映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そし…

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そして、恋がはじまるーー。

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

esose

esoseの感想・評価

3.5
詩集先に読んでみればよかった。想像力の訓練が必要。眠れなくなった。池松くん最高
ナーボ

ナーボの感想・評価

4.8
▼友達に誘われて観た。
事前情報は一切入れていない。

▼めちゃくちゃ良かった‥。キャストも演出もストーリーも、なにもかも良かった。

▼考えさせられる作品ではなく、考えたくなる作品。
やめ

やめの感想・評価

-
何が言いてえんだよ

ざまあみろ!
よくある東京しか知らずに育つとわからない東京、だった。
Bamboo

Bambooの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

なにこれ
こんなに絶望と希望の両極端に
息つく暇もなくぶらんぶらん揺られる映画初めて

登場人物全員世間から見たら「かわいそう」
主人公ふたりとも自覚があるように、
へんてこ
お互いイタイこと、空気の読めない、意味不明なことを言う

だけど常識と型にはまらない言葉だからこそ、
浮ついてない、見栄とか自己愛に飾られてない

「そっか」や「そんなのはわからない」が
優しい言葉に聞こえる

池松くんのアスペルガーぷりとCHE.R.RY萌える
青春時代はやりました

「自分を不幸だと思っててもしょうがない」
「なにが起きてもおかしくないなら、なにかとてつもなくいいことが起こるかもしれない」
「募金しよう。朝起きたら、おはようって言おう。ご飯食べる前は、いただきますって言おう。そういうことだよね」

この世界の片隅に、となんか通じるものを感じるのは私だけかな笑
Goma

Gomaの感想・評価

3.8
出演者と雰囲気で視聴しましたが好きでした!
都会で懸命に生きる二人の若者の恋愛ですがデレデレの恋愛ではなくツンツンとダラダラしたリアルな恋愛で役者が良かった!
何より主役の二人!
石橋さんは演技始めて観ましたが、自然体でイライラや悲しみの感情表現がうまい!
あ、こいつ嘘つきだ みたいなのを顔でするんです!見てるこっちもあ!疑ってる!みたいな!

彼女は注目です!

池松壮亮さんはさすが!
役が似合う!言い方悪いが少し難のある汚れた役が毎回似合う!
今回は片目の見えない青年役ですが演技に引き込まれました!

また池松さんの周りの仕事仲間たちも味が出ていてよかった!
肉体労働で生活に消費されながらも欲にまみれ人間性を前面に出して生きているそんな人たちで愛着が湧きました!

都会でそもそも生きるとは?
死ぬとたくさん口にする彼女
片目で世界を写す青年

わりと静かな映画で派手なドンチャンではなくエモーショナルの中の激しさが好みなら気にいると思います!

気に入りました!
すかい

すかいの感想・評価

3.5
嫌いじゃないよ
でも最後の方眠くなった
うーむ。ガールズバーや工事現場で働く人を馬鹿にしてないかな?あまりに類型的な登場人物たちも気になる。
リアル系映画
この手の作品は毎度他人事と思えず見入っちゃうな
love1109

love1109の感想・評価

4.4
ぼくらの石井裕也が帰ってきた。最果タヒの詩集が原作だなんて、素敵なお土産をひっさげて。彼の作品は、もちろんどれも素晴らしいけれど、誰もが見過ごしてしまいそうな世界の片隅で、とことん情けなく、不器用で、それでも、誠実に生きる人たちが描かれる、あの「やさしい映画」が帰ってきたのだ。薄っぺらい世界の中で、こんな風に、ほんとうの愛を見つけることができたなら、生きること、生きていることを、思いっきり肯定したくなる。
>|