映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そし…

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そして、恋がはじまるーー。

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

esose

esoseの感想・評価

3.5
詩集先に読んでみればよかった。想像力の訓練が必要。眠れなくなった。池松くん最高
この2人似てる。結局は似た者同士がうまくいくのかな。東京という小さくて広い場所で出会えて良かったね。
yuu

yuuの感想・評価

-
嫌な予感、真っ直ぐなようで頼りない言葉、この映画で感じた気持ちを表現できるようになりたいです。
ごたごたした息苦しい現代社会、その中心の東京で生きる男女のリアルな日常を描いた映画。孤独や死といった現代社会を象徴するような問題を常に感じながらも、2人の男女は徐々に希望や優しさを見出し、恋愛関係へと発展する。「へえ」「そっか」そんな言葉で進むストーリー、この映画は色々なことを感じながら観ている側に共感を呼ぶ、不思議な映画だと思う。
なんか、おしい。
モロ

モロの感想・評価

3.0
主演2名が美男美女過ぎないのが好感。
東京のどこかでありそうなリアルで地味な恋愛ストーリー。
“わからない”問題が世の中には溢れていて
無理矢理それに答えを出すんじゃなくて
“わからない”ってちゃんと言えること、それが大事なのかなって思った。
映画として好きかは微妙だが、いろんな人生があるという話。
わたしは渋谷好きよ。
dieさん

dieさんの感想・評価

3.4
東京で生きることの虚無感、孤独が痛いほど伝わってくる。
それでも、なんだかんだ言いながら、やっぱり人は希望を期待して恋をするんだね。

あの人、デビューできてよかったなぁ(笑)
>|