アイム・ノット・シリアルキラーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

アイム・ノット・シリアルキラー2016年製作の映画)

I Am Not a Serial Killer

上映日:2017年06月10日

製作国:

上映時間:86分

3.1

あらすじ

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してし…

アメリカ中西部の町、葬儀屋の16歳の息子・ジョン。その影響からか、死体や殺人に異常な関心を示す彼は、ソシオパス<社会病質者>と診断される。ある日、町で 謎の連続殺人事件が発生。ジョンが目にした死体は、無惨に切り裂かれ、内臓の一部が持ち去られていた。猟奇殺人鬼が近くに潜んでいることを実感した彼は、その存 在に強く惹かれていくあまり、自ら周囲の調査を始め偶然にも殺人現場を目撃してしまう。なんと、隣人の老人がシリアルキラーだったのだ!!自身の奥底に眠る衝動 的な行動を必死に抑えながら、自分の手でこのシリアルキラーを阻止しなければならないと覚悟を決める。凍てつく雪に覆われた町で、追いつ追われつの予測不能な死 闘が始まる。

「アイム・ノット・シリアルキラー」に投稿された感想・評価

ネタバレ読んで挑んだので裏切られた感じはなかったわ
自分がシリアルキラーになるのではないかという疑念、不安や恐怖より興味が先にたつところから愛を受け入れられるようになる最後への変化がよかった
なんだSFか、という批判なら襲って臓器を入れ換えているところから始まってるわけで、まぁそれを最後に実体化して見せたところはどうかと思うが、愛を語らせたかったのかな
人の形で語ってほしかったか
雪や木、水のある景色が美しい
あと、私ならオタク系の息子に目出し帽は贈らないなぁ
TRASH

TRASHの感想・評価

2.3
■記録。

>タイトルから話の流れ・展開は読める様になってるけどテンポ良く魅せてくれてる訳でもなく、終始緊張感が続く訳でもなく、ただスローテンポで退屈な。

観終わってみると1話完結型海外TVドラマのホラー作品をダラダラと100分観せらた感じ、または短編オムニバスホラー作品の1つみたいな、100分だけど短編っぽい。ここまで落とされてるとラストも微妙、あのラストで不発に終わる作品も珍しい。眠たい時は寝れるE.
あおい

あおいの感想・評価

3.1
お前を止められるのは僕だけだ…

クリストファー・ロイドに釣られて借りたけど、これはヤバイ!90分の退屈をラスト10分で衝撃に変えてくれる作品!ジャンルはサスペンススリラーと思ってて下さい!

◎ストーリー
葬儀屋の息子ジョンは、家の手伝いで遺体防腐作業をするなかで、殺人や死人への異常な興味を持っていた。そんな彼がカウンセラーに告げられたのは、社会病質者“ソシオパス”であるということ。自分の異常さに悩み苦しむジョンの街で、謎の連続殺人事件が発生し、彼はその犯人を知ってしまう。殺人を繰り返すシリアルキラーとソシオパスのジョンが出会うとき、常人には理解不能な結末が待っていた…

ソシオパスの行動心理、理解できひんわぁって観てたら、ラストはもっと理解できひんかった( ^ω^ )理解できなさすぎて、もう理解できたかもしれん( ^ω^ )

とにかく漂うB級感はもはや一級品。B級に慣れてない人は即ダウンしそうなくらいダラダラして面白くない。でも、しっかりと観てほしい。すると理解不能なシーンに遭遇する。それを頭の片隅においててほしい。ラスト開いた口が塞がらなくなるから。

クリストファー・ロイドが地の果てまで落ちてしまったことをしみじみと感じることができる映画。もうドクの面影はないが、彼の新境地として受けとめていこう。

題名やパケ写からは想像もつかない展開に突入し、まさしくタイムトラベルでもしたかのように観るものを時空の彼方へ転送してくれます。

変な映画観たい人に、激しくおススメの一本。
saya

sayaの感想・評価

3.5
夜ごはん食べながら
観るんじゃなかった、、、

よりにもよってトマトソースのハンバーグ。美味しかったけど(^^)

最終的にそうゆうオチなのね!
ご近所さんは大切にしよっと。
最初、おじいさん可愛い、と思っていました。
ソシオパスのシリアルキラー?が対峙する。
ありきたりだが、各所に新鮮さがあって、面白い。
でも、一途なおじいさん、可愛い。

