アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

vanilla

vanillaの感想・評価

3.0
前半けっこうダラダラしてしんどいけどシリアルキラーパートからはまだ観れる
ただそれでもやっぱテンポの悪さが目立つ
クリストファーロイドがとにかく怖いし気持ち悪い
ある意味少年の成長映画なのか?
emi

emiの感想・評価

2.5
「ソシオパス」認定され、自覚もあって賢い少年のキャラクターは面白いし役者も良かったが、実際のシリアルキラーの犯行が不可解な上にSF要素まで入ってきてどこまでが現実なのかが曖昧になる。葬儀屋での不気味なピンクと黒の液体のシーンは面白かった。ブラックなコメディとして観るべきなのかも。
みち

みちの感想・評価

-
不健康そうな美青年が自分は殺人者じゃないと苦悩に溺れながらも人を殺し続けるみたいな映画だと思ったら、"社会病質者VS連続殺人犯"という構図の、悲しいほどの純愛映画でした。
Ryosuke

Ryosukeの感想・評価

2.0
狂気のチラリズムに期待値上がったけどおいおいおいおいおいおいどうしちまったんだ最後。
雪

雪の感想・評価

3.1
ええーーΣ( Д )ﻌﻌﻌﻌ⊙ ⊙
そっち系ーー??∑( ̄Д ̄;)
葬儀屋の息子が人を殺した衝動に駆られている時に隣の爺さんがシリアルキラーだったお話

「虎よ 夜の森で赤々と燃える虎よ」

このレビューはネタバレを含みます

まず主演の男の子がかわいい
なんかマコーレ・カルキンみたい

葬儀屋の息子
自分が殺人鬼の気があると思ってる
そのためかセラピーを受けてる

町で殺人がおこり
連続殺人鬼が近所の老人とわかる
老人は自分の不調な部分をひとと取り替えていたのか?
途中で明らかに人間ではなくバケモノだとわかる
最初に目撃した殺人も遠目でわかりづらかったけど、手がにゅっと伸びて刺していたんだな

セラピストも友人の父親も殺される

最後にバケモノ老人を退治する
葬儀屋で母親を襲った老人を殴り気絶させ、エンバーミングして殺す

老人からバケモノが出てきたけど
妻を頼むと言ってしんだ
バケモノは妻に恋して添い遂げようとしていたみたいで
最後の妻の語りがちょっと切なかった
でもバケモノはそのためにたくさん殺してるからまったくかわいそうではない

そんなにこわくはないけど
まぁおもしろかった
みこ氏

みこ氏の感想・評価

3.0
最後のオチが意外だった
エンバーミングが見られてそれはちょっと嬉しかった
かま

かまの感想・評価

3.1
クリストファーロイドだから見た
ソシオパス対シリアルキラーなんて書いてるが、作品として伝えたいのはもっと地味なテーマだと思う
血で血を洗うような展開、あるいはソシオパスを主題にした映画を期待して見るとがっかりすると思う
ニュートラルな気持ちで見ればもっと楽しめたかも
母親がエンバーマーでその手伝いをしてたら殺人に興味がわくのは仕方ないだろうとは思うんだけど、その殺人事件の真犯人がアレってソレはフェイントというかいっそ詐欺じゃ……と思わずにはいられない。
イヤ別に、その路線で突き進みたかったんだから仕方ないけど、それならそれでナカノヒトが出てこなくてもよかったんじゃ……イヤ確かに、Xファイルは好きだけど。
それはともかく、少年とはいえ16歳になったらトリックオアトリートはどうかと思うんだけどどうだろう。それは仕方ないとは、ちょっと云えない。