映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

karayu

karayuの感想・評価

3.2
物語というより沢山の詩を繋げたて感じだった
表現するの難しい部分だったけどアニメーションはいらなくないか
この映画に対していまの自分がレビューを書くことは冒涜にしかならないのではないかと思うけれどやっぱり何か綴りたいので一言、劇的な内容ではなく日常的で普遍的で平凡なのに中身の濃さが計り知れない映画だった
こむ

こむの感想・評価

4.2
映像も演出も好きすぎた。
演者さんが放つ言葉全ての意味が深くて薄っぺらいものが何一つなかった面白かった。そしてエロがない、これがとてもポイント高い!

東京の息苦しさと少しづつ消えていく人達 増えていく疑問と死、素晴らしい
か

かの感想・評価

3.9
閉塞感とロマンティックラブイデオロギーへのアンチテーゼのようなそうじゃないような。摩耗してきた人の話
人を好きになるのはその人をやんわり殺すこと、それでも会いたい気持ちは止められない
日本で、特に東京で生活してる人の多くは、皆何か諦めムードで死の存在が常に隣にある感じがする。でも死ぬまで生きるしかないね〜
現代を生きる私たちのための映画だなー映画ってそういうものだなーって思えた

搾取される外国人労働者と孤独死、日雇い労働に水商売。そんな国で生きてるんだなあとありありと感じた
きき

ききの感想・評価

3.5
こんな感じでずっと続くんだろうなと思えたそれなりに居心地のよい状況から、ひとりひとりこぼれ落ちるように去っていくのってほんとによくある。いつまでも続いていくことってほんとに少ない。
たんたんと綴られる物語だけどどこか息苦しく、みていてなんとなく眉間に力が入った。石橋静河さんはいろいろためこんでぐるぐるしている役だったけど、なんていうか気怠げでもどこか健康的で病んだ感じのない先天的なすがすがしさがあっていいなあとおもう。
RydiaRich

RydiaRichの感想・評価

3.1
東京の苦しい感じよくわかる。色々なものが溢れていて疲れてしまいながらもただそこにいる。

ふと自分の無力さを感じがちになる。

そんな雑然とした雰囲気がよくわかる映画でした。

主演の二人の普通らしい演技が新鮮。
norimin

noriminの感想・評価

3.7
後半にいくにつれて密度が濃くなっていった。世の中の悲しい出来事も幸せも、生きるのがつらい。夜が好き。最果タヒも好き。幸せになれなくてもいいけど生きるの頑張る。
sora

soraの感想・評価

-
今まで観た中でいちばんすきな映画
僕にとっては昨日の出来事
>|