このレビューはネタバレを含みます

愛おしさ満載の映画だった。
ジョンの生活や日常が、地域のなかで生きていることの描かれ方が、彼なりの視点で世界を感じながら同時に社会的であろうとすることが、窮屈さよりもどこか楽しげに見えてくるのがとても好き。
内側で渦巻くものは表に出さなくても、表に出さないまま渦巻くものなんて身をもっていくらでも知っているし、社会のなかで生きていくために自分に課すルールもあるし、そうやって折り合いをつけながら、でも別に足並みを揃えることはないのだった。
ズレてたらズレたまんまで各々の歩みがあるみたいに、ピンクの液体を押し出す圧力計みたいなのと音楽のテンポが微妙にズレてるラスト超好き。
真っ黒な油塗れの奴も、そういうところにいくの!?と驚き半分ずっこけ半分ながら、観終えてから思うとそこの変さも愛おしさだった。
ストレッチャーに乗せられた死体から内臓ボタボタ落ちても動揺ひとつ見せない野次馬達の描写に、街ぐるみの犯行なんやろうなぁ!なんて思って観てましたが…
なんや、特に意味は無かったみたいや…いやいや!あんだけ内臓ボタボタなってんのに何でノーリアクションやねん!なんで、ノーリアクションやねん!

連続殺人犯見つけた連続殺人犯予備軍の少年が連続殺人犯につきまとうよ、って話

大好きな奥さんにキス顔をメールするジジイに可愛らしいなぁ、キュンキュンなんて観てたんですがな…、その正体は僕の期待とは大きくかけ離れてましてん…

そもそもなぁ、中学生の頃には猟奇殺人鬼に関する書籍を読み漁っていたマシンボーイ、いまだに好きな芸術家といえば、マルセル・デュシャンに、アンディ・ウォーホル、ロバート・ラウシェンバーグに加えて、エドワード・セオドア・ゲインの名前を挙げてしまうくらいですからね
素直にサイコスリラーが観たかったわけですよ

なんか?これは!期待とは正反対な展開にキュンとしてしまったやんけ!
すなわち、愛の物語でしたね、ジジイのババアに対する愛が迸るラブストーリーでしてん
何故ジジイは殺人を繰り返すのか?その動機が解明された時、その真実の愛に我々は溢れ出る涙を抑えることができないことでしょう…スンスン

でももう一度言うと、僕が見たかったんは鎌を手に逃げ惑う人々を追い回し、サクサクサクサク血飛沫の中で高笑いするジジイでしてん
エンドロールの後、僕は濡れた頰を拭うと、本棚からそっと「殺人王」を取り出しヨアヒム・クロルのページを読んで内から溢れ出す猟奇殺人鬼欲を抑えたのでした…
swansong

swansongの感想・評価

3.7
「言うなよ!ぜったい俺のことシリアルキラーとか言うなよ!」

そういう"熱湯風呂系サスペンス"かと思てたら、ぜんぜん違いますやんコレ♪

何を書いてもネタバレしちゃいそうなので、ふわっとした表現しかできませんが、「アブナい奴 vs. 完全にアウトな奴」 という構図が面白いですね♪

そして "I'm not a serial killer"という台詞は… おっとっと、あとはコメント欄に記します。 ("⌒∇⌒")
人の死や殺人に異常な興味を示す少年が隣人の連続殺人鬼に執着する様を描く。


面白かった。
コンセプトが新鮮だし、何よりも主人公に好感が持てた。
最初の殺人シーンもかなりショッキング。
ただ青春ドラマとしても、スリラーとしても中途半端な印象は否めない。

連続ドラマでじっくり人物描写を描いてこそ活きる題材だと思う。
映画の尺では厳しいかな。
という事でいつか連続ドラマで作り直して欲しい!



記録
2017年鑑賞作品114本目

完全にパッケージに騙された!
VSというほどソシオパスとシリアルキラーは対峙しない映画です。

主人公もソシオパスというレベルなのか...あれでソシオパスだったら私もアウトだろうけど( ˘ω˘ )

夢オチでも妄想ものでも勘違いでもないんだけど、リアルな作品でもないですw
前半はパッケージのような作品が流れていき、後半は唐突にアメリカンなクレイジーさがアピールされますw
売り方変えてくれてたら満足度は高かったかも。

後半のが面白かったな、私は。