映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

こういう映画が1番好き!って人いるのかなあって思いながら見てた。お父さんとカラオケがツボ。2人の喋り方が好きで、よかったなと思う。青春映画よりも仲間を感じた
さっぱり理解できないけどおもしろい映画。自分はどうしようもないくらいダメな人間だと自認したズルい人の話なのかな。と思ったら希望の話だね。
石橋がものすごく魅力的。池松も相変わらず良い。
二人に共通しているのは声がいいこと。
その声が散文的で噛み合わないような台詞をやりとりし、
二人の心情というか、人生の捉え方を紡ぎ出す。

そして、3.11などの震災や事件があって、そこへの作り手の不安が投影もされている。

何気ないことに喜びを覚えるのが「幸せ」ということなんだろうな、と思わせてくれる快作。
夜

夜の感想・評価

3.6
ああ、この映画、苦手だ。

きっと怠惰に生きたってそこそこの幸福を連れてやってくるはずの明日が、確証のないものだと突きつけられ見えない一秒先が途端、不安になってしまう感じ、嫌いだ。

一生懸命って、どこまで頑張れば認められるんだろうね。ある人にとっては生きることで精一杯かもしれないし、ある人にとってはそうではないかもしれない。見かけだけでは判断できない、口調だって、顔色だって、目に見えるものだけでは真意にたどり着くことはない。あるのは、言葉だけ。でも、言葉で表現しきれない感情があって、言葉で覆い隠す方法もあって、どんな小説家でも100%言語化なんて永遠にできなくて、言葉にできたとして、やっぱり相手に届く確証もない。

わたしにとっての救いはきみにとっての呪いで、きみにとっての呪縛はわたしにとって解放だ。むずかしいね、むずかしい。わたしたちは結局、永遠に分かり合えない。だってわたしですら、わたしのことを分かってあげられないのだから。


この声はちいさすぎてきみの元までは届かない
たとえそれを知っていても叫ばずには居られない

🎧:ベステンダンク/高野寛
Nori

Noriの感想・評価

3.5
救いようのない映画になりそうな主役2人だけど案外良い映画だった
omi

omiの感想・評価

2.9
川の底からこんにちはが面白くて石井裕也監督の人気作品であるこれを観たけどこっちは苦手。最果タヒさんか。あの詩を誠実に表現しているのなら上手ければ上手い程合わないな。そういえば前に1度観てたことも忘れてたよ
2020.NO.110
自分は生きていていいのか。
東京の雑多で冷たい闇に問いかける。
片隅で必死に生きる人たち。
不器用で、人間臭くて、どうしようも無い時でも朝がやってくるという希望に救われる。
ryoryosan

ryoryosanの感想・評価

3.6
最果タヒの詩はこの映画が封切られた頃に、映画の宣伝で取り上げられて知ったくらいで詳しくない。でも青春時代の詩人と映画は共鳴しあう。
少しタヒの詩も読んでみた。

「都会を好きになった瞬間、自殺したようなものだよ。」

いまは東京から離れているけど、東京で長く暮らしていたし好きだから、、、ちょっと残念。

生き辛さや孤独な描写だけでなく、台詞(詩)のあいまに東京の魅力の欠片をカメラが切り取ってくれたらもっと好きな映画になったな。新海アニメのような東京もある。

池松くんは純なものをチラッと出す役、似合う。
子犬みたいな目だからかな。

愛という言葉を簡単に吐いて近寄って、消費して去っていく、、か。劇中、象徴的な元カレと彼女が現れて立ち去っていく。確かにそれでは怖くなるよね。

「人の感性は簡単に死んで、簡単に誰かのペットになって、愛という言葉を信じ、ただの死を迎える。」

怖いかもしれないけどさ、人の感性はそんなヤワじゃないよ、と呟いてみたくなった。

すぐに愛を言う奴、信じなくていい。でもさ、ちょっと好きかも、の気持ちに踏み出してみるの大事だよね。
Lynco

Lyncoの感想・評価

3.2
平成〜〜〜。ちゃんとタヒっぽさが残っててよかった。
お金があっても愛も友情も安心も何にも買えない、衣食住だけしか手に入れられない。そしてそれが手に入っても生ける屍なんだな〜
最後は必要としている者同士が互いに満たされていてよかった。

死ぬまで生きればそれでいいですね、。
でも社会の窓は閉じてくれ、、、
tomomo

tomomoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

詩的な映画。
東京の片隅に小さく咲いた恋。
死は意外と身近にある。

言葉に頼りすぎると
退屈な女になっていく

『♪ワキ汗~』が耳に残ってしまい…。
スミマセン、ネタバレにしておきます。