映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

ゆきみ

ゆきみの感想・評価

3.7
都会を好きになった瞬間
自殺したようなものだよ
君がかわいそうだと思っている君自身を
誰も愛してくれない間
君はきっと世界を嫌いでいていい

池松壮亮の目が印象的。惰性や当たり前のこととしてスルーしていかなきゃいけないようなことを簡単にはスルーできないような、生きづらい人々。こんな感性の人が人混みのどこかにいるというだけで救われるような気がする。疑問や違和感を打ち消すことで「常識」に妥協して、都会に順応していくことが大人だというなら、一生大人になんかならなくていい。
毎日のように行ってる渋谷や新宿がまた違って見える
OLN

OLNの感想・評価

3.0
全編に渡り台詞感が前面に出た作品。
そういう狙いなのかな?
み

みの感想・評価

3.5
死んでいないけれど、生きているわけでもない毎日と、死と 気持ちと 愛と相手の物語。

くだんねー毎日なのにポッカリ穴が空くことはどうしても胸が痛む。くだんねー毎日だし僕は変な奴だし、ここは、悪い予感ばっかりする、でも胸が痛むくらい好きなんだよって、言えてよかったね。

世界のことが嫌いでも、変な奴でも、葬式に家族が来なくても、東京が嫌いでも、頑張れ、頑張れ、頑張れ 愛は何処にだってあるし、愛は何処に落ちていても、いつか君の中で生きる、愛は何処でだって、ヘンテコな貴方をやさしい気持ちにさせてくれる。そう言ってくれているように感じた。

人を大切にする、やさしい人とかそうでない人とか、価値のある人ない人とか、輝いている人そうじゃない人とか、幸せとか不幸とかじゃない、人を大切にする、というものを見れた気がする
タイトルがいいね
Nao

Naoの感想・評価

4.4
このしっとりした感じの映画の空気感が凄くいい
トラ

トラの感想・評価

3.7
空気感が好き
この空気感にあう役者ばかりでいい映画

愛してるって言われた、愛してたって言われたのシーンがなぜか好き
mo

moの感想・評価

-
冴えない池松くんが良かった
昔、ぼくはこういう映画ばかり見ていた。
強いメッセージ性があるわけではないけど、何か訴えるものがある
そんな映画

東京って
一回、住んでみたかったな
【ここが東京】
ぼくは、夜遅くの飲み会終わりに家まで寂しくトボトボ歩く帰り道が好きです。晴れていて星が見えて、途中まで隣に誰かいればなおさらです。わかってくれる人いますか。

この映画はそんな気分を108分も味わせてくれます。
2020年東京オリンピックを前にして空を食うようにびっしりビルが湧く。消費税もいつの間にか10%になり、どんどん変わって行ってしまう「東京」。 生きづらいと感じている人もいるでしょう。

でも、大体の若者がそんなもどかしい感情を抱えています。
東京の夜空には星が無くとも、他に違う何かが散らばっています。この映画を観たら、その何かが見つかるはず、もう少しだけ、くそったれな「東京」で頑張れるはず。

劇中何度も何度も流れるストリートミュージシャンの下手くそな唄。「がんばれ♪がんばれ♪」うるさい!今は頑張るときでは無く、世の中に怒るとき、一人の若者は思います。 「東京」にもがき苦しむ若者に是非見て頂きたい最高の一本、
「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」です。
>|