VR ミッション:25の作品情報・感想・評価

VR ミッション:252015年製作の映画)

THE CALL UP

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:90分

2.6

あらすじ

近未来のニューヨーク。閑散とした高層ビルにある「ザイバツ・コープ」社のオフィスに、8人の男女が集められた。彼らはオンラインゲームの名手で、最新テクノロジーを総動員して作られた最新型バーチャル・リアリティ・ゲーム「ザ・コール・アップ」をいち早く体験できるという、夢のようなチャンスを得たのだ。彼らは高分子マトリックス製のスーツとヘルメットを着用し、完全没入型のバーチャル・リアリティ・ゲームのプレイを…

近未来のニューヨーク。閑散とした高層ビルにある「ザイバツ・コープ」社のオフィスに、8人の男女が集められた。彼らはオンラインゲームの名手で、最新テクノロジーを総動員して作られた最新型バーチャル・リアリティ・ゲーム「ザ・コール・アップ」をいち早く体験できるという、夢のようなチャンスを得たのだ。彼らは高分子マトリックス製のスーツとヘルメットを着用し、完全没入型のバーチャル・リアリティ・ゲームのプレイを始める。リアルな戦場さながらのゲームの世界に興奮するのも束の間、彼らはすぐにこのゲームが罠であることに気づく……。

「VR ミッション:25」に投稿された感想・評価

掴みは最高!
スーツが格好いい!

リアルに死んじゃうVRなんて
勘弁してくださいな
tomikooo

tomikoooの感想・評価

2.8
VRの性能がリアルになればなるほど、
現実とゲームの世界の区別がつかなくなるのではないかと、
そんな未来が近い将来訪れてしまうのではないかと実際思う。

この映画で描かれている内容が、
単なる映画の中だけの世界には思えなくて。

そんな意味でドキドキしながら最後まで観られた。

良くも悪くも分かりやすくてあっさり。
sabo

saboの感想・評価

3.1
観賞日2018/09/18

ザイバツコープ社主催のVRゲームの体験版招待状が届く。
そこには優勝者には賞金10万円とうたわれておりカール・アンダーソンは参加することを決め会場へと向かう。
そこには同じように集まった男女が複数人いた。
医療関係の仕事をしているシェリー、離婚歴のあるマルコ、ボスニアからの不法入国者ザヒド、元軍人のSt8_shoot3r、白人男性のエドワード、筋金入りのゲーマーで認知症の祖母と暮らすREAP3R_2000、友人の代理として参加したテイラー、そしてカール。
合計8名によるミッションは至ってシンプル。スタート地点であるビルの25階から1階まで、VRによるサバイバルゲームの世界でテロリストを殲滅し脱出する事。最もスコアが高かった者に賞金が贈られるというものだった。
最初はあまりにリアルなVRに興奮するメンバーだったが、逃げ出すことも降りることも出来ないことに気付く。
そしてついには死者が出る。
つまり生還するためにはゲームをクリアーするしかないのだった。
追い詰められた状況の中、カールは参加者のある共通点に気付く。

映像は少し近未来的で、VRとシールドを外した映像との比較が面白く本当にあと数年もしたら現実にこんなゲームも出来るかもなぁ…という感じでした。
ストーリーはシンプルな脱出型サバイバルゲームで、個人的な感想としては可もなく不可もなく、といったところでした。
どうも二番煎じ感が拭いきれないというか、あと一捻り欲しかったです(^-^;

ストーリー:3.0
ビジュアル:3.5
音 楽:3.0
キ ャ ス ト :3.0
ザン

ザンの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

VRゲーム中であっても秩序は必要。でも狭量な自分なら救命アイテムは他人に使用せず隠し持っておくな。ぽっちゃりゲームおたく君はキーボード操作がブラインドタッチでもなくぎこちなかった。
なつ

なつの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

SAOかな?と思った(笑)
途中仲間を疑うシーンあったけどサラッと終わってからのラスト。
目的は道楽なのかな?それとも不要な人間を間引くのか。
でも変わりに行ってくれる友達がいるような参加者もいたわけで(笑)
長い映画じゃないからテンポ良く最後までガーッと見れたのは良かった。
現実を見ていてもVRは続いているのがなんか印象的。
まここ

まここの感想・評価

2.5
映画館に観に行かなくて助かった。
sakura

sakuraの感想・評価

-
バーとかで意味なく流してみては?
>|