水辺の君に

アイム・ノット・シリアルキラーの水辺の君にのレビュー・感想・評価

-
予告編で気になってたので鑑賞。シリアルキラー対ソシオパスかと思いきや、まさかの宇宙人?謎の生命体?とのやりとりだったとはw
しかし、ソシオパスっていうより思春期の厨二感ってレベルの主人公。友達の親やセラピストが殺されたのは自業自得とはいえ、思春期からの卒業としてはなかなかのヘビーさですよね…。とりあえず雰囲気は凄く良く撮ってて、サスペンス調でSFさをあえて感じさせてないから独特で。エイリアン?の血液の黒とエンバーミングの防腐剤のピンクのコントラストとかも結構グッときましたね。内容云々よりも嫌いじゃない作品って感じ。