chan

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だのchanのレビュー・感想・評価

3.9
ちゃんと響いたよ、私はこれが響いてしまう人間だったんだなあ。

美香が死という言葉をやたら発するんだけど、それは聞いてて嫌な気持ちになるけど、それが何故かって分かると
慎二に出会えて良かったねって、2人が出会うべくして出会うべきときに出会えたことに安心した。

嫌な予感がする毎日に少しの希望をくれるのが好きって気持ちで、それってよくわかんないけど必要か不必要かって言われたらやっぱり必要で、
恋はやっぱり理屈じゃないですね

最初から最後まで、東京ってこんな感じよねって、想像してる通りの東京だった。

あと
CHE.R.RYのシーンはいつ見てもそこだけけらけら笑える。愛しいシーン