映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

pencil

pencilの感想・評価

3.5
映画の世界観はとっても好きだし、すごく引き込まれるけど、劇中何度か出てくるストリートミュージシャンの場面で、一気に気持ちが途切れる。しかも何度も。そこの奇跡は必要なのかな?
toobazza

toobazzaの感想・評価

4.6
とにかく何から何までかっこよかった。
田中哲章、松田龍平、フィリピンの人、、、誰もが凄くいい。
絶望的な状況の中にある疾走感が心の隅々に刺さる。
苦役列車の森山未來と似たような状況下ではあるが池松壮亮の純粋さが、観るものを暗い沼の中に引きずり込まず、東京の闇をうまく照らし出していた気がする。
反対意見は多数出るとは思うけど、ある意味「ゆとりですが何か」と同じようなものを感じ取った。
そして、あれだけのシーンなのに市川実日子の存在感が凄かった。
淡々と進んでいく感じ
面倒な2人だけど、あってるのかな〜
nemui

nemuiの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます


最果タヒの詩がそもそも映画にできるようなものではないと思っていたので、監督がどんな解釈をもって表現するのかと期待していたのに、詩を引用するなんて怠惰だよ 原作があるとはいえ映像作品なんだから映像で表現してくれ それは原作の尊重とは言わないよ 2度も3度もされたらさあ、原作を壊された旨のクレームを防ぐためなのかなとか邪推したくもなる

ストーリーそれ自体に関しては、解釈の幅が広すぎる詩がベースなので言う事もない どちらかといえば自分の考えや好みとは違うものだったけど、詩の1解釈として受け入れうる範囲には収まってた

あとは好みの問題、石橋さんは綺麗な人だけど陰鬱な美しさではないし、視線だけで人を殺せるような女に演じてほしかったな
Yukina

Yukinaの感想・評価

3.9
こういう殺伐とした絶望感溢れる映画大好きだ!

裸族の人達は、ジョギングなんかしていない。
都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ。
愛犬家

愛犬家の感想・評価

3.0
もちろん良いところもいっぱいあるんですが、どうも鼻につく演出が多く感じました。

都会で頑張る私 に酔った感じが好きになれなかった。

キャスティングに関しては特に違和感は無し。
やい

やいの感想・評価

-
石橋静河もよくて、言葉も良くて、映像も良くて、だけど、思ってたより、だった
ruka

rukaの感想・評価

4.2
私も「なんかあった?」がこの世でいちばん冷たい言葉に聞こえるときがある。
「なんかあるでしょう、生きていれば」そう言えた主人公が、凄く羨ましい。
心を動かすというよりも、私の心に「ここに居ていいんだよ」と言ってくれるような映画だった
Guy

Guyの感想・評価

1.9
ダメだった。
終始むず痒い。
池松くんにも橋下さんにも全く魅力を感じなかった。
悪い予感がするのはするけどサブカル少女漫画的トキメキとピカピカの演出に引いてしまった。
一回嫌悪感を覚えてしまったら最後、終始キツイ。
全然リアリティも無ければ哲学も1ミリも感じなかった。
この映画に対していまの自分がレビューを書くことは冒涜にしかならないのではないかと思うけれどやっぱり何か綴りたいので一言、劇的な内容ではなく日常的で普遍的で平凡なのに中身の濃さが計り知れない映画だった
>|