WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

Sskn

Ssknの感想・評価

4.5
マディソンスクエアガーデンでの公演と過去から現在へのXの回想が交差しつつ、様々な人へのインタビューからXの軌跡が語られるという構成。
もちろん一時間半でXの全てなど語り尽くせるわけがないが、YOSHIKIという人間、またXというバンドを語る上で大事な出来事を厳選し丁寧にエモーショナルに描いているなと感じた。
Wikipediaで見ればXJAPANの辿ってきた歴史はある程度分かるかもしれないが、この映画を見ることでしか分からないそれぞれの感情がある。
NEWYORKO

NEWYORKOの感想・評価

4.2
もっと前からX Japan を知りたかった!

なんだろう、もうバンドって言葉だけでは片付けられません。
Xのビデオを擦り切れるくらい観てた中学ん時のよーな感じになれました。
あー解散ライブ行っといてほんと良かった。
ねずま

ねずまの感想・評価

4.0
テレビでX JAPANに興味を持ったため鑑賞。
なかなか壮絶な過去…各々の出来事を詳しく知りたくなった。


ライブのDVDもみてみたいけど軒並み売り切れ…とりあえず楽曲を聞いてみます。
SeikiOdani

SeikiOdaniの感想・評価

3.8
彼らの音楽はほとんど真剣には聞いていませんでしたが日本のロック史上を見る上では欠かせない存在のため鑑賞。
メンバー各自の背景や生き様が少しでも観れて良かったです!
残ったメンバーにはまだまだ伝説を残して欲しいですね。
Lily

Lilyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

受け止めようと思った。友達として。

苦しくなる言葉がいっぱい詰まっていた。人に愛される意味が少し分かった気がした。
Kasano

Kasanoの感想・評価

4.0
XJAPAN好きな人は見た方が良い。映画館で見れたのも良かった。
ヤヒト

ヤヒトの感想・評価

4.0
LUNA SEAやDIR EN GREYのファンなので、彼らのデビューの礎を作ってくれたXの存在は大きい。


YOSHIKIの苦悩と覚悟、TOSHIの洗脳についてもどう思っていたのか、解散ライブでの状況など、初めて知る事も多くて食い入るように見てしまった。

ギスギス感が半端なかった解散ライブ、
PATAがふと発した「あれがhideとの最後のライブなんだよね」という一言と涙を流すhideの映像が切ない。

個人的にはSUGIZOにもフォーカスしてあげて欲しかったかなぁ。二足の草鞋&先輩バンドですごい大変だと思うし。

途中、ルナフェスの時に撮ったんだろうなーという映像もちらほら。
トシの後ろでXポーズする京が穏やか😁
おぼろ

おぼろの感想・評価

3.0
こんなに危うくてドラマチックなバンドはないように思う。メンバーの死や脱退、解散を乗り越えてきた。これからも目が離せないバンドです。
ようやくDVD買えました。
よく考えたら2018年初映画。劇場で30回は観てるし色々と思い入れが深いので評価はなしで。