映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ2016年製作の映画)

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:108分

3.6

あらすじ

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」に投稿された感想・評価

池松君も石橋さんもなんとも言えない雰囲気を持っていて、自分がもう少し若ければこの映画の良さを感じられたと思うんだけど、今の自分では消化不良を起こしました( ´-ω-)
サン

サンの感想・評価

3.0
何だろうこの空気感。
ストーリーの展開が
速いわけではなく
でも、遅いわけでもない。

主演の二人
とってもいいなぁ。

生きてさえいれば
なんとかなる。
何とかしてみせる。
そう思うような
ふんわりとした作品だった。
ま

まの感想・評価

3.3
この2人の人生グダグダしてる感じがかなり好き

セリフが全編ポエムなので受け付けない人は大勢いるかと思う。ご都合ストーリーも容赦なく入れてくるし。

最果タヒの世界観を実写化していて印象的な言葉が強烈に残る。
それに負けない主人公らの立ち位置の妙がいい。彼らが数々行ってきた選択/惰性ののちに今の生活に続いたと想像するとゾクゾクする。生きづらい性格をしていても強かに生きていていくほかない。
恋愛と絶望の捉え方が秀逸。
まー

まーの感想・評価

3.0
めんどくさいよーめんどくさいよー

クオリティはさすが石井裕也監督。
石井作品常連の池松先生は今回も完璧だったし、石橋静河さんも良かったです。
まぁ原作通りなんでしょうね。それが監督の作家性にマッチしてないってことでしょう。

私は石井裕也監督が原作ものを扱うなら『舟を編む』とか『町田くんの世界』みたいな作品の方が良いと思います。

私が2年半暮らして感じた東京のフォースはもっとダークサイドに寄っていたような気もしますが、東京のいやーな感じは伝わってきました。
でも、震災とか孤独死とか、不自然にねじ込んでくるのは冷めるんですよね。
あと職業差別する作品はどうしても好きになれない。

ニューヨークに行きたい女の件とか、色々わからないところもあったので原作をうまくアダプテーションできてたのかも疑問ですし、モヤモヤする作品でした。
主演二人の強さで保ってた作品です。

公開中の『生きちゃった』は石井監督のオリジナル脚本ということで期待してます。
Oguさん

Oguさんの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

最後に部屋の中で咲いた花を2人が同時見て微笑むシーンはとても印象的でした。このため映画だったのかと安心しました。石橋静河さんはこの映画で初めて知りましたがとても存在感があって今後に期待できると思います。希望が見出せない日々の中で本当の幸せとは何か?死ととなり合わせの不安な日々。登場人物1人ひとりの姿が丁寧に表現されていると思います。最初は好きになれない人でも見ているうちに好きになっていきます。観終わって少しやさしくなれた気がします。
pot

potの感想・評価

4.0
もっと若くて映画館で観ていたら、何が起こるかわからないをもっと強く感じて、映画館の外に出ていたかもしれない。
清々しい余韻のある青春映画でした。
登場人物のリアル感はわたしの近くにある。けどこんなに繊細で優しい人はいないね…。
Emma

Emmaの感想・評価

3.3
美香の情緒が怖いし、発言も怖い。
それぞれの過去の人が、急に連絡してくる内容も重くて怖い。
1200円だから私に似合うってこと?って、発言する人とは仲良くなれる気がしない。
ただ、キスやセックスのシーンがなくてよかった。悲しいことも半分にしてあげる的なセリフは印象的でした。田舎の道を自転車で二人乗りしながら、言ってもらって嬉しい言葉、第一位じゃないでしょうか。
路上ライブの人は、もうちょっと上手じゃないと、んなわけっ。って感じ。
こまち

こまちの感想・評価

3.8
わるい予感。いつもどこか不穏な雰囲気、気怠く、これがとてつもなくリアルで、地続きなもので、終始ぞわぞわしてしまった。
それでも日々息をしようとしていて、束の間の明るさとか喜びに救われ、解決するわけではないけれど、それでも皆に生きていてほしいという祈りだとか、悩みを肯定してくれるような優しさを感じた。
ひ

ひの感想・評価

4.8
-都会を好きになった瞬間、自殺したのと同じだよ

一千万人が生きている東京
でもきっと誰もが窒息している
そして、息をしているふりだけ上手くなっていく

-愛って言葉を使うと口から血の匂いがしない?

悪い予感だらけの日々
窒息して死んでいく人ばかり
遠い地では今日もたくさんの人がテロで災害で病気で死んでいく

半分の世界で、
半分も見えなくても、
探している答えは見つからなくても、
“何かとてつもなくいいことが起こるかもしれない”
その予感に身を任せて

東京で、息をする

————————————————————
最果タヒ×石井裕也×池松壮亮×石橋静河
生きづらさを抱えて今日を生きる、全ての人への手紙のような映画だ

密度と純度が高すぎて、息もできない108分
でもきっと、この映画を観終わったとき、僕は夜空の青さに気がつく
“夜空はいつでも最高密度の青色だ”

おそらく誰しも抱えている悪い予感
それに光を当てた現代の古典であり、永遠の青春映画である。

彼らの繊細さは僕の繊細さだから
この映画をクサいという人は笑えばいい
なんならそれが多数派なのかも知れないけど
きっとこの映画を必要としている人がたくさんいるからこそ、数々の賞を受賞したのだ

詩集を映画化するというチャレンジングな作品
しかし、最果タヒの世界観を見事にスクリーンに映し出し、新たな意味をも付与された傑作だ
mari

mariの感想・評価

4.0
ずーっと笑顔のない、
というか、無表情で、
どちらかというと
不満のあるような美香が印象的。
いろんなことが起こるのに
いろんなことが起きていないように
日々は変わらずめぐる。
最果タヒさんの詩も読んでみたくなりました。

母親のこととか、多くは語られないけど、
美香をつくるとても大きなことで、
本当はつらいし、泣いていいし、
でも泣けないからつらい、
みたいなことを思いました。

恋愛映画なの?と思うくらい、
2人は見つめ合わない、けど
並んで歩いている。
何もしないけど、
そばにいること、一緒にいること、
って大事だなとあらためて感じました。