映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

esose

esoseの感想・評価

3.5
詩集先に読んでみればよかった。想像力の訓練が必要。眠れなくなった。池松くん最高

ストーリーとかではなくて。
なんか社会映画って言うの?
そんな感じ。
雰囲気とか絵の色合いはすごく好き。
考えるよりも感じる映画かなぁ。

美香は序盤は性格のひねくれさで本当に醜く見えたけど、慎二に惹かれてくるうちに可愛く見えて、愛おしくなった。

あと、地味に死ぬまで生きるよというセリフにグッときたよ。
kojiメン

kojiメンの感想・評価

2.3
ラストまで、お互い引き寄せられる関係が、見えない。感じられない。伝わらない。
主人公の彼女役は、幼少時に母が自殺の死別。少し偏見な変人な言動があるのは、そこにたどり着く。結果、普通の映画でした。
Hiyurumi

Hiyurumiの感想・評価

3.5
何も残らないはずなのに
時々思い出してしまう大切な作品
会いたいにいきつくまでの道のりが愛おしかった
世間の評価は低いが、結構当たり作でした。こういうの好きです。
石橋静河も、池松壮亮も適役でした。
shiho

shihoの感想・評価

4.2
真剣に人生に向き合おうとして生きている二人だった。良かった。
桃花

桃花の感想・評価

3.6
夢みたいな話には興味ない。
>|