエックスが見たかったし今の肩の力が抜けたYOSHIKIさんならいけたのでは?ないかと思いました。3秒でもいいのに!

★彡もう少し海外や初めて見る人に向けた音楽性の部分を見せて欲しかったです。
このドキュメンタリーだけでは新規のファンは増えない気がしました。

★彡知らない人にはビジュアルと仲間の死や洗脳からもがいているバンドにしか見えないのも事実。

★彡YOSHIKIさんはこの映画に反対していたのもわかる気がする。
次に伝記映画として撮るならば、日本人監督に頼む様にしてほしい。


★彡言っちゃえば、金スマのYOSHIKI特集や洗脳のTOSHI特殊の方が再現VTRの方が泣ける!

是非YouTubeで見れますので興味ある方はまず金スマからおススメ!
emily

emilyの感想・評価

3.8
昨日鑑賞しました。

私はまだまだ餓鬼なので、日本での絶頂期のXを知らない世代です。どの好きなバンドのルーツを辿っても必ず出てくる「X」が気になって鑑賞しました。

hideさんの命日というのはなにか引き寄せられたからかもしれません。

正直そんなわけで、運命共同体なわけでは無かったのですが興味で見始めました。

大切な身内の自殺、突然の仲間の死、大事な幼馴染の洗脳騒動。字面だけだと相当なものです。「(神は乗り越えられる人にしか試練を与えないという)その言葉、大好きなんですよね」と以前テレビでYOSHIKIさんが語っていたことを不意に思い出しながら、この映像で涙を流し語る彼の姿に、私の涙も流れました。そしてそれらの苦悩を乗り越えて、肉体的な悩みを抱えながらも大切な仲間と共にステージに立つ生き様に惚れました。

そして誰だか忘れてしまいましたが(元プロデューサー?)、hideさんがあまりにもファン思いで、思い出を語ろうと思うと涙が止まらなくなってしまうので、自分の口からは語ることは出来ないと涙目になりながら語っていたのを見てXのファンは本当に幸せ者だなあと、何故か私も涙が溢れてしまいました。

とても良い作品でしたが、以前のToshiさんYoshikiさんの金スマの特集と同様の密度に感じたので3.8とさせて頂きました。

機会があればまた是非見直したいと思います。そしてXの曲を聞いてみようと思います。HURRY GO ROUNDは映画館で見ます。

これは個人的な話ですがMUCCの大ファンなので、不意打ちMUCCにピクっとしました笑
Tiara

Tiaraの感想・評価

4.0
若き日の破滅や哀しみが
永遠に記憶の根底に有って
勿論円熟したプロのテクニックと
達観した今だからこそ
尚更に魅力的
生きてる間中腱や関節を酷使し
心の痛みに耐え続けるYOSHIKI
そしてSUGIZOの喩え
傷を負った人の感覚に寄り添って
共に歩んでくれるような音
正にそれが全て
胸打ち惹かれる理由
Mommy

Mommyの感想・評価

4.1
人生がドラマなのか、映画なのか。

どれだけの苦悩があっただろうと、言葉が役に立たないソレは、芸術で昇華できたのだろうか。

自分を苦しめるものも救うものも、結局同じものだったりする。

子ども時代に衝撃を受けたなーって事とともに色々とフラッシュバックさせてくれました。

ドキュメンタリーの構成はよくわからないけど、Xが好きなのでよし。
201821

赤裸々に。

これくらいのエピソードぶち込んでるバンドは海外にはざらにあるも

それをやりとげ
それをぶちまけた本作。

リアルファンとしても
サイコーっす。

自分は
JOKER
って曲大好きっす。

うっす。
一つのバンドに、降りかかった数え切れないほどの悲劇。

…X JAPAN
まるでドラマのような、いや、それ以上に壮絶な物語がそこにはあった。

メンバーの脱退、HIDEの死、TAIJIの死、Toshlの洗脳、そしてバンドの解散。

何度も何度も立ちはだかる大きな壁。

しかし、彼らはその壁を乗り越え、壊し続けた。


そして再結成。
彼らはまた歩きだす…


彼らに起こった数々の悲劇だけでなく、その悲劇を乗り越え、今も尚世界を目指して突き進む彼らがとても上手く映し出されていました。

正直ボクは、映画で描かれるほとんどの物語を知っていました。
しかし、当時を映像で振り返りながら本人達の口で語られるその壮絶な過去に改めて衝撃を受けたし、改めて彼らの凄さを感じました。

