VR ミッション:25の作品情報・感想・評価

VR ミッション:252015年製作の映画)

THE CALL UP

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:90分

2.6

あらすじ

近未来のニューヨーク。閑散とした高層ビルにある「ザイバツ・コープ」社のオフィスに、8人の男女が集められた。彼らはオンラインゲームの名手で、最新テクノロジーを総動員して作られた最新型バーチャル・リアリティ・ゲーム「ザ・コール・アップ」をいち早く体験できるという、夢のようなチャンスを得たのだ。彼らは高分子マトリックス製のスーツとヘルメットを着用し、完全没入型のバーチャル・リアリティ・ゲームのプレイを…

近未来のニューヨーク。閑散とした高層ビルにある「ザイバツ・コープ」社のオフィスに、8人の男女が集められた。彼らはオンラインゲームの名手で、最新テクノロジーを総動員して作られた最新型バーチャル・リアリティ・ゲーム「ザ・コール・アップ」をいち早く体験できるという、夢のようなチャンスを得たのだ。彼らは高分子マトリックス製のスーツとヘルメットを着用し、完全没入型のバーチャル・リアリティ・ゲームのプレイを始める。リアルな戦場さながらのゲームの世界に興奮するのも束の間、彼らはすぐにこのゲームが罠であることに気づく……。

「VR ミッション:25」に投稿された感想・評価

掴みは最高!
スーツが格好いい!

リアルに死んじゃうVRなんて
勘弁してくださいな
みりお

みりおの感想・評価

2.5
オンライン上の名だたるプレイヤーたちが、高層ビルに集められるシーンから始まる。
最新型のVRゲームの被験者に選ばれたとのこと。
見たこともないゲームの世界に興奮するプレイヤー達だったが、撃たれた瞬間本物の痛みを感じることがわかり、更には全員身寄りのない人々が集められていることがわかり…。

我らが巨匠、スピルバーグの名VR映画のヒットの後では、もはや興奮できず…。
レディプレのヒット前か、もしくはVRを謳ってなければ、もう少し楽しめたかな。

設定自体は面白いし、有名俳優は出ていないので、次に誰が死んでしまうのかがわからず、つい観てしまう。
ただ登場人物たちの背景が全くなく、"なんとなくマヌケな奴"とか、"なんとなくイヤな奴"というような括りしかないので、感情移入はしないかなぁ。
あと最終的にどういうオチだったのか、なんでこんなことが行われているのかが全くわからず、イマイチ微妙。

あとは何より、VRというより、ただの恐ろしい拷問機械のようにしか感じられなかったので減点。
素人だった皆が段々と銃器の扱いに慣れてくるのが面白かったです。

黒幕の判明がやや唐突なのと、ふわっとしたラストシーンが惜しいなと思いました。
aya

ayaの感想・評価

3.5
近未来への警告。
暇を持て余す、ゲームオタクのお金持ちなオジさんの道楽。

人間の醜いところと、思いやるところ。
バーチャルな世界にのめり込みすぎて、そういう人間らしさを忘れんなよ!っていうメッセージのような作品。
cano

canoの感想・評価

2.5
設定は面白いのに全然ハラハラドキドキしなかったのはなんでだろう。。。。
好きな系統のお話だけど。。。
kawaebi99

kawaebi99の感想・評価

2.2
主催者に選ばれたFPSゲーム好きの大人たちが、とあるビルに呼び出されてそこに用意されていたVR機能付のヘルメットと痛みを感じるスーツで身を包み、ヴァーチャルなテロリスト軍団と対決! ゲーマーたちが夢みていた機能を搭載した超ハイテク戦闘バトル。ただしこのミッションで受ける銃弾ダメージはリアルに体に影響し当たり所によっては死に至る! 参加者に最初に言ってあげて〜

知っている俳優さんがいなかったので誰が最後まで生き残るのかが読めずドキドキしながら楽しめた。でも、VRバトルという今時の設定は良かったのに、その他を活かしきれず裏設定や意外性のある伏線が全く無かったのが残念。あまりにストレート過ぎるのでシナリオをもっとテコ入れすれば数段面白くなったのになぁ〜と。

原題は「THE CALL UP」。
邦題でタイトルにつけられた「25」とは何のことだったのか?と最初の方を見返したら、この生き残りゲームが行われるビルのスタート場所が25階だった。え"!?それだけ???
浮遊霊

浮遊霊の感想・評価

4.2
ウェーブが終わったら一回現実に戻る感じ、いいですね。
ササ

ササの感想・評価

2.0
ドンデン返し自体にメタ的ドンデン返しを食らった。
>|