映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価・動画配信

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

なんか惜しい映画。ちょっとこの役に石橋静河が合っていなかった印象。それか脚本が合っていないのか。松田龍平、田中哲治、フィリピン人など工事現場の方々は良い。
Ibe

Ibeの感想・評価

3.5
映像が凄く綺麗で、所々で尖った表現もあったから映画が好きな人は気に入る映画だと思う。登場人物にはそんなに共感できなかった。
まりあ

まりあの感想・評価

3.0
最果タヒの詩をそのままセリフにしてるけど登場人物が変わってるから違和感そんなに無い。根底に孤独を抱えてる人は多いだろうけど物語のように上手く誰かを見つけられるもんでもないよな……と虚無になりました。
Natsuho

Natsuhoの感想・評価

3.2
セリフが独特。
何気ない言葉と何気ないシーンに意味がある
asuka

asukaの感想・評価

3.5
こういう東京を田舎から出てきた人の視点で描いてる映画って、自分は物凄く共感できるけど、そうじゃない人の目にはどう写るんだろう…と思った。
99s

99sの感想・評価

3.3
青春映画を感じた
日常が、隣に誰かがいるのが、恋をしていることが、日々を誰かと過ごすことが幸せやと思わせてくれる。
コンビニには恋も売ってるんだよ
EnzoUkai

EnzoUkaiの感想・評価

3.6
饒舌な映画が好き

現実には無口な人ばかり

映画の中の饒舌な熱気を知ると

現実の無口な疲れを知る

饒舌な映画が好き

現実には無口な人ばかり

映画の中の饒舌な孤独を知ると

現実の無口な温かみを知る
mino

minoの感想・評価

3.8
最初はなんだか、作りものっぽい役柄だなぁと思ったけど、だんだん馴染んできて、いい感じで終わってくれました。

あの元カレ、元同級生はなんだったんだろう。薄っぺらく見えちゃうんですけど。
お前のこと、君のこと、わかってるよって何?自分でも自分のことよく分かってないのに何なのよ?

聞いた風な饒舌は何も語らない。
自分の中から出てくる言葉は、とりあえず信じていいことにしよう、今は。
2人でいてもいいことにしよう、今は。

この映画タイトルが最高にかっこいいと思ったら、最果タヒでした。で、石井監督だったのね。

一昨日、脳梗塞になったばかりの私。
場所がちょっとズレてたらああなったんだ。って思いました。あっけなく、簡単に死ぬことあるんだって身を持ってしりました。今まで、死は遠いものだと思ったけどすぐそばにいました。

録画してずっと放置してたのに今日見たくなったってのは、きっと何かの引き寄せがあったに違いない。
全体的にあんまり好きじゃなかった
わかるようなわからないような...
俳優さんがとてつもなくよくて、そのことばっかり考えながら観てた
田中哲司やばい。めちゃめちゃいい。池松壮亮もめちゃめちゃいい。後半の石橋さんもめちゃ好き。
後半はすごく素敵なシーンがたくさんあるなと思ったけど、私的にあまりヒットしなかった。
いい意見や高評価な人もたくさんいるし、私もまだ浅いかなぁとか思ったけど
初見としてはあんまり好きじゃなかった
>|