アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

ぱりこ

ぱりこの感想・評価

2.5
最後、まさかのそっち系
よく考えたら最初の方に思いっきり描写があるんだけど、この雰囲気でまさかそっち系だとは思わないよねw
恭介

恭介の感想・評価

3.5
全く予備知識なしで、久しぶりに
ジャケ借りした作品。

個人的にこれは、なかなかの拾い物!

主人公は殺人や死体など、独特な嗜好をもった思春期の青年。それ以外は家族を含めて何処にでもあるような日常、風景な田舎町。そんな平和な街が、ある日を境に連続殺人事件の舞台となる。

最初に予告編でも観ていたら、また驚き加減も違っただろうが、中盤の驚きの出来事に口が開いたまま暫く固まった。
そっちかっ!?みたいな(笑)

死体に対して異常に興味を持つ主人公の青年と連続殺人鬼の関わりに焦点を当てた内容なのかとてっきり・・・
いや、あながち間違いではないが、あの要素が絡んでくるとは予想だにしなかった。

突拍子がなさすぎて、その展開を良しとするかどうかで評価が分かれると思うが、個人的にはあり。
好物のB級定食に一品、美味しいおかずが
加わった、みたいな感じ。
ただ、好き嫌いが激しい味だけど(笑)

ザラついた古い質感の画質も、雰囲気を
醸し出すのに有効だし、音楽の使い方にも
こだわりが見られる。
若干、話のテンポが気になるが、主人公と連続殺人鬼の周りに居る人々との関わりや繋がりを丁寧に描写していると思えば、そこまで悪くはない。

ただのグロいホラーとは、明らかに一味違う映画に仕上がっているのは、この主役の2人に関わっている人々の存在が大きく、違う側面から見るとある意味、恋愛とかじゃないヒューマンラブストーリーとも言えなくはない。

そこまでのストーリー性を期待してた訳じゃないので、逆に満足度が高かった。

題名の、私はシリアルキラーではない

確かにそうだった。

この映画で連続殺人は起こるが、シリアルキラーは出てこない。

事前情報なし、予告編も見ないで鑑賞してみてください。
にこぺ

にこぺの感想・評価

4.5
面白い!なんて地味に面白いんでしょう!
細面に色白で痩せてて、ちょっと油っぽいロン毛。稼業は葬儀屋で遺体の防腐処理作業もお手伝いしちゃう16歳のジョン。死体に興味津々です。で、殺人事件が次々と起きます。

いかにもなアレコレや彼の興味ある事や物。観ている側からしか解らない噛み合ってない会話も最高。

そして、ええええええっ⁉️そっち系⁉️というシーンが終盤にありますが、大丈夫(何が?)。私は受け入れましたよ。
愛だよね。
かりん

かりんの感想・評価

2.5
記録 途中までは楽しめました。どうなるんだろう?とドキドキしながら見てましたが………オチが……ね……そこ行きますかー😅
途中まで良かった、驚きのラスト!!
観る価値あると思うよ。
ドクはどっから来たの?
あれー、そっちか!
という気持ちには間違いなくなると思う仕掛けあり。好みならいけるし、そうでないならずっこけてしまうのでは。

釣りに行ったところで、なんだろ見間違え?と思いきや、ってな感じ。
あとはタイトル通りなんだけど……。

映像と、主役の男の子はとてもいい。
主題もわからなくはない。
見た目には静か、地味めな映画だけど、嫌いではないです。
おね

おねの感想・評価

-
ジョンとじいさんの距離が近すぎてヒヤヒヤするけど、相手がヨボヨボなだけになんとかなる。
パンダの目出し帽は本人の気持ち以外には何の意味もないやつ。「ドライブ」のスタント用マスクと同じだな。
ストレートにグロい描写があります。展開としては嫌いではないですが、最後のオチは自分には合わなかったかな。
Hana

Hanaの感想・評価

3.3
マジかぁ!

終盤にかけてドキドキしながら
もの凄く面白かったのに
オチがそれかぁ…。

観終わったら予告編を
もう一度観て欲しい。。。
そういう事だったのか!
と分かるはず。
雪に閉ざされた街で「反社会的」の烙印を押された思春期マンが「社会と折り合いをつけるために」殺人を犯す怪人物に出会ってしまうという感動青春ホラーストーリー。二人の苦悩は正反対でありながら同一のものであり観客にもなぞの共感性を強いてくるパワーがある。
少年の環境は家業はちょっと特殊だけど特別な虐待とかストレスを与える描写が少ないのが好印象。誰でも彼のようになる可能性があるのだ。