アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

Aika

Aikaの感想・評価

3.8
確かに誰もシリアルキラーではない!
タイトルの妙。観終わってすとんとその意味が腑に落ちた。

連続殺人事件の犯人を追うのはセラピストにソシオパス(社会病質者)と診断された高校生のジョン。

犯人はあっさり判明。けど好奇心なのか親近感なのか誰かに頼ることもなく自ら近づいていくジョン。

そんなジョンにハラハラさせられるものの、中盤からの展開は超シュール!
もうね、本当にびっくり…。

一緒に観ていた母は序盤からこの展開を読んでいて、それを聞いた私は「そんなわけないじゃん」と鼻で笑ったんだけど、まさかそんな馬鹿にした予想が当たるとは笑

今はまだ準新作コーナーにあったけど、旧作になったらどのコーナーに置かれるのかな。
ここは安易にホラーには置かずに、ラブストーリーに置くのもいいんじゃないかと思う。だってこれ結構壮大な愛の話だもん。
Nori

Noriの感想・評価

3.5
異常者VS異常者
このシチュエーションは大好きな分野なので嫌が応にも期待します。

序盤、中盤と期待を裏切らない展開でしたが、あらすじにも書いてある通り、最後は追われ追いつつ予想外の展開へ・・

ちょくちょく伏線は貼ってますが、予想外過ぎて分からんわ!
milk

milkの感想・評価

2.8
なんか、期待しちゃうとえ。。。ってなるかも。
途中までは結構好みだった。
sirent13

sirent13の感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

え⁉️ そんな映画だったの⁉️
サイコパスVSソシオパスとパッケージに書かれてて気になってたけどまさかの怪物オチ。殺人を防ごうと奔走する少年は自身の性質に気がついていて踏み外さないように自分ルールを強いている。その姿はリアリティがあって良かった。けどあのオチはちょっと残念だよ、ドク!
Elmar

Elmarの感想・評価

-
愛だよ、愛!
アレを見たとき「そうこなくっちゃ!」とテンションぶち上がりましたよ。まぁでもけっこう良い奴だったんで残念でした。いや残念でもないんだけど。そだねー。
僕的には『モールス』(恥ずかしながらめちゃくちゃ驚いた)みたいな感じですかね。もっと言えばスティーブンキングの系譜。だから思てたのと違うにガッカリする気持ちも分からなくはないけども、だから映画は楽しいとも思う。そだねー。
まゆ

まゆの感想・評価

3.7
レトロな感じのフィルターでもかかっていたのか、色合いがとても好みだった。

ジョンの成長する上での、自分を受け入れることや家族への思いやり、周りの環境への好奇心など様々な葛藤がよかった。

オチは怖い展開になると思いきや、???という感じではあったがまあまあ楽しめた。

全体的に雰囲気が好き。
20180219鑑賞。狂気と狂気の対決が始まるって書いてあるが、なんだかなぁ。クリストファー・ロイドが向かいの爺さんでサイコパス、対するマックス・レコードが葬儀屋の兄ちゃんでソシオパス。でもってサイコパスの正体があれか。もうちょっとガンバレなかったのかな。
keik

keikの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

まだ長いかな。
えっと、ネタバレ?モンスター映画です!
主人公の行動がイマイチわからん
ねこは

ねこはの感想・評価

1.0
サイコパスVSソシオパスの表記に期待して見たが思ってた感じと掛け離れてて何を見せられていたのか…て気分になった。

葬儀屋の息子のソシオパスとかその字ズラだけでわくわくするのに…内容ががっかり過ぎた。
>|