WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.2

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

X狂の親戚に連れられて。
期待してなかったけども、想像以上に感動する内容でした。
メンバーの過去や当時の想いに触れていて、ファンなら必見だろうなと。
ファンでなくともXをある程度好きな人なら更に好きになれる作品だとは思う。
4pm

4pmの感想・評価

2.8
hideの存在が大きいから隠れちゃってるけど、今のxはヨシキとトシの物語なんだよね。その部分が観ていて面白かった。タイジの墓前でトシがヨシキに俺は生きてるからって言うのが印象的だったなぁ。
ただ、映画としてみると、ところどころ撮った監督のステレオタイプな日本イメージが出てきて、興醒めする映画だった。
ス

スの感想・評価

4.0
YOSHIKIの背負ってるカルマにひたすら突き動かされる
mieuxxx

mieuxxxの感想・評価

2.6
ヘビーなエピソードが付加価値になってる部分もあるんでしょうけど、単純に曲が良いなぁと思いました
千紘

千紘の感想・評価

4.0
X JAPANのファンじゃなくても楽しめると思います。
オープニングの映像が胸熱!コラージュみたいにして作られてて綺麗でした。
Now and forever, you'll be loved.
って言うのはやっぱりHIDEに対してなのかな。
Adachi

Adachiの感想・評価

4.7
メンバーの脱退、解散、HIDEの死、Toshiの洗脳、TAIJIの死、そして復活。恐らくどれほどの才能ある脚本家でも決して描くことのできない、あまりにも壮絶でドラマチックな”真実”の物語。

僕が生まれた時にはXは最前線で活躍していて、僕がXを本格的に聴きだした時には、すでにXは解散していたし、僕が一生懸命「紅」のギターソロをスコアを見ながら練習していた時にはHIDEはもうこの世には存在していなかった。

バンドを襲ったあまりにも辛い悲劇の連鎖。
Xが創り上げてきた「熱狂」や「狂乱」の歴史の裏には、精神的にも肉体的にも、悲嘆と痛みが常に存在し、そんな深い傷を負いながら、それでも走り続ける彼らの光と闇がスクリーンいっぱいに映し出されていたのです。

YOSHIKIとToshiが楽屋で楽しそうに談笑している場面が妙に微笑ましく「あの時お前あの子にフラれて一晩中泣いてたよな」といった、本当に普通の昔話を楽しむような普通の光景に涙が溢れた。

「80年代から彼らを追い続けたファンと、80年代に生まれていなかった事を悔やんでいる世代が、同時に手を取れるもの」
僕は後者ではありますが、「紅」をコピーできた事が嬉しくて一晩中曲をリピートしながら同じ曲を弾き続けている中学2年の自分に教えてあげたいです。

「15年後にXが復活するってよ!」
観てよかった

特にXのファンというわけではないが、グッとくる場面もあった

こうしてドキュメンタリーとして観ると、知らなかったYOSHIKIの過去も含め、X JAPANって確かに映画になるような壮絶な出来事がたくさんあったんだなと実感する


また、YOSHIKIが結構流暢な英語を話していて新鮮

海外ミュージシャンとの交流も知らない情報だった

ジーン・シモンズやマリリン・マンソンがコメントしてたりしてて意外だった

エンドロールでビートルズのプロデューサーのジョージ・マーティンのベタ褒めのコメントが流れてまたビックリ
4410

4410の感想・評価

5.0
hideの告別式の映像は未来に残し続けて欲しい。この様な社会現象を起こすバンドが今後現れるか楽しみだ。
マサ

マサの感想・評価

3.0
メンバーの名前を全員知らないくらいの初心者だけど好きな曲あるので鑑賞。洗脳やメンバーの死などにもちゃんと触れていて中々面白かった!海外にもこんなに人気があるとは知らなかった!
fumikopa

fumikopaの感想・評価

3.7
全然見る気はなかったのに、周りの熱量高めのレビューが気になり鑑賞。割とガチめなじっくり1人見の人多め。
YOSHIKIの歴史メインで辿るんだけど、みんな昔はどえらい格好してて、でも何か格好良くて。普通にドキュメンタリーとして面白かった。オープニングかっこいい。ライブ行って見たくもなくもない。