映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

最果タヒさんの同名詩集を原作に石井裕也監督が新たに作り出した物語。
詩集から物語を紡ぐという発想が面白そうだと惹かれた。
生まれた物語は、よくあるボーイミーツガールもの。よくある話。
何度も偶然に再会する美香と慎二。
でも、それを運命とトキメクほど彼らはキラキラした人生を歩んではいない。
少しずつ距離を縮める二人の生活には、常にたくさんの人間の呼吸と死の気配が漂う。
そして、彼らもまたその中の一人であることを何度も強く意識することになり、私は切なくなった。
渋谷・新宿のゲリラ撮影がもたらす効果なのか。
そして、何度も繰り返される陳腐すぎるほどのエピソードがラストに強烈に生きてくる。
その余韻は結構尾を引く。
きっと何度も観たくなる、そして、見れば見るほどなじんでくる作品になると思う。
なんとも・・・夢も希望もない息苦しい映画やったな。

この時代に生きなければならない人間たちのリアルをシビアに切り取ったモノが評価されるのはキネ旬ベストテンらしい。

なんと云うか、偏差値としては高いのかも知れないが、じゃあ良い映画だったか?と問われたら、う〜んと首ヒネる。
adam

adamの感想・評価

4.0
田舎は黒、都会はいろんな光って誰かのレビューに書いててはっとした
いろんな光があちらこちらにあるから迷うんだろうなと
ブルーな映画なのかはわからないけど周りに埋もれていく登場人物のブルーな感じはすごく共感できた

何かすごくいいことが起こるかもしれないし、何かすごく良くないことが起こるかもしれない
死の描写が多い
同じ孤独を感じてる人と出会えたら救われるんだろうな
とりあえず何があっても生きることを諦めないように
ユウ

ユウの感想・評価

2.5
自分用メモ。


建設現場で働き、左目が見えないシンジ。
昼は看護婦、夜はガールズバーで働いてるミカ。


難しく感覚的にしかつかめなかった。
一番なにを伝えたかったんだろう。

○シンジのうるさい感じは、コミュ障というかうまく自分の気持ちを言葉にできないのかな。
喋ってないと不安って指摘もされてたけど。
後半はほぼ無口に黙ってた。なぜ?

○トモユキは友達と呼べる?
嫌なやつにしか思えなかったが、彼が死んで悲しいのか、悲しくないのか。
結果的にミカとの関係ができたわけだし...


○お互いに、元カレや昔片思いしてくれてた人と再会したがそれがなにをもたらした?



●言葉がオシャレだと思ったら詩集が原作だったのか。
・お元気ですか?生きていますか
・恋愛は、誰かの元カレだったのと、誰かの元カノだったのが性懲りも無くくっついたり離れたりすること
・恋愛すると人は凡庸になる

どこか自分の中に刺さった言葉。



●周囲に染まらないと、生きづらい
自分らしさを保って、正気でいることは難しい。
愛のない都会では透明にならないと生きていけないのかな。
自分は元々東京育ちだからそれが当たり前に感じてるが、地方の田舎は違うのかな。


●不器用=うまく染まって生きられない
大人になって染まってる風に見せるスマートさは覚えたが、本心では全然違う。
本当はもっと傲慢だし。
でも自分は染まってる、演じてる方が楽しいと思えてる。
ほんの少しの誰かが本当の自分を知っていてくれればそれで良い。


●生きるってなんだろう。
何のために働いて、稼いで、生きているのか。
目標・どうなりたいかというのがフワッとしてる人には刺さるのかもしれない。
自分はまだ若くガムシャラだから今きてる球を打ち返すのに必死だが、この先にそう思うことがあるのかもしれない。


●自分は孤独を感じる時がある?
それはないけど、漠然とした不安、嫌な予感がすることはある。

身近な人の死や、別れがどうしようもなく寂しいのはすごいわかる。

でもざまあみやがれって感じで、もっと単純に生きた方が楽しいんだろうな。


●池松さんや石橋さん、最初は地味な二人だなあと思ったが、だからこそリアルという見方もあるか。
池松さんの変わり者っぷりは、こういう人実際に、いそうでいなさそうでいるっていう。
そういう演技はうまかった。
大事なセリフは重さを持たせて欲しかった気もするが。


淡々と日常を描く作品は、今は自分は退屈に感じてしまうな。
やっぱり結果的に自分的にはあまり刺さらなかったかな。
りか

りかの感想・評価

-
2019年(58本目)
rie

rieの感想・評価

3.5
主人公の尖った心に池松壮亮の優しさがそーっと静かに分からないくらいに染み込んでいく。
目まぐるしい昼を経て、うるさいものを最高密度で隠してくれる夜が心地よく2人に魔法をかけてくれる。
#池松壮亮は天使
や

やの感想・評価

-
世界観
み

みの感想・評価

2.0
言い回しがクサいなと思っちゃったから合わない作品なんだと思う…
池松くん後半焦点合っちゃってるし
けいな

けいなの感想・評価

3.6
原作が最果タヒさんということで、さすがに台詞の印象が強かった。
東京ってなーんにもないと思ってる人はきっと好きな映画なんじゃないかなあ。
まつだ

まつだの感想・評価

4.1
金持ち、貧乏、体の不自由な人。世の中には様々な人が存在している。でもそういう次元で幸不幸を決めてはいけない。それぞれが役割を全うして世の中がうまく回ってる。
何が起こるかわからないなら
何かとてつもなく良いことが起こるかもしれない。だから生きる。
>|