WE ARE Xの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

WE ARE X2016年製作の映画)

We Are X

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:96分

4.1

あらすじ

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバ…

米アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞した映画『シュガーマン 奇跡に愛された男』の製作陣が選んだ次なる伝説的ミュージシャンは、日本のロックバンド<X JAPAN>。本作は、ドキュメンタリー映画で多くの実績を持つスティーヴン・キジャック監督の手により、彼らが歩んできた比類なきストーリーが感動的に描かれ、2016年1月には米国・サンダンス映画祭で最優秀編集賞を受賞、3月にはSXSW(サウスバイサウスウェスト)映画祭でデザイン部門観客賞を受賞するなど、これまですでに世界20以上の映画祭にも出品され、世界中のマスコミや評論家からも高い評価を獲得している。 世界への挑戦、脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、Toshlの洗脳・・・バンドを襲ったあまりにドラマチックな悲劇の連鎖。結成後30年以上に渡って生み出されてきた、想像を絶するX JAPANの<熱狂>と<狂乱>の歴史。そこには精神的にも肉体的にも彼らが抱えてきた悲嘆と痛みがある。栄光と挫折、生と死、解散と復活。 日本の音楽シーンの頂点に君臨する彼らの挑戦の軌跡-。マディソン・スクエア・ガーデン公演での舞台裏を追いながら、クライマックスでは息をのむ圧巻のステージが待ち受ける。『WE ARE X』はこれまでにない近さで、心に深い傷を負いながらも走り続ける彼らの光と闇に迫る。 日本が世界に誇る唯一無二の“怪物”ロックバンド。なぜ今、X JAPANの音楽と物語は世界を熱狂させるのか。 HIDEとTAIJIの夢。逆境に立ち向かい乗り越えてゆく使命感と覚悟。今、世界中が共感する物語が、ここにある。

「WE ARE X」に投稿された感想・評価

やっと観れたー。
世界に羽ばたく人はやっぱり違う。
それを改めて感じた時間でした。

またこれを観たあと彼らの曲を聴いたら感じ方も違うような気がします。

亡くなったヒデ、タイジも含め、みんな天才だ。
X-JAPANが大好きで特にTAIJIとHIDEが好きなんで泣けました。

ちなみに奴らと同学年なんで。。。R.I.P.
Jahsaki

Jahsakiの感想・評価

3.3
そーいやSilent Jealousy tour 行きました。連れに誘われてだったけど始まった時シビれたの思い出した。懐かしかった!coachellaでやるなんて感慨深いすな。
EDM

EDMの感想・評価

4.5
あまりにも壮絶でドラマチック。MSG公演への道を時間軸の中心のしYOSHIKIとX JAPANの光と陰を、痛みを全て曝け出す。バンドドキュメンタリーとして100億点。
楓

楓の感想・評価

4.0
映像が綺麗すぎやしませんか。

このXJAPANというバンドが居なければあのバンドもこのバンドも存在しなかったのではないかと思えてくる。
キュイ

キュイの感想・評価

3.5
X初心者。
知らない事が沢山あった。
すごいバンドだ!
Xに造詣が深くないのだけど興味深く最後まで見れた。
しかし尺を長くしてでもインタビュー対象を幅広くすべきだと思う。ミュージシャン以外のアーティストやYOSHIKIのライバルや嫌いな人とか。
イメージシーンはかっこよくない。
とはいえ興奮と共に上映時間を過ごすことができるのはやはりドラマティックなXのパワーによるものである。
素晴らしい。
改めてこんなドラマがあるバンドだったとは。フォーエヴァーラブはしまる!
下っ端

下っ端の感想・評価

4.0
次の瞬間大切な人はもういないかもしれない
白鳥は一度だけ歌う。死ぬ前に。
全身全霊で打ち込めば敗北はありえない。最悪死ぬだけだ。
自殺せずにこの世から消える方法を考えようかな
暗黙のうちに作られた偏見の壁をどう壊すかだ
やがて心がマヒした
ステージが僕の居場所だ
心の痛みは消えない
nssk

nsskの感想・評価

4.0
予告を見て気になり…Xjapanの事よく知らなくても、ドラマチックなヒストリーを知ると見え方がかわってくる。
天皇陛下のために曲を作ってよかったと思う