映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.7

あらすじ

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そし…

渋谷、新宿。二人は出会う。優しくてぶっきらぼうな、最高密度の恋愛映画、誕生。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働き、言葉にできない不安や孤独を抱えながらも、誰かに甘えることもせず日々をやり過ごす美香(石橋静河)と、工事現場で日雇いの仕事をしながら死の気配を常に感じ、どこかに希望を見出そうとひたむきに生きる青年、慎二(池松壮亮)が排他的な東京で生きづらさを抱えながら出会い、そして、恋がはじまるーー。

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

nnm

nnmの感想・評価

3.8
喋ったり喋らなかったり、
ヘンテコな二人のラブストーリー。

最果タヒさんの詩的な表現やアニメーション表現など、個性的な映画だった。恋愛映画の要素よりも他の要素の方が強い。

池松壮亮かっこよくていいなと思いました。
『悲しみは半分こすればいい』
すきたまらない
misa

misaの感想・評価

2.5
期待しすぎてたのかな…

全体的に暗くて重くてぱっとしなくて
途中で飽きて観るの止めてしまいました…

最後まで観てたら感動出来たのかな?
あきほ

あきほの感想・評価

3.7
卑屈さに自分を重ねてしまった。渋谷も新宿もあまりにも日常でなんかツライ。死ぬまで生きてやる、そんな切実さをもっとみんな見てほしい。
茉

茉の感想・評価

2.5
普通。
g

gの感想・評価

3.0
歌に心押された。東京へ行く身の私にとって、ワクワクと恐怖が生まれた。
みかこ

みかこの感想・評価

4.5
原作が詩で、それを映画化ってだけで想像がつかないしとてもわくわくして鑑賞しました。
シーンの途中途中に詩の一節が組み込まれてて、すごく新鮮でした。
どこまでも真っ直ぐな美香と慎二は泥臭くてでも透き通ってて。
映画というより長いミュージッククリップを見ているような感覚に近いような感じがしました。
>|