また、知っていたつもりだった物語の裏側を聞いたときは、さらに衝撃的だったし、それを知れたことでより一層メンバーがXのことをどのように感じていたのかということがわかった気がして、とても感動しました。


この映画がXの全てだとは言いません。
しかし、彼らが辿ってきた道、そして今の彼らが目指す道が確実に描かれています。


ファンが観てもまた好きになれ、全く彼らを知らない者が観ても衝撃に包まれ感動する様な良質ドキュメンタリー。


ファンとして、この映画を観れたことが本当に嬉しい。
これから彼らの曲を聴くたびに、今までより一層深く聴ける気がする。


というかボク、XJAPANが好きすぎるんですけど周りにファンがあまりいなくて寂しいよー(T^T)
「その歳でX?やばくね?」じゃねーんです。
彼らの音楽は年齢の壁がなく、ほんとに時を感じさせない…クラシックのように。

そういえば今日金スマで彼らの特集がやってたけど、たまたま投稿の順番が来ただけですw
去年観たのに今頃になった。
えり

えりの感想・評価

3.7
語りつくせぬほど色々な出来事があって、悲しみや心の傷をたくさん抱えていても、それでも彼らは走り続けるんですね。ファンやHIDE、TAIJIの為に。
HIDEが亡くなったとき、まだ幼くてあまり分からなかったけど彼の作品は今も全く色あせていないですよね。驚きました。HIDEから見て今の世界はどんな風に映るのかなぁと思いました。
フェスでしかX JAPANのステージを知りませんが、ファンとX JAPANの一体感の理由がわかった気がしました。
観る順番を間違えたか、先日の金スマで非常に感動してしまった分、少し同じような感じがした。
だけど、音楽は最高。
lag

lagの感想・評価

4.1
X JAPANが好きな人ならさらに好きになれる作品。X JAPANを知らない人にも伝えたい作品。


少し作品のレビューとは別に私的なことですが、記したい。本編のレビューは最後に。

このバンドとの出会いは2014年、高校2年の時。思えば私自身が生まれた時にはHIDEはこの世に居ないし、中学に入った頃にはTAIJIも居なかった。初めてまともに聴いたTHE LAST LIVEの紅は、まさに衝撃だった。当時の私は、人間関係に苦しんで軽音楽部をやめて楽器も手放してしまい、進路のこと親が離婚したこと祖母の死や友達や好きな人のこととかもあって。そして十数年住んだ家を引っ越す頃に改めてX JAPANの音楽に触れて、初めて聴いた時以上に勇気付けられた。自分がバンドでBassをやっていたのもあってか、特にTAIJIに魅せられた。夢中で聴いた。他の何者でもない唯一無二の存在。帰る場所。この映画の劇場公開時は、なんだか他に観にくる人との温度差がまだまだ不安で、劇場で観ることは諦めた。そして2018年、YOSHIKIがTVに何度も出演しているのを見ているうちに葛藤は消えて、この作品を本当にたまたま買うことができた。私のX JAPANとの出会いを大まかに語るとこんな感じ、かな。


本編を観て……
YOSHIKIという、X JAPANという物語。マディソンスクエアガーデンでのライブまで直前4日間に重ねてドキュメンタリー形式で描く。ART OF LIFE第2部という表現を見かけたが、その通り。TAIJIのことも、しかと描いてくれている。THANX! 愛をこめて……。

ボーナストラック1を観て……
未公開映像など。言葉を借りるなら、信じられないほど素晴らしい映画、です。胸を張る。勇気をもらう。YOSHIKIを信じる。Xを、X JAPANを、信じる。

ボーナストラック2を観て……
本編の別ヴァージョン。もう、大好き。好き。生きていてよかった。これからも生きる。X JAPANと共に生き続ける。Unfinished.